KC150711569193_TP_V

短期間ダイエット方法まとめ!1日・3日・1週間で激やせに成功する3種類の手順と注意点を徹底紹介

長期間取り組むのが苦手な方でも始めやすい、1日・3日・1週間で痩せる短期集中型ダイエットが注目されています。

 

今回は短期間ダイエットの効果とメリット・デメリット、おススメダイエット方法3種類の手順・注意点を紹介します。

短期間でも痩せることが可能なダイエット方法がある!

KC150711569193_TP_V

 

ダイエットは、長期間に渡って取り組むとても大変なイメージがありますよね。

 

確かに長いダイエット期間で苦しんだり挫折したりする人も多いです。

 

でも全てのダイエットが長く苦しい訳ではないのです。

 

正しい知識があれば、短期間で簡単に痩せることも可能なのです。

 

長期間のダイエットが苦手な人も、短期間でできる自分に合った方法をみつけることができればスリムな体を手に入れることができます。

 

 

 

短期間のダイエット方法で得られる効果とメリット&デメリット!

KC150711409162_TP_V

 

ダイエットは継続するもの、そういうイメージがありますよね。

 

しかし1週間や1ヶ月、たった1日でも効果を感じられる方法はあります。

 

 

短期間でも痩せる

ダイエットは正しいやり方で行えば、短期間でも十分痩せることは可能です。

 

ただやり方を間違えると、体調をくずしてしまったり、体が危険な状態になってしまうことがあります。

 

短期間のダイエットは、長期的に行うダイエットよりも効果は薄いかもしれません。

 

 

しかしその行動は、必ず自分の身になります。

 

一食抜けば内臓は休まり、代謝効率がアップします。

 

逆に栄養が不足してしまうと、体を壊してしまう可能性もあります。

 

短期間できちんと痩せるには、体調が悪化しない知識をしっかりとつけることが大切なのです。

 

 

短期ダイエットのメリット

短期的なダイエットの最大のメリットは、短い期間で痩せることができることです。

 

長期的なダイエットに取り組もうとしても、ほとんどの人が途中で諦めてしまいます。

 

そのような人たちでも、短期的なダイエットであれば簡単に達成することができます。

 

 

難しい知識が必要ないことも、短期ダイエットの特徴です。

 

もちろん正しいやり方を知っていなければ、効果は実感できないでしょう。

 

しかし長期的なダイエットに比べ、栄養管理が簡単であることは事実です。

 

多少栄養バランスが崩れてしまっても、短期ダイエットが終わってからまた栄養を整えれば体は元気になります。

 

 

長期的なダイエットであれば、栄養バランスをしっかり考えて食事を摂らなければいけません。

 

慢性的に一部の栄養素が足りていない状態が続くと、体の調子が悪くなってしまいます。

 

 

短期ダイエットのデメリット

短期ダイエットをするうえで一番のデメリットは、効果を実感しにくいところです。

 

いくら栄養管理を徹底し、食事を制限したところで、1日や2日ではほとんど体重の変化はありません。

 

もしそのとき体重が減ったとしても、食事をしたり水分を取ると元に戻ってしまうことがほとんどです。

 

しかしダイエットによっては、それでも体に何かしらの影響はあるはずです。

 

 

内臓が綺麗になったり、腸内環境が整えられたり、それに伴いニキビが治ることもあります。

 

ダイエットは長期的に継続するのが基本ですが、短期ダイエットでもそれなりの効果はあるものです。

 

 

短期ダイエットの注意点

短期ダイエットは、やはり食事制限をするものが多いです。

 

食事は人が生きるために必要な糧です。

 

それを制限するということは、体にとって望ましくない場合もあります。

 

 

普段から食べ過ぎの人は、ダイエットで正常に戻ることもあるでしょう。

 

しかし普段からきちんと食事内容を管理している人であれば、無理なダイエットが体に悪影響を及ぼすこともあります。

 

長期的なダイエットでも同じことが言えますが、やはりダイエットについて正しい知識をつけることが重要です。

 

ひと昔前に流行した「りんごダイエット」や「バナナダイエット」のような、栄養バランスを崩すだけの間違った方法は取り入れないようにしましょう。

 

 

 

短期間でのダイエット方法① ファスティング(断食)【1日・3日・1週間お好みで】

2fb93c428647a4d40d6720dda33ec658_s

 

短期ダイエットと言えば、ファスティングです。

 

すべてのダイエット法の中でもっとも健康的で、一番効果が期待できるダイエット法です。

 

もちろんツラさもありますが、やり遂げたあとの達成感は何物にも代え難いものになるでしょう。

 

1日・3日・1週間で痩せたいのであれば、間違いなくファスティングがオススメです。

 

 

ファスティング(断食)とは

ファスティングとは、断食、絶食と同じ意味の食事法です。

 

一定期間すべての食事を断ち、心と体を綺麗にします。

 

 

ファスティングは、世界的にも認められている健康法です。

 

医療大国ドイツでは、昔から「ファスティングで治らない病気は何をしても治らない」と言われているほどです。

 

学会でも、ファスティングが素晴らしい食事法であることが報告されています。

 

 

飽食の国「日本」で断食をするというのは、なかなか機会がないことです。

 

しかし自分の体にとって、非常に有益な体験となることは間違いないでしょう。

 

 

ファスティング(断食)の方法

ファスティングは、ただ食事を我慢するだけではありません。

 

 

食事量を徐々に減らしていき体を慣らす「準備期間」。

 

食事を我慢し、空腹を楽しむ「断食期間」。

 

体を普通の食事に慣らしていく「回復食期間」。

 

この3つの期間を経てファスティングは成功します。

 

 

準備期間では、普段の食事量から少しずつ時間をかけて減らしていきます。

 

そして、なるべくお肉や魚など高タンパク質の食材は避けるようにしましょう。

 

 

断食期間は一切の食事を断ちますが、水分はしっかりと補給するようにします。

 

食材に含まれる水分補給がなくなるので、普段よりも多めに水分補給しましょう。

 

水分補給が遅れると、脱水症状の原因となります。

 

のどが渇く前に、こまめに補給しましょう。

 

 

水分の種類は問いませんが、ジュースなどの甘味料は避け、できれば水や炭酸水などが最適です。

 

お茶やコーヒーも飲めますが、できればノンカフェインやデカフェのお茶・コーヒーを飲むようにしたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、ファスティング中のお酒は厳禁です。

 

糖質の入っていないウィスキーや焼酎も飲まないようにしましょう。

 

 

回復期間は、おかゆなど胃に優しい食事からゆっくりと体を慣らしていきます。

 

ゆっくり味わいながら食事をすることで、以前と同じ量を食べることができなくなっているのがわかるはずです。

 

その量をなるべく維持し、お腹が膨れているにも関わらず食べ過ぎるといったことがないようにしましょう。

 

 

ファスティング(断食)の期間

ファスティングは、非常に短期間で効果が出る食事法です。

 

短期間ですが、準備期間・断食期間・回復食期間をしっかりと意識して計画を立てる必要があります。

 

 

基本的には、すべて同じ日数で行います

 

例えば、断食期間を3日に設定するなら、準備期間や回復食期間にも3日程度かけるようにします。

 

断食期間が1日ならそれぞれ1日、1週間なら準備期間や回復食期間にも1週間の設定をしてください。

 

 

ファスティングは、短期的に行うのに最適な食事法です。

 

もし長期的に行いたいというのであれば、必ず専門家や医師に相談のうえ取り組んでください。

 

世界ではファスティングを修行として、1ヶ月、3ヶ月と行う人もいます。

 

それらは真似をせず、1日~3日程度の断食期間で挑戦することをオススメします。

 

 

ファスティング(断食)の注意点

ファスティングの注意点は二つです。

 

一つは水分補給をしっかりと行うこと。

 

もう一つが準備期間と回復食期間を怠らないことです。

 

 

ファスティングは正しい方法で行うことで、非常に良い効果が期待できる健康法です。

 

特にこの二つの注意点を守り、間違いのないように取り組みましょう。

 

 

 

短期間でのダイエット方法⓶ 置き換えダイエット【1日・3日・1週間できそうなら継続して】

ae24ec8394aed3c13b2101e7ddf544a7_s

 

置き換えダイエットは、誰でも簡単に、そして気軽に取り組めるダイエット方法です。

 

普段行う食事の一部を、栄養バランスを考えて健康的な食品に置き換えるだけで、簡単に痩せることができます。

 

そのやり方や注意点など、ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

置き換えダイエットとは

置き換えダイエットとは、食事の一部を健康的な食品に置き換えるダイエット方法です。

 

主に炭水化物を抜いて、別の何かに置き換えます。

 

満腹感はある程度得られるうえ、太る原因となる炭水化物を抜くことができるのです。

 

自分ではダイエットをしているという感覚は薄く、意外と簡単に痩せることができるのです。

 

 

置き換える食品は様々で、主に栄養補助になる食品が多いです。

 

例えば、青汁や酵素ドリンク、そしてグリーンスムージーなどが有名です。

 

特にこれと言った決まりはなく、糖質の多い食品でなければ問題ありません。

 

 

置き換えダイエットの方法

置き換えダイエットはとても簡単で、食事の一部を置き換えるだけです。

 

取り組むにあたり、まずは「何に」置き換えるかを決めましょう。

 

食品を決めたら、まずは朝食だけ置き換えてみましょう。

 

毎朝ご飯やパンを食べるという人は、それを置き換えるところからスタートです。

 

 

慣れてきたら、夕食の炭水化物を置き換えてみましょう。

 

短期間でも人によっては効果が実感できるはずですが、できそうならそのまま継続します。

 

ファスティングと違い食事はしっかり食べるので、準備期間や回復食期間は必要ありません。

 

 

炭水化物が好きな人には少しツラいかもしれませんが、満腹感も得られるので次第に慣れてくるでしょう。

 

継続するのであればストレスが溜まらないように、週に1日は「置き換えなしの日」を設定してもいいかもしれません。

 

 

置き換えダイエットにおすすめの食品

糖質の多い食品以外なら何でも問題ありません。

 

オススメは自家製のグリーンスムージーです。

 

野菜を皮ごとミキサーにかけるだけなので、簡単に作ることができます。

 

 

市販の青汁や酵素ドリンクも栄養価が高く、置き換えダイエット向きの食品と言えます。

 

よく言われているりんごやバナナは、栄養価が低く、さらに糖質を多く含むためオススメできません。

 

そもそもフルーツ自体、糖質を多く含みますので、置き換えダイエットには不向きの食品となります。

 

 

オススメのグリーンスムージーは、自分で好きな野菜をミキサーにかけるだけで作ることができます。

 

始めに野菜を5㎝角に切って冷凍しておくと、冷凍された野菜をそのままミキサーにかけるだけでいいのでオススメです。

 

野菜の皮や種はそのままミキサーに投入します。

 

ジューサーでは皮や種を潰すことができないので、ミキサーで飲めるぐらいまで潰すことが大事です。

 

基本的には少しだけ水を入れてミキサーにかけますが、飲みやすさを考慮して牛乳や豆乳などを入れても健康的です。

 

糖質の多いジュースなどは避けるようにしましょう。

 

 

置き換えダイエットの期間

置き換えダイエットは、1日から始めることができます。

 

できるなら3日程度試してみて、継続できそうなら1週間、そして1ヶ月とやってみましょう。

 

 

置き換えダイエットも短期間でできるオススメのダイエット法ですが、ファスティングには劣ります。

 

長期的に見てゆっくりとできる人は、ファスティングではなく置き換えダイエットが良いかもしれません。

 

 

置き換えダイエットの注意点

簡単にできる置き換えダイエットにも、注意点はあります。

 

置き換えダイエットにおいて重要なのが、何をどの食品に置き換えるかです。

 

 

置き換えるものは炭水化物、つまり主食のご飯を置き換えましょう

 

重要な栄養源であるお肉や魚などのおかずを置き換えてはいけません。

 

タンパク質やビタミンなど重要な栄養素をしっかりと摂りながら、楽しく置き換えをしていきましょう。

 

 

どの食品に置き換えるかということもとても重要です。

 

先ほども言いましたが、糖質の多い食品は避けるようにしましょう。

 

青汁やグリーンスムージーが苦手な人は野菜スープなどもオススメです。

 

野菜スープの場合加熱処理によりビタミンが破壊されてしまいますので、そのあたりも考えて食事を組み立てていきましょう。

 

 

 

短期間でのダイエット方法③ 糖質制限ダイエット【最低でも1週間】

9e4c99e3cfcb0161b5f5bf2a63b73bf3_s

 

ここ数年で一番注目されているダイエット方法がこちら「糖質制限ダイエット」です。

 

何より「食べて痩せる」という方法が画期的で、日々大勢の人たちが挑戦しています。

 

大注目の「糖質制限ダイエット」とはどのようなダイエット法なのか、そのやり方や注意点をまとめてみました。

 

 

糖質制限ダイエットとは

糖質制限ダイエットとはその名の通り、食事中の糖質を制限して痩せるダイエット法です。

 

人が太るメカニズムは、糖質の取り過ぎだけです。

 

消費するエネルギー量よりも多くの糖質を摂ることで、人は太ってしまいます。

 

逆に言えば、たくさん糖質を摂ってもエネルギーとして消費していれば人は太りません。

 

 

しかしそこまで多くの糖を消費するのは、なかなか大変なことなのです。

 

そこで、そもそも摂取する糖質の量をおさえて、楽に痩せようという考えからこのダイエット法が生まれました。

 

 

糖質制限ダイエットはこれまで、糖質を抑える必要がある糖尿病患者の治療の一環として行われていました。

 

しかしそのメカニズムは痩せる仕組みを的確についており、効果的なダイエット法として広まったのです。

 

 

ちなみに「炭水化物抜きダイエット」「ローカーボダイエット」「炭水化物制限ダイエット」などは、すべて糖質制限と同じダイエット法です。

 

 

糖質とは

そもそも糖質とはどのようなものを指すのでしょうか。

 

「炭水化物」や「糖分」と似ていますが、少し違います。

 

糖質は人のエネルギーとなる成分です。そして、糖質と食物繊維を合わせて炭水化物と呼んでいます。

 

炭水化物は五大栄養素のひとつで、人にとって重要な栄養素です。

 

 

糖質はさらに単糖類や多糖類など、その構成によって分類できます。

 

その中でも、単糖類と二糖類のことを糖類と呼んでいます。

 

つまり糖質の中に糖類が含まれているのであって、糖質=糖類ではないことに注意してください。

 

 

食品のラベルに「糖類0」という表示があっても、「糖質が0ではない」ということです。

 

糖質制限をするなら、糖類と糖質が違うということは意識しておくべきしょう。

 

 

食品表示で言えば、糖質ではなく炭水化物の量が表示されていることが多々あります。

 

ほとんどの食品で炭水化物に含まれる食物繊維の量はごくわずかなので、炭水化物=糖質で計算して問題ありません。

 

 

糖質制限ダイエットの方法

糖質制限ダイエットは、他のダイエット法に比べて少し難易度があがります。

 

なぜなら、1日の糖質量を計算する必要があるからです。

 

糖質を含む食材は意外と多く、野菜などにも大量に含まれていることがあります。

 

 

糖質を完全に摂ってはいけないのではなく、自分で摂取量を定め、それに合わせて食事を選んでいく必要があります。

 

ゆるい糖質制限なら1日150g、少し慣れてきたら100g、きつめの糖質制限をする場合は1日60gを目安に行うと良いでしょう。

 

実に多くの食材に糖質が含まれているので、細かい数値にとらわれず大まかに計算していく適当さも必要かもしれません。

 

 

例えば白ご飯で計算すると、軽く1杯(150g)に含まれる糖質の量は約55gです。

 

きつめの糖質制限だとこれだけで一気に目標摂取量に達してしまいます。

 

反対に、糖質以外は気にせずどんどん食べてかまいません。

 

特にタンパク質は重要なエネルギー源となりますので、しっかりと摂る必要があります。

 

普段の食事以上にタンパク質の摂取に力を入れましょう。

 

 

糖質制限ダイエットの期間

糖質制限ダイエットは1日や3日ではあまり効果が感じられないので、最低でも1週間程度は継続してみましょう。

 

お肉や魚は食べられるので、慣れてくると、とても充実したダイエット生活になります。

 

長期的に糖質制限ダイエットを行う場合、2ヶ月を一区切りとしましょう。

 

それ以上継続して行う場合は、専門家や病院の先生に相談してから行うようにしましょう。

 

 

糖質制限ダイエットの効果

糖質制限ダイエットは、ただ痩せるだけではありません。

 

タンパク質をたくさん摂りますので、体つきが変わってきます。

 

糖質制限ダイエットは痩せるための食事法ではなく、「適正体重に戻す食事法」とも呼ばれています。

 

つまり太っている人は痩せ、痩せている人は太るということです。

 

運動や筋トレと合わせて行うことで、筋肉もついてくるでしょう。

 

そうすると、痩せているのに体重は増えているという結果になることもあります。

 

糖質制限ダイエットでは「体重は増えたけどぽっこりお腹が解消した」というのはよくあることです。

 

 

ただ痩せるだけではない糖質制限ダイエットの効果は、継続すればするほど実感できます。

 

1日や3日などの短期間から実践することはできますが、できるなら1ヶ月程度は継続してみましょう。

 

 

糖質制限ダイエットの注意点

糖質制限ダイエットの大事な注意点は3つです。

 

ひとつは、急激な糖質制限を避けること。

 

始めからいきなり目標を60gなどにしてしまうと、体がその変化に対応できず不調をきたすおそれがあります。

 

初めての場合は特に、徐々に体を慣らしていきましょう。

 

 

ふたつめは、タンパク質の摂取についてです。

 

糖質制限中、タンパク質は重要なエネルギー源です。

 

普段以上にタンパク質の摂取を心がけましょう。

 

おすすめは大豆製品です。納豆や豆腐は上質なタンパク質を摂取できる、優れた食材です。

 

 

最後は、意外な食材に炭水化物が含まれていることです。

 

特に野菜は栄養表示もないため、知らないところで炭水化物を大量に摂ってしまっていることがあります。

 

糖質制限ダイエットにおいて注意したい食材については、次で紹介します。

 

 

糖質制限ダイエットの要注意食材

糖質制限ダイエット中、できれば避けたい「要注意食材」があります。

 

それらは炭水化物を多く含み、ダイエットを失敗に導いてしまいます。

 

 

一番危険な食材が、トウモロコシです。

 

100gあたり約60gが糖質となっています。

 

トウモロコシを使用したコーンスープ、ポップコーン、コーンスターチももちろん要注意食材です。

 

 

他にもニンニクやレンコン、カボチャにも糖質がたくさん含まれています。

 

大根やニンジンなどの根菜系、イモ類にも注意が必要です。

 

他にもトマトや玉ねぎ、ごぼうなど、糖質を多く含んだ野菜はたくさんあります。

 

 

野菜以外では、みりんや料理酒、ケチャップやトマトソースもNG食材です。

 

カレーのルウにも多くの糖質が含まれていますので、ライス抜きのカレーでも食べることはできません。

 

もちろんナンもアウトです。

 

 

糖質制限でオススメの食材

反対に糖質制限中、積極的に食べていきたいオススメの食材もあります。

 

まず一番の基本は、肉・魚・大豆製品です。

 

これらはタンパク質を豊富に含んでいますので、糖質制限中の主食にしてください。

 

最高の組み合わせは肉・卵・チーズです。

 

これでビタミン以外のほとんどの栄養素をカバーできます。

 

 

野菜だと、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜など葉物野菜がオススメです。

 

中でもブロッコリーは糖質が低く、ビタミンや葉酸、食物繊維が豊富に含まれており、糖質制限ダイエットの強い味方です。

 

ちなみにブロッコリーと相性が良いマヨネーズも、糖質がほとんど含まれていないため問題ありません。

 

 

サラダにかけるドレッシングには糖質が含まれていることが多いので、マヨネーズやオリーブオイルを使用するようにしましょう。

 

パンを食べなくなるのであまり使う機会が無くなる、バターもOKです。

 

 

アボカドも意外と低糖質な食材なのでオススメです。

 

フルーツが食べたくなったらベリー系を食べましょう。特にラズベリーは低糖質なので、制限中のおやつにもってこいです。

 

 

 

まとめ

ダイエットは長期的に行うものというイメージがありますが、やり方次第では短期間でも痩せることができます。

 

しかし短期間で痩せた体重は、またすぐに戻ってしまう危険性があります。

 

無理なダイエットを行ってしまうと、リバウンドをしてしまう可能性もあります。

 

短期間だからと言って無理なことはせず、正しいやり方でじっくりダイエットに取り組むようにしましょう。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

13361516_L_diethakka-e1447748219962-300x150

中学生男子のダイエット方法4選!健康的に痩せる10のポイントも徹底解説

中学生でも今や珍しくないダイエット。誤った知識ややり方では将来に悪影響が出てしまうので要注意です。  今回は中学生のダイエットにつ

belly-2354_960_720

楽に痩せられるダイエット方法12&成功のコツ3つを徹底紹介

見た目の良さだけでなく健康のためにもなるダイエットは、コツを意識して正しい方法で行うことが大切です。  今回はダイエットが成功する

ThinkstockPhotos-477568826-500x334

摂取カロリー1日の平均&目安量を守る4つの方法!計算方法も徹底解説

ダイエットには、自分の体が本当に必要としているカロリーの量を知ることが非常に重要です。  今回は摂取カロリーについて、目標設定の重

0954803258c948f21233424a1eb31c4b

高校生のダイエット方法おすすめ9選!成功の3つの基本や4つの注意点も総まとめ

高校生でのダイエットは今や普通のことですが、方法や情報を誤って健康を害するケースが問題になっています。  今回は高校生がダイエット

TC0I9A3087_TP_V

置き換えダイエット食品ランキングTOP8!効果倍増3つの方法も総まとめ

自宅で簡単に、過度な我慢をせずに健康的に痩せられると話題なのが、置き換えダイエットです。  今回は置き換えダイエットにおすすめの食

関連する記事②

e3727d733c31a8ca7443ad17cf6f5341c246fc91_w=666_h=329_t=r_hs=18461f004f93625c4b99d44f1a34352b

元木大介の身長や体重・ダイエットまとめ!スロトレの方法も徹底紹介【画像付き】

元木大介さんですが、ダイエットに取り組んだことが話題になっていましたよね。  この記事では、元木大介さんの身長や体重などの基本情報

150404367836_TP_V4-300x189

お腹痩せダイエットグッズ人気ランキングTOP15!器具の価格や簡単な使い方も紹介

ダイエットしたい部位で常に上位のお腹ですが実はお腹痩せに効くダイエットグッズが多数発売されており金額もお手頃の物もありおすすめです。 &nb

yoga-241612_960_720

ヨガダイエットの効果とやり方!ポーズと3つの注意点も【動画あり】

ヨガはすっかり健康が促進できる運動として浸透していますが、実はダイエットにも効果的であらゆる年代におすすめです。  今回は、ヨガの

news_xlarge_byplayers_201701_09

松村邦洋のライザップ結果!身長と体重30キロ減の現在を総まとめ【画像付き】

松村邦洋さんはライザップの指導のもと健康管理をしているようです。その成果あって少し引き締まった体をしています。  そんな松村邦洋さ

sport-1685828_960_720

脇腹の脂肪の落とし方決定版!男向けダイエット方法7選まとめ

脇腹の脂肪は見た目が悪いだけでなく骨の歪みが影響している場合もあり、早急に改善対策が必要です。 今回は脇腹の脂肪の原因3つと、脇腹の脂肪の落

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。