426c0ca73c689b632eb19f464bde65b1_s

無酸素運動のやり方4種類&脂肪燃焼を効果的にする方法まとめ

ダイエットのために運動するなら脂肪燃焼効果をより高めるために、有酸素運動に加え無酸素運動が欠かせません。

 

今回は運動の種類と無酸素運動4種類、無酸素運動のメカニズム2種類、脂肪燃焼効果の高い運動方法をご紹介します。

運動の種類は2つ!

e17c0ede24ec7e82b9c63d8e424e1ebb_s

 

ダイエットにおいて有酸素運動はよく耳にするキーワードです。

 

しかし、無酸素運動は、意外と忘れられているのではないでしょうか。

 

 

無酸素運動とは、運動をする時に筋肉が酸素を必要とせず、直接エネルギーを乳酸に分解するタイプの運動です。

 

普段一般的な体を動かす激しい運動や長時間続けるマラソンなどの運動は、人間が吸った酸素を元にエネルギーを作っているものが多く、これが有酸素運動に当たります。

 

しかし、実はその中でも陸上のスプリントや筋力トレーニングといった、特に短時間で爆発的な力を必要とする運動があります。

 

これらは有酸素運動よりも無酸素運動の比率が極めて高く、無酸素運動の代表と言われています。

 

 

 

無酸素運動4種類を紹介!

ama0I9A7838045125433_TP_V

 

無酸素運動は実際にどのような種類があるのでしょうか。

 

無酸素運動は、細かく分けると以下の4つに分類されます。

 

 

筋力トレーニング

 

筋力トレーニングは、普段の日常生活よりも確実に高負荷を特定の筋肉にかけることによって、その部位を集中的に鍛える方法です。

 

長く体を動かすというよりは、その一瞬で高負荷に耐えるだけのパワーを出して体を持ち上げたり、重りつきの四肢を曲げたりします。

 

そのため、短時間の間に大きな力が必要であり、無酸素運動に該当します。

 

 

重量挙げ

 

ダンベル運動は、重りのついた金属の棒を全身の筋肉を使って肩より上に持ち上げる運動です。

 

腕力や肩、胸筋だけでなく、全身の大幹を保持する筋肉を総合的に鍛えられるため人気があります。

 

上げている時間はせいぜい長くても数十秒であり、重力に逆らっておもりを頭上にまで上げる部分で、非常に大きなパワーを短時間に必要とします。

 

したがって、この運動も無酸素運動に該当します。

 

 

短距離走

 

短距離走は限られた短い距離をいかに早く走破できるかを競うものです。

 

マラソンのように自分の体力と相談をしながら、安定したゴールを目指すものではありません。

 

いかにゴールまで早く体を動かして走行できるかが重要となってくるため、この運動も無酸素運動と呼べるでしょう。

 

 

ダンベル運動

 

ダンベル運動は、ダンベルと呼ばれる重りを使用して、手足を持ち上げ屈伸することで部分的な筋肉を鍛えることができるものを呼びます。

 

長時間やるイメージがありますが、重りがついた状態で、適切に腕や足を縮ませて正しく引き上げられるかということに尽きます。

 

この運動も無酸素運動と考えて問題ありません。

 

 

 

無酸素運動のメカニズム2種類!

a5efacfc2669acafd39b15f05d4407c7_s

 

無酸素運動は、出来るだけ短時間にパワーを集中して出していくことが必要な運動であると説明してきました。

 

しかし、実際にどの程度が短時間に当たるのでしょうか。

 

 

無酸素運動で使用される体のメカニズムから考えると、その効果が持続する時間は8秒~33秒くらいではないかといわれています。

 

また、実は一口に無酸素運動といっても、乳酸を使ったものと、乳酸を使わないもの2つに大別されます。

 

 

乳酸系の無酸素運動

 

身体や筋肉に貯蔵されているグリコーゲンと呼ばれる物質を、酸素を使わず乳酸にするとができる回路を使った運動です。

 

持続時間が短い無酸素運動の中でも、比較的長時間作用するといわれており、負荷をコントロールすることで、最大2時間くらいまでは持続できます。

 

 

非乳酸系の無酸素運動

 

筋肉中に存在するクレアチンリン酸と呼ばれる物質を代謝することにより、合成の途中であったエネルギーADPを、体内で使用できるATPに代謝するものを呼びます。

 

この非乳酸系は無酸素運動の中でも、特に持続時間が短いのが特徴です。

 

 

筋力トレーニングなど一瞬の負荷が必要になるものから、100メートル走くらいまでは、非乳酸系が使われており、かなりの爆発力があります。

 

また、中距走以上になってくると、乳酸系の代謝が活発になることが知られており、やや長期間であっても耐えられるところがポイントです。

 

 

 

無酸素運動と有酸素運動の組合わせで脂肪燃焼効果アップ!

eeb9c5d35bf0f86b4b3d029937625eeb_s

 

ダイエットにおいて有酸素運動はよく聞きますが、無酸素運動はあまり聞かないことも多いでしょう。

 

しかし、ダイエットを効果的に行うためには有酸素運動だけではなく無酸素運動もしっかりと行わなくてはいけません。

 

 

無酸素運動を行うと、30分ほどで体内では成長ホルモンが活発に作られるようになります。

 

身体の発育で大切な成長ホルモンですが、非常に高い脂肪燃焼効果を有していることが知られています。

 

 

このため理論的にいくと、成長ホルモンを程よく分泌させた状態で有酸素運動に切り替えるのが、効率良く脂肪を燃焼させるための重要なポイントになるというわけです。

 

有酸素運動の前に無酸素運動を取り入れることが、脂肪燃焼にとって非常に大切であると言えるでしょう。

 

 

 

過度の無酸素運動は脂肪燃焼効果ダウン!

 

fitness-1882721_960_720

 

さらにダイエットの効率を上げたいと思う人にとっては、無酸素運動の強度にも注目していきましょう。

 

無酸素運動は、乳酸系と非乳酸系に分かれるという話をしました。

 

無酸素運動を始めた最初は主に非乳酸系が、そして時間が経つにつれて乳酸系を使用するようにシフトしていきます。

 

これは、運動する時間が長くなれば長くなるほど、乳酸系が活発になってくるということです。

 

 

ここで大切なのは、非乳酸系では脂肪とグリコーゲンの燃焼比率が1:1であるのに対し、乳酸系では主にグリコーゲンの燃焼を行っているということです。

 

このため、より脂肪の燃焼効率を上げたい方にとっては、長時間の激しい無酸素運動を行うよりも、適度な無酸素運動の方がおすすめだと言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

a19c9d9b2d7c1fd29b3b0592dc304a5d_s

 

無酸素運動についてあまり知らなかった人も多かったのではないでしょうか。

 

ダイエットを効率的に行っていくためには、無酸素運動と有酸素運動、両方の運動を組み合わせましょう。

 

そして脂肪燃焼効果アップには、適度な無酸素運動が大切であることをご紹介しました。

 

それぞれの運動の効果とメカニズムを理解したうえで実施していくと、より納得のいくダイエットへとつながるでしょう。

 

是非実践してみてください。

 

 

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

7387afdcad5e97e177720c4083cec8b8-600x400

ダイエット向け運動スポーツ&筋トレ15種類|最適時間と呼吸法も徹底解説

定期的にスポーツをすることがダイエットに効果的ですが、どのスポーツを選ぶのかが重要になってきます。  今回はダイエットに効果的なお

shutterstock_367087844

マウンテンクライマーのやり方と効果!最適な回数と頻度&ポイント3つも徹底解説

有酸素運動と筋トレが同時にできるとても効率的で効果的な運動がマウンテンクライマーで、時間の無い人や場所が限られている人にもおススメです。 &

girl-2012669_960_720

エアロビクスでダイエット!効果と正しい方法・消費カロリーまとめ

エアロビクスはダンスとしてよく知られていますが、実はダイエットにも非常に効果的でおすすめの運動方法です。  今回はエアロビクスの特

1797_6_150204143133882_700x

有酸素運動は種類豊富!効果的な方法やメニューの組み方など総まとめ

ダイエットや健康維持に有酸素運動は効果的な上、自宅周辺でもできてお手軽です。  今回は有酸素運動の種類と効果、正しいやり方とメニュ

jump-rope-training-1st-e1450850917892

ダイエットに運動は効果的!最適な時間帯&おすすめメニュー13選を総まとめ

ダイエットを成功させてスリムな体を手に入れたいなら、運動は絶対外せません。  今回は運動のダイエット効果、2種類の運動の特徴、運動

関連する記事②

2C786704-06E4-4CCB-8758-00223A56931B

SNS人気ランキングTOP10!種類4つ&メリットとデメリット&注意点も徹底解説

SNSは手軽で便利な機能も多い一方トラブルになるケースも多々あり身を守るためにも正しい使い方が必須です。  今回はSNSの種類4つ

chinning

自重トレーニングの最強メニュー!効果的な頻度&3つのメリットも徹底紹介

数ある筋トレの中でも自重トレーニングは初心者から上級者まで効果抜群で安全性も高いおすすめの運動です。  今回は自重トレーニングのメ

sport-1685786_640

【筋肉】プロテイン飲むタイミング4選!有酸素運動の後だけではない

筋肉を効率的につけるためにプロテイン摂取は必要不可欠で、有酸素運動前後はもちろん、適切な摂取のタイミングを知ることが大切です。  

B79DACBB-63DF-4103-B7D5-ED2F3A2C7DD4

メンズ前髪のおすすめ8種類!分け方の基本&ポイント2つとコツ3つも紹介

前髪は顔の一部分とも言える重要なポイントですが自分の目指す雰囲気に合った前髪作りは基本やコツを知れば意外に簡単にできます。  今回

amaGIMG_8604044130538_TP_V

スクワット7種類のやり方を動画付きで解説!上級者まで使える筋トレまとめ

スクワットには様々な種類があり刺激の入る部位も異なるので自分の目的に合ったスクワットを選ぶことで効率的に肉体改造ができます。  今

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。