gym-526995_960_720

ジムダイエットは最強!4つの効果やメリット&最適メニューまとめ

ジムは筋肉アップだけでなく、効果的なダイエットができる設備や環境が整っている場所でもあります。

 

今回はジム通いダイエットの効果2つ、メリット&デメリット、効果的な方法3つ、おすすめのメニュー2つ、注意点を紹介します。

ジム通いダイエットの効果2つ

gym-room-1181822_640

 

ダイエットの成功を目標として掲げている人は多いですが、どのような手段をとるのかについては人によって異なりますね。

 

食事制限をかけていく中でダイエットする人もいれば、運動量を増やしてダイエットする人もいます。

 

 

もちろん、ダイエット効果のある方法は多々ありますが、今回おすすめするのは「ジム通い」です。

 

ジムに定期的に通うことによって、複数のダイエット効果を得ることができます。

 

ここでは、その効果についてご紹介しましょう。

 

 

有酸素運動で脂肪を燃焼!

有酸素運動というと、ランニング等、外で行う運動というイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。

 

室内で行う類の有酸素運動も多々あるのです。

 

ジムには、この有酸素運動を行う環境がしっかりと整っています。

 

 

代表的な器具として挙げられるのが、ランニングマシンです。

 

現代のランニングマシンは、速度調整が可能なことが基本なため、自分のペースに合わせて取り組むことができるというわけですね!

 

 

有酸素運動に取り組むことで、体内の脂肪が燃焼されます。

 

脂肪の多さに悩まされていた人にとって、これは非常に嬉しい効果ですね。

 

 

筋トレで基礎代謝をアップ!

ジムに設置されているのは、有酸素運動マシンだけではありません。

 

筋トレに適した器具も数多く設置されています。

 

アブドミナルやロウアーバック、アブクランチなど、その他色々あります。

 

もちろん、全てのジムで全く同じ設備になっているというわけではありませんが、筋トレができる環境はきちんと整っているでしょう。

 

 

筋トレをして筋肉が増えれば、基礎代謝のアップにもつながります。

 

つまり、痩せやすい身体を作るという点で、ジムはとても役に立つ存在ということですね。

 

 

ダイエット効果だけじゃない!ジム通いのメリット3つ

 

machines-91849_960_720

 

先ほど、ジムに通うことで得られるダイエット効果について説明しました。

 

ダイエット効果は大きなメリットですが、その他にどんなメリットと言えるような効果があるかも知りたいですよね。

 

ここでは、その点について説明します。

 

 

ストレス解消になる!

ジムに行ってどのような時間を過ごすかという点については、人それぞれです。

 

仮に、ジムにランニングマシンしか設置されていないのであれば物足りないですが、色々と器具が揃っている点がジムの特徴でもあります。

 

そのため、取り組む運動を柔軟に変えることもできるのです。

 

 

従って、飽きずに楽しく運動することができるでしょう。

 

運動に取り組む中でストレス解消をすることができれば、それは実に健康的と言えますね。

 

 

運動を習慣づけることができる!

運動で効果を得たいと思ったら、継続が必要になります。

 

しかし、意識しようと思ってもなかなか難しいものですよね。

 

継続できずにダイエットが失敗に終わるケースは膨大にあると思います。

 

 

しかし、ジムに通うために入会した場合、定期的にジムに通うことになります。

 

ジムに行けば運動することになるため、自然と運動が習慣づいていくというわけです。

 

 

もちろん、退会してダイエットを断念してしまうケースもあると思いますが、運動に取り組む生活をキープできる可能性が高いでしょう。

 

 

入会することでサービスを受けられる!

ジムに入会すると、色々なサービスを受けることができます。

 

トレーニングをするにあたって、専門家からのアドバイスを受けることができるというのもサービスの一つです。

 

 

もちろん、そのジムによってサービス内容に違いはありますが、ダイエットするにあたって何らかのアシストを受けられることは確かでしょう。

 

自分1人で目標達成を目指すよりも、誰かと協力しながら目指した方が、より達成しやすいのではないでしょうか。

 

 

ジム通いのデメリット2つ

TAKEBEatamayamanu_TP_V

 

先ほど、ジムに通うことによって得られるメリットについて説明しました。

 

しかし、メリットだけかというと、必ずしもそうではありません。

 

そこで、ここではジム通いのデメリットについて具体的に説明しましょう。

 

 

コストがかかる

ジムに入会すると、確かにそのジムに通う権利が得られますが、全くのタダというわけにはいきません。

 

多少のコストがかかる点がデメリットと言えるでしょう。

 

 

そのコストが家計に大きな影響を与えるようでは、継続したジム通いはできませんね。

 

そのため、ジム選びの際に、コストの面についてはリサーチしておくことをおすすめします。

 

 

通う手間がかかる

自宅の近くにジムがあれば通いやすいですが、そういったケースばかりではありませんね。

 

そのため、ジムに通う手間という点が、場合によってはデメリットになるでしょう。

 

 

電車を使って行く場合はその分電車賃もかかることになるため、その点の負担は前もって踏まえておかなければなりません。

 

 

ジムダイエットでの効果的な方法3つ

 

ookawa160214468579_TP_V

 

ジムに通っても、知識もなしにがむしゃらに運動に取り組むということでは、大きな効果は見込めません。

 

そのため、ジムでダイエットをしようと思ったら、より効果的な方法について知っておく必要があるのです。

 

そうすれば、想定していたよりも短期間で目標を達成することができるかも知れませんね。

 

 

無酸素運動を先に行うことが大事

ジムには、有酸素運動と無酸素運動の両方を行える環境が整っています。

 

筋肉を強化しつつダイエットしたいということであれば、両方の運動に取り組むと良いでしょう。

 

 

問題になるのは、順番です。

 

有酸素運動を先に行うか、無酸素運動を先に行うかという点はとても重要になるのです。

 

 

基本的に、無酸素運動を行うと、成長ホルモンが分泌されるようになります。

 

この成長ホルモンは、脂肪の分解を促すと言われています。

 

従って、ダイエットが目的であれば、無酸素運動の後に有酸素運動を行うことが大切ということですね。

 

 

軽くウエイトトレーニングをするだけでも、十分な無酸素運動になることから、無酸素運動で全てのスタミナを使い果たすことのないようにしましょう。

 

 

筋トレの回数は週3回程度にしておこう

モチベーションが高いことは大事です。

 

そのため、できるだけ多くジムに通いたいという人もいるでしょう。

 

ただし、身体への負担については考慮する必要があります。

 

 

特に、筋トレを一度行うと、その後はしばらく筋肉を休めることが大切です。

 

なぜなら、筋肉組織が回復するまでにはある程度の時間を要するからです。

 

 

そのため、効率よく筋肉を鍛えるためにも、筋トレの回数は多くても週3回程度が良いでしょう。

 

ただ回数をこなせばそれでいいというわけではないのです。

 

 

有酸素運動は高い頻度で行うことが大事

先ほど、筋トレの回数についての説明をしました。

 

しかし、有酸素運動はより積極的に行うと良いでしょう。

 

高い効果を得るためにも、高い頻度で取り組むことが大事なのです。

 

 

ただし、1日当たりの有酸素運動を行う時間が長すぎると、体に大きな負担がかかってしまいますね。

 

そのため、低い頻度で長い時間運動をするのではなく、短い時間でも高い頻度で運動した方が良いというわけです。

 

 

パーソナルトレーナーからのアドバイスを受けよう

ジムに器具はたくさんありますが、あまり経験のない人が全ての器具を完ぺきに使いこなすのは難しいです。

 

また、どの器具を使うのが自分にとって適切かという点も、初めのうちはよくわからないですよね。

 

 

そこで頼りになるのが、パーソナルトレーナーです。

 

パーソナルトレーナーは、トレーニングにかかるアドバイスをしてくれる存在です。

 

そのため、適切にトレーニングを行うためにも、積極的にアドバイスを受けた方が良いでしょう。

 

専門家がいるというのはとても心強いですよね。

 

 

 

ジムでのダイエット方法!おすすめメニュー2つ&メニューの組み方

amaG0I9A8274045134750_TP_V

 

ジムに行き、その時の気分でトレーニングメニューを組むというよりは、前もって確固たるメニューを組んでおいた方が良いでしょう。

 

日によってトレーニングの内容がバラバラということでは、成功しにくいのです。

 

 

もちろん、どんなメニューが自分に合っているかは人によって異なりますが、ここではおすすめのダイエットメニューを紹介します。

 

それぞれ動画も用意しましたので是非参考にしてくださいね!

 

 

ダイエットメニュー①

1.アームカール

2.アブドミナル

3.ラットプルダウン

4.ペックフライ

5.ランニングマシン

 

 

このメニューは、筋トレを重点的に行うものとなっています。

 

まず、アームカールについては、腕の筋肉を鍛えるための器具です。

 

 

 

次に、アブドミナルについては、腹筋を鍛えるための器具です。

 

 

 

次に、ラットプルダウンについては、腕や背筋を鍛えるための器具です。

 

 

 

次に、ペックフライについては、胸筋を鍛えるための器具です。

 

 

 

上記の筋トレメニューの最後は、ランニングマシンで有酸素運動をしましょう。

 

 

ダイエットをする上では、筋肉の強化も重要です。

 

ただし、全体のバランスとして考えた場合、一部分の筋肉だけ鍛えるのは適切とは言えませんね。

 

そのため、色々な部分の筋肉を鍛えることを目的とする上記のメニューは、効果的と言えるのではないでしょうか。

 

 

ダイエットメニュー②

1.スクワット

2.アブドミナル

3.ラットプルダウン

4.ランニングマシン

5.エアロバイク

 

 

①で紹介したメニュー以外の運動について参考動画を紹介します。

 

 

スクワットは下半身の筋肉強化メニューです。

 

 

 

エアロバイクも効率的に有酸素運動ができるマシンです。

 

 

このメニューでは、有酸素運動の項目を1つ増やしています。

 

基本的に、ダイエットを成功させるためには、脂肪を燃焼させていく必要があります。

 

そのため、ランニングマシンやエアロバイクなど、有酸素運動マシンでの運動を積極的に行っていくことで、高い脂肪燃焼効果を得られます。

 

 

また、ランニングマシンだけを長時間行うというのは意外と大変です。

 

だからこそ、長い時間続けやすいエアロバイクも取り入れたというわけです。

 

 

メニューの作成には時間をかけよう

 

ダイエットメニューについて、一度組んだら変えない!という考えでは駄目でしょう。

 

一度試してみた結果、自分に合わないと感じた場合はその都度見直していくと良いでしょう。

 

 

また、組んだメニューをパーソナルトレーナーに見てもらい、アドバイスを受けるというのもアリですね。

 

筋トレ重視がいいのか、減量重視がいいのかによって、メニューの内容も大きく異なってくるのです。

 

大切なことは、目的を明確化させることではないでしょうか。

 

 

ジムダイエットの上では食事も大事!8つのコツをご紹介します!

salad-2487775_960_720

 

ジムダイエット生活を始めていくにあたっては、ジムにおいてどのような筋トレをしていくかだけでなく、どのような食生活を送っていくかということも重要になります。

 

どれだけ適切な筋トレをしたとしても、食生活がめちゃくちゃということでは、いつまで経ってもダイエットはできないでしょう。

 

そのため、ジムでの適切な筋トレ生活とは別に、適切な食生活を送れるよう意識することが大事ですね。

 

そこで、この章では食事面におけるコツをトータルで7つご紹介しましょう。細かく見ていきますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

食事の量についてのコツを3つご紹介!

ここでは、朝昼晩における食事の量についてのコツをご紹介しましょう。3食それぞれ同じ量を食べるのが適切というわけではありませんので、きちんとコツを踏まえておくことが大事です。

 

①朝はなるべくきっちり食べよう!

朝については、1日の始まりを意味しています。そのため、幅広い栄養素をきちんと摂取することが大事になります。「減量中だから朝食も控えめにしないと!」という人や、「朝食は抜きでOK!」という人がいますが、その考え方はむしろ自らの体型を太らせることになってしまうでしょう。

 

なぜなら、仮に夜9時に寝てから昼の12時頃まで何も口にしなかった場合、トータルで15時間食べていないことになります。

 

これでは、空腹状態が長く続きすぎてしまい、「次に口にした食べ物からできるだけエネルギーを吸収するぞ!」という感じで身体が機能してしまうのです。つまり、太りやすい身体になってしまうということですね。

 

朝食を抜く人にとって、これでは本末転倒でしょう。したがって、朝から精力的に活動できるようにするためにも、朝食はきちんと取ることをおすすめします。

 

そもそも、朝食で摂取したカロリーは、朝から夜にかけての活動の中ですべて消費しきってしまうと言われていますよ。

 

 

②昼はある程度自由に食べられる!

昼間についても、それほど制限をかけることなく自由に食べてOKです。というのも、昼頃から消化酵素の働きが活発になり始めることに加え、昼以降も人は活動し続けますので、ある程度の消費カロリーが見込めるからです。

 

そのため、このタイミングで好きなものを食べておくといいでしょう。ただし、食べすぎは禁物です。摂取しすぎたカロリーを適切に消費できなければ、人はどんどん太っていきます。

 

それに、食べ過ぎることでその後の行動がしづらくなってしまいますので、軽やかな行動のためにも食べ過ぎはやめておきましょう。

 

 

③夜は炭水化物抜きのヘルシーなメニューにしておこう!

ダイエット生活をするにあたって大切になるのは、夜の食事です。

 

基本的に、夜にたくさんのカロリーを摂取するのはNGです。なぜなら、夜ご飯の後はカロリー消費量が少ないからです。実際のところ、食事後にテレビを見てそのまま寝てしまうという人もいるでしょう。身体としても、あまり多くのカロリーは必要としていないのです。

 

したがって、炭水化物抜きのヘルシーメニューにしておくことをおすすめします。たとえサラダだけでも、具材が豊富であればある程度の栄養摂取になりますよ。

 

 

食べ方におけるコツを3つご紹介!

ダイエットの成功に向けた食生活においては、食べ方も重要なポイントになります。そこで、ここでは食べ方のコツを3つご紹介しましょう。

 

①よく噛んで食べることが基本!

日頃口に入れる食べ物については、よく噛むことが基本です。

 

よく噛むことによって唾液の分泌が促進されることに加え、満腹中枢が刺激されます。これにより、食べ過ぎを防ぐことができるのです。逆に、早食いの癖がある人は、ついつい食べ過ぎる傾向にありますね。

 

確かに、美味しいものをできるだけ早く口に入れたいという欲求はあるでしょう。しかし、その欲求のままに食べていけば、どんどん太ることにもつながってしまいます。したがって、一口当たり20回くらいは噛むようにしてはいかがでしょうか。

 

 

②最初に生野菜から食べることが大事!

基本的に、食事において最初に食べるものは食物繊維が豊富な生野菜が望ましいです。

 

もし仮に、肉から食べてしまうと、血糖値が急激に上昇してしまいます。これでは身体によくないですので、生野菜から食べることでその急激な上昇を防ぐことが大事です。「野菜炒めでもいいでしょ?」と思う人もいるかもしれませんね。

 

しかし、野菜炒めだと野菜に油が絡むことになりますので、あまりおすすめできません。キャベツやレタスなどの新鮮な生野菜を選んだ方がいいでしょう。

 

 

③一時の食欲で炭水化物ばかりに手が伸びるのは危険!

和食の代表格はお米であり、炊き込みご飯などの美味しいメニューが数多く開発されています。美味しいですよね。

 

しかし、だからと言ってお米のような炭水化物ばかりを食べてしまうのは禁物です。基本的に、炭水化物はほぼ糖分です。そのため、過度に食べ過ぎてしまえば、脂肪の増加につながりますよね。お米の場合はカロリーもそれなりに高いですので、その点をしっかり踏まえておかなければなりません。ただ、最近はカロリーカットのご飯などもありますので、そういったものを活用していくのはアリですね。

 

 

トレーニングの前後における食事のコツを2つご紹介!

食事というのは、朝・昼・晩だけではありません。間食がありますよね。トレーニングの前後においては、栄養の摂取をある程度意識する必要がありますので、ここではその点について具体的にご説明しましょう。

 

①トレーニング前に多少のカロリーを摂取しておこう

空腹状態でいきなりジムでのトレーニングに取り組むことは、とてもリスクの高い行為です。

 

栄養が十分に足りていない状態で長時間のトレーニングをすれば、低血糖症を引き落とすリスクもあります。そのため、最低限の糖分を摂取しておくことをおすすめします。

 

例えば、果物などでもOKです。手っ取り早く食べられる果物と言えば、一つはバナナですね。バナナ程度の摂取でも、運動前の栄養補給としては十分と言っていいでしょう。もちろん、朝食をきちんととるということが前提ですので、その点は踏まえておきましょう。

 

②トレーニング後はタンパク質をメインにきちんと栄養を補給しよう

ジムでのトレーニング後については、身体が栄養を欲している状態です。そのため、ある程度きちんと栄養を補給することをおすすめします。筋肉のことを考えれば、当然たんぱく質をメインにすべきですね。

 

 

ジムダイエットの注意点3つ

gym-307770_960_720

 

ジム通いをすることでダイエットを成功させた人は数多くいます。

 

また、ジムに通うことのメリットは多いですよね。

 

そのため、これまでジムについてよく知らなかったという人は、これを機に関心を持ってみてくださいね!

 

 

ただし、実際に通うにあたり、注意点を踏まえておかなければなりません。

 

そうでないと、ダイエットが成功する確率も低くなってしまうのです。

 

そこで、ここではその注意点を何点か紹介しましょう。

 

 

準備運動とストレッチを取り入れよう

運動においては、まず準備運動が大事というのは常識ですよね。

 

そのため、ジムでトレーニングをする際にも、まず最初に準備運動を行うようにしましょう。

 

 

準備運動を行うことは、ウォーミングアップの意味もあります。

 

また、トレーニング後については、クールダウンが必要です。

 

そのため、ストレッチなどを行うようにしましょう。

 

 

水分補給は必須!

トレーニング中については、当然喉が渇きます。

 

水分を極力控えるという考え方の人もいるようですが、それは誤りです。

 

脱水症状を防ぐためにも、むしろ積極的に水分を補給していきましょう。

 

トレーニングをする中で、体内から多くの水分が抜けてしまうのです。

 

 

カロリー過多に注意しよう

ジムでのトレーニングが終わると、達成感を味わうことになると思います。

 

だからと言って、ご褒美と称してカロリーを多く摂取しすぎるのはNGです。

 

特に、糖質などを多く摂るというのは控えましょう。

 

 

もちろん、栄養の摂取は非常に大切ですが、バランスを考えなければならないのです。

 

カロリー摂取が必要以上であればあるほど、ダイエット成功までの道のりは遠くなりますね。

 

 

 

まとめ

・ジムは筋肉アップだけでなく、効果的なダイエットができる設備や環境が整っている。

・ジム通いダイエットの効果は「有酸素運動で脂肪燃焼」「筋トレで基礎代謝アップ」。

・ジムダイエット生活を始めていくにあたっては、ジムにおいてどのような筋トレをしていくかだけでなく、どのような食生活を送っていくかということも重要。

 

gym-526995_960_720

 

これまで、ジムに通うことで得られるダイエット効果やメリット、さらには具体的な方法やメニューについても説明してきました。

 

ジムというのは、運動をするにあたって適した環境が整っています。

 

そのため、注意点を踏まえつつ、積極的にトレーニングに励むことをオススメします。

 

継続というポイントを意識して頑張りましょう!

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

bc310387f644e9d81dc41408f92becc4_s

アクアビクスダイエットの効果的な動き種類3選!消費カロリーや正しいやり方など総まとめ

スイミングとはまた異なる運動「アクアビクス」はそれほど激しく動く必要が無いにもかかわらず、高いダイエット効果が期待できます。  今

post_15532_smoke

喫煙ダイエットで痩せるは嘘!タバコで太る原因や健康リスクも総まとめ

タバコを吸うと痩せる、そんな噂を信じて喫煙ダイエットをする人が多いのが現状です。  今回は喫煙について、痩せ方や痩せる原因、逆にダ

426c0ca73c689b632eb19f464bde65b1_s

無酸素運動のやり方4種類&脂肪燃焼を効果的にする方法まとめ

ダイエットのために運動するなら脂肪燃焼効果をより高めるために、有酸素運動に加え無酸素運動が欠かせません。  今回は運動の種類と無酸

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-2-300x200

20代男性のダイエット方法!生活・食事・運動・サプリの4分野からまとめてご紹介

男性は20代になると生活が激変し体型が崩れることも多いですが、早めにダイエットに取り組むことで肉体改造に成功する確率が高くなります。 今回は

80a5a94fad8b64c4f0af5fd919d272fc-4-300x200

50代男性のダイエット方法はサプリも活用!確実に痩せる秘訣7選

50代はますます基礎代謝が下がるため体質に合ったダイエットやサポートサプリが必要です。 今回は50代男性のダイエットにおすすめのスポーツ3選

関連する記事②

51MtYhELCEL._UX250_

岡田斗司夫がリバウンド…現在の身長や体重&ダイエットまとめ

ダイエットに取り組んだことが話題になった岡田斗司夫さんですが、残念ながらリバウンドしてしまったんだとか。  今回は岡田斗司夫さんの

アームカール

プリチャーカールのやり方と効果!平均重量や注意点5つも総まとめ

逞しい腕作りに効果的な筋トレの一つに、プリチャーカールがあります。  今回はプリチャーカールの特徴や効く筋肉、3つの効果、正しいや

b_10979299 (1)

バルクアップする食事&トレーニング方法! プロテインやサプリ&筋肉がつく期間も徹底紹介

逞しくなりたい!と願う痩せ気味の男性には「バルクアップ(体重を増やす)」での肉体改造がおすすめです。  今回は筋肉がつく期間、バル

character_eiyou_drink

眠気覚ましドリンク&飲み物おすすめTOP13!配合成分&味も一挙紹介

ここ一番の踏ん張りどころで眠気覚ましに効くドリンクは便利ですが実は様々な種類があり、自分に合った商品を選べばより効果が期待できるはずです。

BO15103059151030595160_TP_V

バックプレスの効果とやり方!重量設定とコツ&3つの注意点など徹底解説

逞しい隆起した肩に鍛えたいと思っている人におススメの筋トレに、バックプレスがあります。  今回はバックプレスで鍛えられる筋肉と効果

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。