momutyan

1週間で体重を減らす方法10選!短期間ダイエットまとめ

1週間という短期間で体重を減らす急激なダイエットは健康的ではありませんが、正しい方法なら不可能ではありません。

 

今回は1週間の短期集中ダイエットで減らすことのできる体重、方法10選、運動7選、注意点を紹介します。

1週間で体重を減らす方法はある?

 

体重計に乗る女性、ダイエット、美容、覗き込む

 

1週間で!と決めてダイエットをしている人は少なくありません。

 

次のデート、女子会までに!と目標としているイベントがあるのかもしれません。

 

しかし1週間という短期間で痩せることは本当にできるのでしょうか?

 

 

確かに、正しい方法でダイエットを行っていけば痩せることは可能です。

 

では1週間で痩せるにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

それは「摂取カロリーよりも消費カロリーを増やす」ということです。

 

これを食べれば痩せれる!これだけで痩せられる!といった宣伝のダイエット食品に頼ることはお勧めできません。

 

運動と食事を組み合わせて、できるだけ健康的な方法でダイエットを行えば、たとえ1週間という短い期間でもダイエットは成功できます。

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットを成功させるコツ2つ!

 

女性看護師

 

1週間で痩せるには、決まりを作る必要があります。

 

1週間の集中ダイエットを行うのであれば、夜は基本的に食べないようにしましょう。

 

夕食が一日の食事の中でメインとなっていたり、高カロリーだったり、夕食後すぐに寝ていると、必ず太ります。

 

夜にできるだけ食べないだけでも、かなり痩せることが出来ます。

 

夜はほとんど動かないので、夜食べた食事はエネルギーとして消費できません。

 

そのまま脂肪になるのです。

 

 

そしてできるだけ早く寝るようにしましょう。

 

夜更かししていると、脂肪を燃焼する動きをサポートしてくれるホルモンの分泌が抑制されてしまいます。

 

ですから夜の過ごし方は1週間ダイエットでは非常に重要なのです。

 

 

 

1週間で痩せられる体重とは?

 

20170112062536

 

1週間で痩せられる体重はどれくらいなのでしょうか?

 

人によっては1週間で1kg、1週間で5kgなどと目標とする体重は異なることでしょう。

 

しかし脂肪の重さや停滞期、体の機能について考えると、1週間で痩せることのできる体重は決まっています。

 

 

体重を1kg減らすには7000カロリー減らす必要がある

 

まず、考えるべきポイントは、体重を1kg減らすには7000カロリーを消費する必要があるということです。

 

1週間で1kg減らすなら1日1000カロリーを消費する必要があるのです。

 

 

だいたい、女性は1日で2000カロリー前後の食事をしています。

 

もともと大幅に摂取カロリーがオーバーしていたわけではない場合、1000カロリーカットとなると、ほとんどの食事がカットされてしまいます。

 

 

ですから、1週間に1kgのペースでカロリーカットダイエットをするのは、少々無理があるかもしれません。

 

しかし、運動を加えることで消費カロリーを増やして調整することは可能です。

 

 

1カ月で体重の5%以内の減量で

 

次に考えるべきなのは、停滞期に入るタイミングや、体が危機感を感じてしまうタイミングです。

 

人間の体は体重の5%以上が減ってしまうと、飢餓状態に陥っていると思い、できるだけカロリーを吸収しようとしだします。

 

 

ですから、健康的なダイエットは1カ月かけて体重の5%以内の減量を行うことです。

 

そうすれば、体が変な勘違いをして停滞期に入ってしまうことを避けられます

 

つまり、短期間ダイエットよりも長期間でゆっくりと体重を減らす方が体への負担は少ないといえるのです。

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットのリスク対策!

 

Howcollect_7700_1

 

1週間ダイエットにはリスクが伴います。

 

1週間で痩せるためには、どうしても運動よりも食事制限の方がメインとなってしまいます。

 

そうすると栄養素が不足してしまいます。

 

女性は鉄分が不足してしまい、貧血になるかもしれません。

 

 

ダイエットをする時はそうした栄養不足になることを避けるために、ビタミンやミネラル、鉄分などをサプリメントや栄養飲料で摂るようにしましょう。

 

また普段の食事でも、量やカロリーを制限しつつも栄養が不足しないよう注意しましょう。

 

 

断食などをする時でも、全く飲まず食わずでは体調を崩してしまいます。

 

青汁やグリーンスムージーなど栄養豊かなものを飲むようにするとよいでしょう。

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットのリバウンド対策!

 

images4NNJO2G1

 

1週間という短期間で体重を減らすことによって、体は太りやすい体質になってしまいます。

 

1週間が過ぎ、目標体重をクリアしても、次の日から沢山食べていると元々の体重を超えてリバウンドしてしまうかもしれません。

 

 

このように短期間ダイエットの最大のデメリットはリバウンドの確率の高さです。

 

リバウンドさせないためには1週間後もダイエットを継続させることです。

 

ですから短期間ダイエットとはいえ、長期間続けられる方法を選ぶ必要があります。

 

 

例えば夜だけ食べない、または夜だけ糖質カット、1日30分以上の有酸素運動、といったダイエット方法がおすすめです。

 

加えて、1週間後から筋トレを加えると痩せやすい体質になれ、リバウンドを防ぐことが出来ます。

 

 

ですから、リバウンドを防ぐには、短期間ダイエットの目標を達成できたら、結局は長期間ダイエットに移行していく必要があるということなのです。

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットで体重を減らす方法10!

 

Fotolia_68116237_XS-min

 

では、一週間で体重を減らしていくにはどんなダイエット方法を行えばいいのでしょうか?

 

人間は食べるものを少なくすれば勝手に体重を落とすことが出来ます。

 

ですから短期間ダイエットを成功させるための一つの方法は、食事制限をしっかりすることです。

 

しかし、それだけでは体調不良を起こしてしまいます。

 

いくら1週間の短期間ダイエットだとは言っても、きれいに健康的に痩せたいという願いは変わらないはずです。

 

ここではそのような1週間ダイエットを成功させる10の方法をご紹介します。

 

 

①最初の2日間はプチ断食

 

まず1つ目の方法は、1週間のうち最初の2日はプチ断食するというものです。

 

これは「ファスティングダイエット」とも呼ばれています。

 

「断食」よりも、この名前の方がおしゃれで体に良いダイエット方法に聞こえますね。

 

 

1週間ダイエットの場合、極端な食事制限をするのではなく、気軽にできるファスティングがおすすめです。

 

2日間だけ飲み物だけで過ごすことで簡単に2,3kg痩せることが出来るでしょう。

 

酵素ドリンクやスムージーなどは飲むことが出来るので、ストレスはたまらないはずです。

 

 

②1日2食で腹3分目

 

2つ目の方法は1日2食にして、どれも腹3分目にするというものです。

 

「え?腹8分目じゃないの!?」と思われたかもしれませんが、それでは1週間ダイエットになりません。

 

食べる回数は1日2食が良いでしょう。

 

 

すでに2日間プチ断食をすることで胃袋が小さくなっているので、それほど苦しくはないはずです。

 

3日目にたくさん食べたらプチ断食の意味がないので、腹3分目にとどめるようにしましょう。

 

体の軽さによる良い感覚を体に覚え込ませてください。

 

 

③水分をしっかりととる

 

3つ目の方法は水分をしっかりとる、というものです。

 

体の代謝を良くするには水分をしっかりとる必要があります。

 

 

ダイエット中で食事制限をしていると、必然と食事からとる水分量が減ってしまいます。

 

ですから、食事以外のタイミングでもしっかり水分がとれるように意識する必要があります。

 

 

例えば、起床後、食事前、入浴前、入浴後、寝る前など特に水分が不足しがちなタイミングはしっかり水を飲むようにしましょう。

 

しかし、ここで甘いジュースなどは厳禁です。

 

ミネラルウォーターかお茶にしましょう。

 

 

④体を普段から温める

 

ダイエットの効率を上げるもう1つのコツは、体を温めることです。

 

体の血行を良くすることで基礎代謝を上げ、老廃物を排出しやすくすることができます。

 

ですから、体を普段から温める習慣をつけていきましょう。

 

 

筋肉の基礎代謝量が増えることで、自然と摂取カロリーをよりも消費カロリーが多いという状態を作ることが出来ます。

 

体が冷えると、本能的に脂肪を蓄えて体を守ろうとします。

 

体温を下げないようにするためです。

 

 

ですから、冬や冷房が効いている部屋では、体が太りやすい体に変化していってしまいます。

 

夏でも湯船につかること、冷房対策をすることをお勧めします。

 

 

⑤毎日2時間の運動で汗を流す

 

1週間でダイエットを成功させるためには、食事制限だけではなく運動も必要です。

 

運動をすることによって、しっかり汗をかけば脂肪を燃焼させて、老廃物を排出することが出来ます。

 

もともと運動をあまりせず、汗をかかない人は、代謝が悪くなっている可能性があります。

 

 

しかし、1日2時間も運動のために時間を取れない!という方がほとんどではないでしょうか?

 

そのようなときは、サウナスーツを着て運動をすればしっかり汗をかくことができます。

 

この方法は短期間ダイエットの定番ですね。

 

とにかく汗をかくことが大切です!

 

 

ちなみに、汗を大量にかけるサウナや半身浴もおすすめです。

 

運動する時間が無い人でも、サウナに行ったり、半身浴をすることによって2時間汗をかくことが出来れば十分です。

 

 

いずれの方法にしても、無理をすると体に毒になりますから注意が必要です。

 

ミネラルウォーターをを飲んで、水分をしっかりとった上で汗をかくようにしましょう。

 

 

⑥お腹がすいたらガムをかむ

 

1週間でダイエットを成功させるためには、食欲を抑える必要があります。

 

断食中にどうしても飲むだけでは物足りず、何かを食べたい!!となった場合にはどうすればいいでしょうか?

 

その場合は、ガムを食べるようにしましょう!

 

 

どうしてもお腹がすいたときの味方はガムです。

 

ガムは噛むことで、何かを食べている、と脳が勘違いしてくれます。

 

その錯覚のおかげで満腹感を感じることが出来るのです。

 

また、何かの作業のやる気を引き出してくれるものでもあります。

 

 

空腹すぎて仕事が進まない、勉強にならない、というときはガムをかみましょう。

 

 

⑦運動はスローペースで続ける

 

運動で筋肉を付けたいというのなら、ハードな筋トレが必要です。

 

しかし、そんな筋肉は1週間では身につきません。

 

体重を落とすためには、スローな運動を長時間行って脂肪燃焼させる方が効率的です。

 

 

長時間スローペースで運動を続けることによって、代謝を上げることが出来ます。

 

有酸素運動で脂肪が燃焼され始めるのは、20分を過ぎてからですから、スローペースでできるだけ長く運動し続けたほうが効果的なのです。

 

 

⑧炭水化物はNG

 

8つ目の方法は炭水化物カットです。

 

1週間という短期間のダイエットだからこそ、ここはスパッと炭水化物をカットしましょう。

 

そうすれば1週間で5キロ減も夢ではないかもしれません!

 

ごはん、パン、麺などはすべてカットします。

 

 

そのかわりタンパク質をしっかりとるようにしましょう。

 

特に肉の赤みや魚の白身、卵などがおすすめです。

 

さらに栄養の吸収を良くするためにビタミンやミネラルを緑黄色野菜から摂取するようにしましょう。

 

 

⑨没頭できる趣味を持つ

 

9つ目のポイントは没頭できる趣味を持つというものです。

 

食事制限で糖分が足りなくなっていると、イライラしやすくなります。

 

食べたいものばかりが頭に浮かんでくることでしょう。

 

そうするとストレスがたってダイエットに挫折してしまうかもしれません。

 

 

そうならないように、空腹感に打ち勝てるほど没頭できる趣味を持つと良いでしょう。

 

ネットサーフィンや、読書、カラオケなど自分の好きなことでよいのです。

 

長時間空腹感を忘れて、次の食事まで時間をつぶせるようにすると良いでしょう。

 

 

⑩無理はしない

 

最終的に、「無理はしない!」これに限ります。

 

無理をしてしまうと、たとえ1週間とは言っても体調を崩すか、挫折してしまうか、リバウンドしてしまいます。

 

1週間に3kg~5kg痩せようという目標は、非常にハードな計画です。

 

 

ですから、やる気がなくなったり、モチベーションが低下するとすぐに挫折してしまうかもしれません。

 

頑張り過ぎないようにしましょう。

 

 

無理だと感じたらどこかに逃げ場を作ってあげると良いでしょう。

 

例えば、毎食糖質カットではなく、夜だけ糖質カットするという方法も効果はあります。

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットにおすすめの運動方法7選!

 

hmbsupple-diet-woman

 

1週間で体重を減らすには、運動が不可欠です。

 

いったいどんな有酸素運動の種類があるのでしょうか?

 

ここでは脂肪燃焼に効果的な7つの運動をご紹介します。

 

 

①水中ウォーキング

 

1つ目の運動は水中ウォーキングです。

 

水の中で行う運動は、陸で行うものよりもカロリーを消費します。

 

また水圧により筋肉に刺激を与えることもできます。

 

 

1時間~1時間半、水中ウォーキングをしてみましょう。

 

腰痛持ちの方でも行うことが出来ます。

 

 

①肩が水中に沈むほど歩幅を開く

②両腕を大きく前後に振る

③体が上下に動かないように歩く

④股関節をゆっくりと伸ばすことを意識する

⑤少しずつ速度を上げる

 

 

②ハーフスクワット

 

ハーフスクワットは、スクワットという筋トレの中でも有名な種目の有酸素運動バージョンです。

 

ハーフスクワットでは体の中の大きな筋肉をたくさん使うことが出来ます。

 

ですから代謝を良くして、血行促進を促すことが出来ます。

 

 

①足を肩幅に開く

②胸を張って立つ

③息を吸いながらお尻を突き出すように腰を下ろす

④ひざを90度まで曲げて5秒維持

⑤息を吐きながら元に戻す

⑥20回×2~3セット

 

 

 

③ウォーキング

 

ウォーキングは有酸素運動の代表種目です。

 

しかし、ただ、だらだら歩くのではなく、きびきびとテンポよく歩くようにしましょう。

 

大股で早足を意識してウォーキングしましょう。

 

 

また、ふくらはぎの筋肉が動いていることを意識するようにしましょう。

 

ふくらはぎのポンプの役目をしっかり感じるようにするのです。

 

そうすれば、血行が良くなって全身の代謝が向上するでしょう。

 

むくみを解消させたり、便秘を解消させることが出来ます。

 

 

④バランスボール

 

バランスボールに乗るだけでも立派な有酸素運動になることをご存知でしたか?

 

有酸素運動とは言っても、体に負担がかかりにくく、体幹を鍛えることができます。

 

ただ座っているだけでも運動になるのです。

 

 

姿勢を矯正し、インナーマッスルを鍛えることが出来ます。

 

そうすることによって、ウエストをシェイプアップしたり、基礎代謝を上げることが出来ます。

 

2時間ほどバランスボールに座ってテレビを見るのはいかがですか?

 

 

⑤縄跳び

 

縄跳びは小学生の体育の授業を思い出すかもしれませんが、実は消費カロリーの高い良い運動方法なのです。

 

お金はかかりませんし、場所も取りません。

 

雨が降っていても室内でできるでしょう。

 

 

1時間で約500カロリー消費できるようですから、忙しくてもできますね。

 

跳ぶことで、ふくらはぎのポンプ作用を鍛えることができます。

 

下半身がスリムになりますし、血行が良くなり、全身の基礎代謝を向上させることが出来るでしょう。

 

 

⑥昇降運動

 

昇降運動も気候に左右されることなく、かなりのカロリーを消費できる運動です。

 

負担も少ないので、気軽に始めることが出来ます。

 

これまで運動の習慣がなかった方や高齢者などでも体力を付けるために始める人がいるほどです。

 

 

①右足を上げて左足を上げる

②右足を下ろして左足を下す

③左足を上げて右足を上げる

④左足を下ろして右足を下す

 

 

 

 

⑦腹筋

 

腹筋も立派な有酸素運動になります。

 

ポッコリ出てしまったお腹をスリムにするのに非常に効果的です。

 

 

①仰向けになり、胸元で手を交差させる

②ふくらはぎを床と平行になるように90度に曲げて持ち上げる

③お腹を軽く曲げ頭と肩を床から持ち上げる

④息を吐きながら上体を丸めるように持ち上げる

⑤限界でとまり、息を吐き切る

⑥息を吸いながら基本姿勢に戻す

⑦頭を完全に床につけずに10~15回繰り返す

 

 

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットの注意点

 

N112_hooduewotukujyosei_TP_V

 

1週間で痩せたいのであれば、極端すぎるダイエットは控えるべきです。

 

そして睡眠時間をしっかりとりましょう

 

睡眠時間が足りていなければ、ダイエットを行っていても、不健康になるだけです。

 

体の調子を整えるためにもしっかり睡眠を取るようにしましょう。

 

出来れば7時間~8時間の睡眠時間がおすすめです。

 

そうすれば美肌もスリムな体型も両方手に入ることになるでしょう。

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットのメリット2つ!

 

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

 

ほとんどの女性が、短期間でできるだけ多くの体重を減らすことを望んでいます。

 

しかし現実は厳しいものでしょう。

 

短期間で体重を減らすことにはメリットがあるのでしょうか?

 

早く細くなれること以外にも、短期間のダイエットだからこそのメリットもいくつかあります。

 

ここでは2つご紹介します。

 

 

集中できる

 

1つ目のメリットは、集中できるということです。

 

短期間という単位をどれほどの期間と受け止めるかによりますが、1週間~1カ月以内をさすと考えるのが一般的でしょう。

 

 

これほどの短期間であれば、どんなに厳しい食事制限でも「あと少し!」と集中できるでしょう。

 

また、目標とするもの、目的とするものが目前まで迫っていますから、ダイエットに集中して、できるだけ痩せるための努力を惜しむことがないでしょう。

 

 

モチベーションが下がらない

 

また、短期間ダイエットならモチベーションを維持することが出来ます。

 

これは非常に重要です。

 

 

長期間ダイエットを行っていると、いつになったら目標値までたどりつくのか不安になってくるかもしれません。

 

停滞期に入った日には、もうダイエットを中断してしまおう、と考えてしまう人も少なくありません。

 

 

モチベーションが下がらないようにするには、短い期間での集中型ダイエットが良いのです。

 

あと少しあと少し…と考えれば、体の変化をしっかり感じながらダイエットを続けることが出来るのです。

 

 

 

1週間の短期間集中ダイエットのデメリット3つ!

 

shock-2757395_640

 

短期間で体重を減らすことには、もちろんたくさんのリスク、デメリットがあります。

 

それらを対策しながら、短期間ダイエットに成功する必要があります。

 

では、いったいどのようなデメリットがあるのか、3つ紹介します。

 

 

リバウンドのリスクが上がる

 

1つ目のデメリットは、短期集中すればするほど、リバウンドのリスクが上がるということです。

 

短期間で目標の体重に近づけるために、体にとって負担となるほどの食事制限やトレーニングを行うかもしれません。

 

そうすると、筋肉量が減ってしまいます

 

また、体が飢餓状態だと勘違いして、摂取したカロリーをできるだけ吸収しようとしてしまうかもしれません。

 

そのため基礎代謝は落ちます

 

元の食生活に戻ったときに体重が増えてしまう可能性があるのです。

 

 

太りやすくなる

 

短期間ダイエットは太りやすくなります。

 

短期間で筋肉をつけて、基礎代謝を上げて元々の消費カロリーを増やすことは不可能です。

 

一時的な筋肉減少と水分減少による体重減少が、短期間ダイエットの目的と言えるかもしれません。

 

そのようなよう体で、極端な食事制限をすることによって、より脂肪を蓄えやすい太りやすい体になっていきます。

 

ですから1つ目のデメリットでも述べたように、リバウンドしてしまうのです。

 

 

内臓への負担がかかる

 

短期間ダイエットでは内臓に負担がかかってしまいます。こ

 

れは毎日の食事の中で糖質をカットしたり、たんぱく質の摂取量を増やすことによって起こります。

 

体重を減らすのに栄養素のカットなどは確かに効果的です。

 

 

しかし、肝臓や腎臓などの内臓にとっては負担となるのです。

 

ビタミンやフラボノイドなどの、たんぱく質を吸収しやすくする栄養素も同時に摂る必要があります。

 

厳しいダイエットをした結果、体調を崩してしまうかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

adult-1867743_640

 

1週間ダイエットはハードなダイエット計画ですが、不可能な話ではありません。

 

食事制限と運動習慣を無理なく続ければ、目標体重に近づけることが出来るでしょう。

 

しかし、頑張り過ぎて体調を崩さないように注意してください。

 

 

きっと目的のイベントに、理想体重で出席出来るはずです。

 

1週間後の自分の理想の姿を常にイメージして、1週間モチベーションを高めましょう。

 

美しく引き締まった体型になれるはずです!

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

588f5dc5c85286438783f2302a488dbe-3-300x199

30代男性のダイエット方法!効率的に痩せる秘訣4選【筋トレ・運動・食事・記録】

30代に入り急に太り始める男性が多いですが、危機感を持ったらすぐダイエットに取り組めばスリムな魅力的な身体を手に入れられます。  

post_15532_smoke

喫煙ダイエットで痩せるは嘘!タバコで太る原因や健康リスクも総まとめ

タバコを吸うと痩せる、そんな噂を信じて喫煙ダイエットをする人が多いのが現状です。  今回は喫煙について、痩せ方や痩せる原因、逆にダ

belly-2354_960_720

楽に痩せられるダイエット方法3つ&成功のコツ3つを徹底紹介

見た目の良さだけでなく健康のためにもなるダイエットは、コツを意識して正しい方法で行うことが大切です。  今回はダイエットが成功する

tomodachi02

中学生の男向けダイエット方法10選!肥満度チェック&肥満の原因5つも徹底紹介

肥満が低年齢化し中学生男子でも体型に悩みダイエットにチャレンジする人が増えています。  今回は中学生男子のダイエット方法について、

ce5e67140679ff3560f84c930bee9304-480x343

長期間ダイエット方法!1ヶ月・3ヶ月で成功する20のポイントを徹底解説

ダイエット期間は人それぞれですが、体に優しくリバウンドも少ない方法なら長期間が適しています。  今回は長期間のダイエットに向いてい

関連する記事②

shinjyuku-kabuki20140921225442_TP_V4

ナンパの方法&コツ18選!引っかかる女性の心理や心得も徹底解説

ナンパはイケメンだから成功するわけではなく、実は自分に合った方法や女性心理を知り、コツを正しく押さえていることの方が重要なのです。 &nbs

EIjRXTNL

岐洲匠の筋肉が凄い!身長や体重・筋トレ方法まとめ【画像付き】

若手俳優の岐洲匠さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、岐洲匠さんの身長や体重などの基本情報、そして美し

1263440600_04a06b8dbe

滝沢秀明の筋肉特集!身長や体重&腹筋の筋トレ方法まとめ【画像付き】

滝沢秀明さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、滝沢秀明さんの身長や体重などの基本情報、そして美しい筋肉

Photoelly019_TP_V

低糖質ダイエット方法とおすすめ食品5選!成功のポイント4点も徹底解説!

健康的に痩せられる上、今すぐ誰にでも始められると低糖質ダイエットが注目を集めています。  今回は低糖質ダイエットの基礎知識とメカニ

90128_1462_023e9992_592bd46d

EXILE・TAKAHIROの筋肉の秘訣!身長や体重・筋トレ方法まとめ【画像付き】

TAKAHIROさんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、TAKAHIROさんの身長や体重などの基本情報、

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。