18580178_1886877991523975_4486074258132303872_n

高校生の男向けダイエット方法10選!適切な食事&運動方法とデメリット6つまとめ

生活習慣の欧米化から肥満体型で悩む高校生男子も増えていますが、誤った方法では健康を損なう可能性もあります。

 

今回は男子高校生のダイエットのデメリット6つ、正しい食事と適切な運動によるダイエット方法10選を紹介します。

男子高校生もダイエットが必要?

 

20151217010258

 

最近ではダイエットに悩むのは女性だけではありません。

 

また中年男性だけがポッコリおなかに悩まされているわけでもありません。

 

なんと、男子高校生もダイエットが必要な時代なのです。

 

生活習慣病は肥満が原因です。

 

 

その肥満体型である高校生が非常に多いのです。

 

現代では高校生の4割もの人が生活習慣病の予備軍となっているようです。

 

なんと恐ろしいことでしょう。

 

生活習慣病になってしまう前に、できるだけ早く予備軍から抜け出したいと思われるのではないでしょうか?

 

 

正しい方法で肥満体型から打破し、生活習慣病とは一切関係のないような、理想体型になるためにダイエットをしましょう。

 

体脂肪を落としてダイエットを成功させる方法や、高校生ならではのダイエットの危険についてご紹介したいと思います。

 

 

 

ダイエットに真剣に悩む男子高校生の声

 

150415112191_TP_V

 

男子高校生が、体型を気にするなんて!と思われる大人の男性もたくさんおられることでしょう。

 

しかし、男子高校生の肥満の問題は、真剣な悩みなのです。

 

ここでは、現に今ダイエットをしたいと願っている男子高校生の声を、幾人かご紹介したいと思います。

 

 

・高校2年生の男です。痩せて筋肉をつけるために本気でダイエットをしたいと思っています。

現在身長175㎝で体重が75キロもあります。

 

間食はやめるようにして運動もしています。些細なことでもいいのでアドバイスをお願いします。

 

 

・高校1年生の男です。本気で太っているのでダイエットをしようと思っています。

 

おなかが出ていて二重あごなので、どうしても痩せたいんです。

 

大人になってもデブでいたくはありません。今危機感を感じています。

 

 

・168㎝で82Kgもあるとても肥満体型の高校生男です。

 

何キロがベストなのかが分かりません。

 

10kg以上の減量をするにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

このように、悩み相談が繰り広げられています。

 

男子高校生の深刻な肥満についての悩みがあるのです。

 

では、どのようにすれば高校生でもダイエットに成功することが出来るのでしょうか?

 

 

 

男子高校生がダイエットをするなら脂肪に注目!

 

Fotolia_52819285_XS

 

高校生がダイエットをしようと思うのであれば、脂肪に注目する必要があります。

 

なぜなら、高校生の時期は最も脂肪細胞が増えやすい時期だからです。

 

脂肪細胞が増えるということについて、はて?と首を傾げられた方がいるかもしれません。

 

 

そうです、脂肪がつくのではなく脂肪細胞が増えるのです。

 

実は脂肪細胞の中に脂肪をため込む袋があるのです。

 

余分な脂肪がため込まれるとこの袋が膨らみ、太っていると見えるようになります。

 

この脂肪細胞が限界まで膨らみ、もうこれ以上脂肪をため込むことが出来ない!となってしまうと、新たに細胞分裂を起こして脂肪細胞を形成します。

 

このように脂肪細胞が増えていくのです。

 

 

脂肪細胞は1度増えるともう減ることはありません。

 

しかし、脂肪細胞の中に蓄えられている脂肪を減らしていくことで脂肪細胞のふくらみを抑えることはできます。

 

 

高校生の時期は、ちょっとしたことで脂肪がすぐに蓄えられて、細胞分裂を起こしてしまうので注意が必要です。

 

高校生の時期が、脂肪細胞が増えやすい人生で最後の時期です。

 

この時期にたくさん増やしてしまうと、成人になってからはもう減ることはありませんので、高校生の間にダイエットに成功しておく必要があるのです。

 

 

 

男子高校生がダイエットするデメリット6つ!

 

無題

 

高校生のうちにダイエットを成功させて、肥満体型から抜け出してほしいという気持ちが山々なのですが、実は、高校生がダイエットを行うことにはデメリットもあります。

 

ここでは6つのデメリットを紹介しておこうと思います。

 

 

①成長の阻害

 

高校生のうちに間違ったダイエットを行ってしまうと、成長を阻害してしまうことになりかねません。

 

例えば、カロリー制限するために1日の摂取カロリーを過度に制限したとします。

 

一日の中で摂取しなければいけないエネルギーが足りなくなり。体を作ることが出来なくなります。

 

 

せっかく成長期である高校生の時期に、成長をとどめてしまっては、ダイエットの意味がありません。

 

あくまでも体重を減らして、筋肉をつけ健康的な体になることが目的のはずです。

 

必要以上に食事の量を減らしたりすると、成長の阻害という恐ろしいデメリットがありますので注意しましょう。

 

 

②生殖器官のトラブル

 

さらに、恐ろしいデメリットは生殖器官のトラブルです。

 

これも成長と関係していますが、高校生の時期は最も体がエネルギーを必要としている時期です。

 

それなのに、必要以上にカロリーがカットされてしまい、体が求めている栄養素が全く入ってこなければ、体内のあらゆる機関の働きが鈍くなってしまいます。

 

 

苛酷なダイエットを行うと女性の生理が止まる、という話を聞かれたことがあるかもしれません。

 

しかし、これは女性だけの話ではありません。

 

男性においても生殖器官の発達が遅れトラブルを引き起こすもととなるため、注意しましょう。

 

 

③拒食症

 

食べなければ必ず痩せる!と考えて、できるだけ食べないような習慣をしていませんか?

 

確かに、食べなければ痩せますが、そのダイエット方法はデメリットばかりです。

 

 

目標体重まで落とせたらよいのですが、目標体重を過ぎても食べることが出来ず、自分の意志で調整できなくなってしまうことを拒食症といいます。

 

外見がとても不健康に見えるだけでなく、命の危険もある恐ろしい病気です。

 

治療をしても完治するまでには長い時間がかかります。

 

ですから、拒食症になる危険性を考えて、無理なダイエット方法を取らないように注意しましょう。

 

 

④肌トラブル

 

高校生のうちに無理なダイエットを行うと、肌トラブルを引き起こします。

 

それは、必要な栄養素が体に補給されないからです。

 

もちろんタンパク質や炭水化物は制限するべき対象となりますが、野菜などに含まれているビタミンやミネラルは、美肌を保つために重要な栄養素です。

 

男子とは言え、高校生の間痩せたはいいものの肌がボロボロになってしまっては、非常に悲しいですよね。

 

ダイエットをしたことを後悔するかもしれません。

 

必要な栄養をしっかりとりながら食事制限をしなければ、こうしたデメリットを実感する結果になってしまうのです。

 

 

⑤骨粗しょう症

 

高校生の間は体力が有り余っているため、ちょっと無理してダイエットをしても大丈夫、という気持ちになるかもしれません。

 

食事制限を厳しくしてしまいがちですが、そのダイエット方法だと、骨粗しょう症になってしまいます。

 

それはカルシウムが不足してしまうからです。

 

 

カルシウムは体の中で生成できないミネラルに含まれている成分です。

 

そのため食事によって摂取しなければなりません。

 

体内に必要なカルシウム量が不足すると、骨のカルシウムをとかそうとする働きが生まれます。

 

その結果骨がスカスカになり骨粗しょう症になってしまうのです。

 

 

⑥貧血

 

ダイエットにより急激に体重が減少するとともに、貧血や立ちくらみが生じる人も少なくありません。

 

もともと貧血な人はそれがひどくなったり、男子高校生など貧血にならなさそうな人が急に貧血になったりするのです。

 

ダイエットによって栄養不足の状態になっているからです。

 

鉄分が不足することで貧血を引き起こし、肌荒れなどのあらゆるデメリットを引き起こします。

 

 

 

男子高校生におススメのダイエット方法10!食事&運動で健康的に痩せよう

 

①カロリー制限は行わない

 

1

 

カロリー制限はしないことをおすすめします。

 

ダイエットをする男子高校生のなかには1日の総摂取カロリーを減らそうとして、朝食を抜く人がいるようです。

 

しかし1日1食減らして量を減らしたからと言ってダイエットが成功するわけではありません。

 

 

逆に、必要な栄養が入ってこない為、脳が危機感を感じ消費カロリーをできるだけ少なくしようとします。

 

省エネ体質にしてしまうため、以前よりも脂肪燃焼効率が落ちてダイエットの逆効果になってしまいます。

 

高校生は特に成長期ですから、必要な栄養を摂るために3食しっかりと食べるようにしましょう。

 

 

②ジャンクフードは制限しよう

 

thum_2439

 

ジャンクフードを食べないようにしましょう。

 

ジャンクフードは最も太る食事です。

 

高カロリーで塩分と糖分を大量に含んでいるからです。

 

その割には体に必要なビタミンやミネラル、食物繊維があまりありません

 

 

少量でも高カロリーになってしまうジャンクフードを食べていては、その他の食事でいくら制限していても、カロリーオーバーしてしまうことは目に見えています。

 

お菓子やインスタント食品、ファーストフード、ジュースといった、普段からよく食べているジャンクフードを本気で制限しましょう。

 

 

③糖質は一度に食べない

20070616131401

 

糖質を一度に食べると太りやすくなってしまいます。

 

おなかがすいていると一番最初にご飯を食べたくなるでしょうし、何杯でもお替りできてしまうかもしれません。

 

しかしそうした炭水化物に豊富に含まれている糖質は太る主な原因です。

 

 

エネルギーに必要とされなかった糖分は排出されることなく中性脂肪に変えられます。

 

糖質を一度にドカ食いすることによって、余分であると判断されると。脂肪がしっかり蓄積されることになるのです。

 

 

④水をたくさん飲もう

 

water

 

水ダイエットというダイエット方法があるように、水をたくさん飲むと痩せることが出来ます。

 

あなたがお手本としている体型モデルのようなものがありますか?

 

理想的な体型の人は、良く水を飲んでいるはずです。

 

 

水は脂肪を燃焼する時に必要です。

 

ですから常に脂肪が燃焼しやすい体内環境を整えておくために、水をたくさん飲む必要があるのです。

 

また水を飲んでおけば食欲がわきすぎてしまうことを避けられるので一石二鳥ですよ。

 

 

⑤タンパク質は摂取するべき

 

タンパク質は、ダイエットに欠かせない栄養素です。

 

人間が生きていくために必要な三大栄養素は、炭水化物・タンパク質・脂質です。

 

この中で唯一タンパク質だけがダイエットの味方なのです。

 

 

タンパク質は筋肉や皮膚など体を作るための栄養素です。

 

肉や魚、卵や大豆製品から摂取することが出来ます。

 

タンパク質を中心とした食習慣が確立さえできれば、カロリーを制限する必要はなくなります。

 

 

⑥筋トレをするべき

 

筋トレをするとダイエットに成功しやすくなります。

 

それは、筋トレによって筋肉がふえ基礎代謝があがるからです。

 

つまり何をしていなくても脂肪を燃焼しやすい体質になるということが出来ます。

 

生きているだけで脂肪が燃焼され、消費されるエネルギーが筋トレをすることによって増えるのです。

 

 

おすすめなのは自分の体重を負荷として行うことのできる、自重トレーニングです。

 

ジムに通う必要もなく、専用のマシンや相手を必要としない為、高校生でも気軽に始めることが出来ます。

 

 

⑦有酸素運動もプラス

 

有酸素運動だけでは、ダイエットを成功させることはできませんが、食事制限と筋トレに有酸素運動を加えると無敵です。

 

筋トレを行うことによって脂肪燃焼しやすい体質になったなら、有酸素運動による脂肪燃焼効率も格段に高まります。

 

 

有酸素運動は最低でも20分行うことが勧められています。

 

できるだけ長く行うことで脂肪燃焼効果を高めることが出来るからです。

 

 

⑧よく噛んで食事をしよう

 

よく噛んで食べることで、血糖値の急上昇を抑えることが出来ます。

 

さらに満腹中枢が刺激されるため、食べ過ぎる前に、脳がもうお腹いっぱいだよ、と指令を発してくれます。

 

 

お腹がすいていると目の前の食事にかぶりつきたくなるかもしれませんが、食材の味をかみしめながらよく噛んで食べるようにしましょう。

 

 

 

⑨活動代謝を上げよう

 

活動代謝を上げることは、最もダイエット効果を高める方法です。

 

何をしなくても消費されるエネルギーに加えて、動いているときに消費されるエネルギーも増やすことが出来ます。

 

ちょっとした工夫によって、活動代謝を上げることが出来ます。

 

あさイチでエクササイズを行ったり、1駅分電車に乗らずに歩くなどの工夫がおすすめです。

 

 

⑩サプリメントもアリかも

 

サプリメントを飲めばすぐに痩せるわけではありませんが、ダイエットの効果を高めてくれます。

 

ダイエットをより効率よく行ってサポートしてくれるサプリメントを上手に選ぶようにしましょう。

 

高校生であれば自分でバイトをすることもできますから、お金を工面して市販のダイエットサプリを活用することもできますね。

 

 

 

まとめ

・現代では高校生の4割が生活習慣病の予備軍となっている。

・高校生の時期は最も脂肪細胞が増えやすい時期なのでダイエットするなら脂肪に注目するべき。

・高校生は成長期のため栄養が必要。そのため無理なダイエットをせずによく食べてよく運動することで体を作ることが大事。

 

que-12154991707

 

健康的なダイエットを行えば、高校生のダイエットでも成功することが出来ます。

 

肥満体型で悩み続けるのではなく、運動習慣や生活習慣、食習慣の改善を積極的に行いましょう。

 

せっかくの高校生の時間を無駄にしないように、理想の体型に向けて頑張りましょう♪

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

man-1245658_960_720

ジョギングのダイエット方法!効果と消費カロリー&正しいやり方まとめ

誰でも手軽にできるジョギングはダイエットや健康増進効果が期待でき、あらゆる年代の方におすすめです。  今回はジョギングの効果、消費

tomodachi02

中学生の男向けダイエット方法10選!肥満度チェック&肥満の原因5つも徹底紹介

肥満が低年齢化し中学生男子でも体型に悩みダイエットにチャレンジする人が増えています。  今回は中学生男子のダイエット方法について、

jump-rope-training-1st-e1450850917892

ダイエットに運動は効果的!最適な時間帯&おすすめメニュー13選を総まとめ

ダイエットを成功させてスリムな体を手に入れたいなら、運動は絶対外せません。  今回は運動のダイエット効果、2種類の運動の特徴、運動

a19c9d9b2d7c1fd29b3b0592dc304a5d_s

無酸素運動で効果的にダイエット!基礎知識やメニュー例まとめ

無酸素運動と有酸素運動は効果が異なり、正しく特徴を押さえることでより効率よく痩せることができます。 今回は無酸素運動の効果と特徴、ダイエット

7387afdcad5e97e177720c4083cec8b8-600x400

ダイエット向け運動スポーツ&筋トレ15種類|最適時間と呼吸法も徹底解説

定期的にスポーツをすることがダイエットに効果的ですが、どのスポーツを選ぶのかが重要になってきます。  今回はダイエットに効果的なお

関連する記事②

mig

レイザーラモンHGの筋肉の秘訣!身長や体重・筋トレ方法まとめ【画像付き】

レイザーラモンHGさんといえばその筋肉美が話題になりますよね。  今回は、レイザーラモンHGさんの身長や体重などの基本情報、そして

-eye-catch-e1437488087796

スクワットでのダイエット方法!最適回数や期間&正しいやり方と注意点を徹底解説

全身の様々な筋肉を刺激できるスクワットは、道具も必要なくどこでもできる手軽かつ非常に有効なダイエット方法の一つです。  今回はスク

sports-731506_640

有酸素運動で痩せない人必見!やりがちな5つの原因まとめ

ダイエットのために有酸素運動をしていてもなかなか痩せられず挫折してしまう人も多く、痩せない原因を突き止め正しい運動方法を知ることが重要です。

001

竹内涼真の筋肉が凄い!身長や体重・筋トレ・ダイエット方法まとめ【画像付き】

俳優の竹内涼真さんですが、筋肉が意外と凄いと度々話題になっています。  この記事では、竹内涼真さんの身長や体重などの基本情報、そし

man-461195_960_720

肩幅を広くする筋トレ方法6選!男性の平均&筋トレの注意点2つも紹介

頼もしさをアピールできる広い肩幅は男性の憧れですが実は肩幅を広くする効果のある筋トレで誰でも手に入れることができます。  今回は男

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。