images1DB1B154

長距離走の走り方10個のコツ!筋トレや食事のポイントも徹底解説

長距離走は長い距離を長時間走る過酷な運動ですが、適切な準備やコツを押さえることで楽に速く走れるようになります。

 

今回は長距離走を速く走るコツ10、筋トレの必要性やおすすめの3種目、食事で摂りたい栄養素4つを紹介します。

 

長距離走を楽に速く走るための10のコツ!

 

shutterstock_136301591

 

長距離走を速く走るにはコツがあります。

 

どのように走ればいいかが分かっていれば、今まで考えていたより、長距離走は楽になるでしょう。

 

そして、コツをつかめさえすれば、誰でも今より速く走れるようになることでしょう。

 

では早速、早く楽に長距離走を走るための10のコツをご紹介していきます。

 

 

1.気合を入れない

 

shutterstock_137656484

 

まず、長距離走を走る前に気合を入れないようにしましょう。

 

短距離走の場合は気合を入れたほうが早く走れる場合もあります。

 

しかし、長距離走は終わりがずっと先ですから気合だけで乗り切ることはできません。

 

 

また、心理学的にも人間は気合を入れたことがやりたいことであればさらにやりたくなり、やりたくないことであれば、さらにやりたくなくなる傾向にあります。

 

ですから、できれば走りたくない長距離走に気合を入れてもさらに負の感情が増すだけです。

 

 

できるだけリラックスするようにしましょう。

 

体が力んでしまうとすぐに疲れてしまいます。

 

プレッシャーがかかり、あきらめやすくもなります。

 

ゆったりとした心構えで長距離走には臨みましょう。

 

 

2.準備体操をしっかりする

 

junbitaisou

 

長距離走を楽に速く走るためには、準備体操は不可欠です。

 

体を走るために準備させておく必要があります。

 

アキレス腱、ふくらはぎ、もも、肩、首などをのばすことで、心もリラックスし、体も動きやすい状態になります。

 

 

ちょっとした準備体操でも、しっかり行って体の筋肉を伸ばしておきましょう。

 

スポーツに必要な神経が呼び覚まされるため、比較的走りやすくなることでしょう。

 

 

3.軽くジョギングする

 

shutterstock_153769772

 

長距離を走る前に、軽くジョギングしておくことをお勧めします。

 

5分ほどで良いので軽く走っておきましょう。

 

そうすれば本番に走り始める前に筋肉が程よく刺激され、ベストな状態を維持できるからです。

 

 

また、少し体を動かしておくことで心臓や肺などの臓器が活発になります。

 

ですから実際、長距離走を走り始めた時には、楽に呼吸を吸い込み、吐き出すことが出来るのです。

 

 

しかし、あくまでも軽いジョギングにとどめてください。

 

疲れてしまうと長距離走を疲れた状態で行うことになってしまいます。

 

 

また、50mほどの短距離を長距離走直前にダッシュするのも、心肺機能を活動的にするうえで有効です。

 

 

4.腕を振る

 

050d0901

 

腕を振るのと振らないのとでは、長距離走のスピードのかなりの差が生まれます。

 

この腕を振るのと同時に、けり足を意識することでかなり長距離走のスピードが上がります。

 

 

腕を前に振り出すとき、腰の位置を手が通過したくらいに足を地面に接地します。

 

そして、腕が完全に前に振り切られたときに足で地面をけります。

 

このタイミングをしっかり押さえておくと良いでしょう。

 

 

長距離走の予定があるなら、今すぐにでも練習を始めましょう。

 

家の中でもジャンプしながら訓練することが出来ます。

 

 

5.背筋をのばす

 

images3URTOFL1

 

人は疲れてくると、背中が丸まったり、逆にのけぞったりします。

 

または、左右に揺れ動いてしまうこともあるでしょう。

 

きつい長距離走の最初から最後まで同じ姿勢を保つことは本当に困難です。

 

しかし、姿勢が崩れてしまうことを避けるために胸を張ってみましょう。

 

 

胸を張れば自然と背筋が伸びます。

 

背筋が伸びると体幹が安定し、腕と足の連動がスムーズに動くようになります。

 

日ごろから胸を張って背筋を伸ばす習慣をつけておきましょう。

 

それはきっと長距離走の時に役立ちます。

 

 

6.ネガティブスプリプトを意識する

 

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_s-e1457962688360

 

ネガティブスプリプトとは前半のスピードを抑えて、後半に挽回するという走り方です。

 

前半にスピードを出し過ぎると、100%の確率で中盤から疲れてきてペースダウンします。

 

その状態で最後まで走り切るのは、身体的にも精神的にもしんどいでしょう。

 

 

走り始めは、このくらいのスピードならどこまででも走れる、と思えるほどが良いでしょう。

 

腕の力のみを使って進んでいるかのようなスピードです。

 

最初から全速力で駆けださないでくださいね。

 

 

7.呼吸は意識しない

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4 PAGE 5

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

tatemono_kaidan-300x258

踏み台昇降の効果と消費カロリー!正しいやり方や3つの注意点も徹底解説

踏み台昇降運動は簡単であらゆる世代におすすめできる上、ダイエット効果もあるため自宅でダイエット運動をしたい人にピッタリです。 今回

core-training

体幹トレーニング最強メニュー!効果4つ&鍛え方3つのコツも徹底紹介

体のバランスを整え、インナーマッスルを鍛えるために、体幹トレーニングが効果的だと言われています。 そこで今回は体幹の基礎知識と、体

4

本当に正しい有酸素運動と無酸素運動の順番&3つの違いまとめ

有酸素運動と無酸素運動の特徴や違いを理解しておくことで、より効率的かつ効果的運動になり、健康増進効果も期待できます。 今回は、有酸

surfing-1082214_640

サーフィンでダイエット!効果や消費カロリー&基本方法まとめ【初心者でもできる】

サーフィンと言うと若者の遊びと思われがちですが、実はダイエット効果が注目されています。 今回はサーフィンについて、初心者でもダイエ

shutterstock_367087844

マウンテンクライマーのやり方と効果!最適な回数と頻度&ポイント3つも徹底解説

有酸素運動と筋トレが同時にできるとても効率的で効果的な運動がマウンテンクライマーで、時間の無い人や場所が限られている人にもおススメです。&n

関連する記事②

download

金子賢の筋肉が凄い!身長や体重・筋トレメニューを部位に紹介

金子賢さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。 この記事では、金子賢さんの身長や体重などの基本情報、そして美しい筋肉がわか

7387afdcad5e97e177720c4083cec8b8-600x400

ダイエット向け運動スポーツ&筋トレ15種類|最適時間と呼吸法も徹底解説

定期的にスポーツをすることがダイエットに効果的ですが、どのスポーツを選ぶのかが重要になってきます。 今回はダイエットに効果的なおす

sports-731506_640

有酸素運動で痩せない人必見!やりがちな5つの原因まとめ

有酸素運動はダイエットに効果的でありながら、実は「運動しても痩せない」という負のスパイラルに陥りがちな一面もあります。 そこで今回

4

本当に正しい有酸素運動と無酸素運動の順番&3つの違いまとめ

有酸素運動と無酸素運動の特徴や違いを理解しておくことで、より効率的かつ効果的運動になり、健康増進効果も期待できます。 今回は、有酸

dreamstime_s_33970900-1-e1475540298828

下半身の筋肉&筋トレ10選!メニューの組み方&ポイントも一挙紹介

下半身の筋トレはきつい種目が多いですが、実はその効果は下半身だけでなく全身に及ぶためとても効率的な筋トレと言えます。 今回は下半身

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「男性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。