ThinkstockPhotos-477568826-500x334

摂取カロリー1日の平均&目安量を守る4つの方法!計算方法も徹底解説

ダイエットには、自分の体が本当に必要としているカロリーの量を知ることが非常に重要です。

 

今回は摂取カロリーについて、目標設定の重要性と摂取カロリー計算方法、1日の平均摂取カロリーの目安量を守る方法4つを紹介します。

 

摂取カロリーとは?

 

364q4b0000003eor

 

カロリーなんて気にせずにおいしいものを好きなだけ食べれたら良いのに。

 

そう思うことはありませんか。

 

確かにカロリーという概念さえなければこんなに苦しい思いをしなくて済んだのかもしれません。

 

しかし、摂取カロリーや消費カロリーといった目安があることで、私たちは健康的な食生活を送ることが出来ています。

 

 

そもそも摂取カロリーとは何なのでしょうか。

 

摂取カロリーとは食べ物を食べることによって摂取され、体内に入ってくるエネルギーの事を表しています。

 

食べ物の中でカロリーを持っている栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂肪の3つです。

 

つまり、炭水化物を食べるとき、たんぱく質を食べるとき、脂肪を食べるとき、その時に摂取しているエネルギーは摂取カロリーということになります。

 

ダイエットの時はこのカロリーを記録したり消費カロリーと比較することによって成功率を上げることが出来ます。

 

 

 

摂取カロリーの1日の平均目安量を決めよう!

 

ThinkstockPhotos-482658270-500x334

 

ダイエットで摂取カロリーを目安にするときは、自分が1日でどれほどのカロリーを摂取してもよいのかを決める必要があります。

 

その決めたカロリーを目安に1日の食事の献立を考えたりすることが出来ます。

 

 

ダイエットに成功するには消費カロリーが摂取カロリー上回るようにする必要がありますね。

 

自分の基礎代謝と運動レベルを考えたうえでどれほどのカロリーまでなら摂取できるのか、おおよその値を知ることが出来るでしょう。

 

 

カロリー計算をして痩せようと思うのなら、自分の消費カロリーを知っておく必要があるということです。

 

そのカロリーより少ない摂取カロリーであれば徐々にではあるとしても必ず減量することが出来ます。

 

 

 

目標を決めることで1日の平均摂取カロリー計算ができる!

 

mokuhyo

 

消費カロリーを計算したところで、目標体重や目標の日付となるものを設定し負ければ意味がありません。

 

○月○日までに○kg痩せる!という目標を立てましょう。

 

そうすることで1日の摂取カロリーをどのくらいにすれば目標を達成することが出来るのかを計算して割り出すことが出来ます。

 

 

目標体重の設定と、期間の設定が間違っていれば必ずリバウンドします。

 

それで目標を決める目安となるものは体重の減少量です。

 

人間は今の体重の5%減少すると、飢餓状態であると判断して、栄養素をため込みやすい体になってしまいます。

 

しかし、徐々に減少していくと急激な現象ではないので脳も気づきにくくリバウンドや停滞期などダイエットのリスクを最小限に減らすことが出来ます。

 

そのように目標を決めたうえで摂取カロリーを計算してみましょう。

 

 

 

1日の平均摂取カロリーの目安量の計算方法!

 

dreamstime_s_76892642-e1496969737546

 

摂取カロリーを計算するにはどうすればよいのでしょうか?

 

次の計算式に当てはめてみましょう。

 

摂取カロリー(kcal)=消費カロリー(kcal)-目標減少体重(kg)×7200(kcal)÷目標期間(日)

 

 

例えば1日の消費カロリーが2500kcalの男性が5kg体重を減らしたいと考えたとします。

 

目標期間は1カ月と設定します。

 

この場合の1日の摂取カロリーはいくらでしょうか?

 

この式に当てはめて考えてみましょう。

 

摂取カロリー(kcal)=2500(kcal)-5(kg)×7200(kcal)÷30(日)

 

 

摂取カロリーは1300kcalとなりました。

 

これでは約2分の1の摂取カロリーになっています。

 

健康的なダイエット計画であるとは言えませんね。

 

もう少し目標期間を増やす必要があります。

 

 

このように摂取カロリーは設定した目標が適切かそうでないかについても知る機会となります。

 

 

 

1日に必要な平均摂取カロリーの目安量は何をもとに算出する?

 

7-18

 

1日に必要な摂取カロリーとは何でしょうか。

 

摂取したカロリーで人間はどんな活動をするのでしょうか。

 

 

①基礎代謝

 

まず、基礎代謝が含まれます。

 

これは安静時の時の消費カロリーの事を指しています。

 

何をしていなくても、ただ生きているだけで消費されるカロリーのことです。

 

ですからこの分のカロリーは毎日必ず摂取しなければ命を維持することが出来なくなります。

 

 

②身体活動レベル

 

続けて、身体活動レベルも摂取カロリーを考えるときに必要なものです。

 

1日当たりの総エネルギー消費量を基礎代謝量で割ったものを指しています。

 

 

座っりぱなしなのか、立ちっぱなしなのか、激しい運動を行うかどうか

 

こうした点を考慮して摂取エネルギーを決めることもできます。

 

 

 

1日の平均摂取カロリーの目安量を守る方法4つ!

 

摂取カロリーを計算して、カロリーを調整することで減量するにはどうすればよいのでしょうか。

 

カロリー制限をしてダイエットを成功させるためのポイントを4つご紹介します。

 

 

①カロリーチェックを怠らない

ThinkstockPhotos-477568826-500x334

 

食事の時は必ず、食べる物のカロリーチェックを行いましょう。

 

食品や料理のカロリーを調べるのは、はじめはとても面倒に感じるかもしれません。

 

しかし、自分の摂取してもよいエネルギーを超えないかどうか1食ごとにチェックしなければなりません。

 

 

このようなカロリー感覚が身につけば、自然とカロリーコントロールできるようになり知らないうちに体重が増えるということを避けることが出来ます。

 

外食をすればメニューにカロリーが載っていますし、加工食品には必ずカロリーが記載されています。

 

カロリーの確認をしっかり行いましょう。

 

 

②三食の配分をしっかりする

2247d1ece980ac7f4421816300d9783e_s

 

栄養バランスや、1日の摂取カロリーを考えて、3食の配分をきちんと行いましょう。

 

朝と昼と夜それぞれカロリーを配分します。

 

朝が少なくて夜が多いというパターンは避けてください。できるだけ均等にしましょう。

 

 

合計カロリーが1日の摂取カロリーにかなっていても、1食に偏り過ぎてしまっていては健康的とは言えません。

 

カロリーチェックをする時間がない時などは、スマホで保存しておいて後で調べるという手間を惜しまないようにしましょう。

 

 

③隠れ脂肪に注意する

taisibo-1

 

タンパク質と炭水化物、脂質がエネルギーの素となっています。

 

見た目的にはそれほどボリュームがなくてもかなりカロリーが高いものはたくさんありますよね。

 

それは脂質です。

 

脂質は他の栄養素と比べてかなりカロリーが高く、知らないうちに内臓脂肪がたくさんついてしまいます。

 

摂取カロリーを考えるときには、脂質の怖さも意識しておきましょう。

 

できれば、カロリーをチェックするときに脂質の量もチェックすると良いかもしれません。

 

 

④間食やお酒は避ける

imagesVXYGXF7T

 

間食やアルコールの摂取はできるだけ避けましょう。

 

3食のカロリー管理をしっかりしていても間食やお酒を飲んでいては、簡単にカロリーオーバーしてしまいます。

 

確かに楽しみの一つとして取っておきたい気もしますが、毎日は良くありません。

 

1週間のうち1日か2日だけにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

a3904e5b6d8149ce97ebe4aa97fede9b-e1448929066410

 

自分に必要な1日の摂取カロリーを目安にダイエットを始めましょう。

 

摂取エネルギーは簡単に計算することが出来ます。

 

これまで自分が必要以上にカロリーを摂取していたことに気づくかもしれません。

 

必要なものは必要なだけ適度に摂取するようにしましょう。

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

stretching-154607_960_720

寝る前ストレッチダイエット方法と効果!おすすめのやり方4選も総まとめ

ストレッチは運動前後に行うことが多いですが、寝る前に行うことも非常に効果があります。 今回は寝る前にストレッチを行うメリットとダイ

1256-bodysmell-photo2

キュアーバスタイムダイエット方法と効果6つ!体験者の口コミも徹底紹介

ダイエットアイテム「キュアーバスタイム」はその手軽さとダイエットにとどまらない様々な効果で話題沸騰中です。 今回はキュアーバスタイ

TRTM1944_TP_V

炭水化物1日の摂取量目安と計算方法!太るメカニズムを徹底紹介

炭水化物の1日の摂取量を守り、適切に制限していくことは食事制限ダイエット成功のカギになります。 今回は炭水化物と糖質の違い、食品に

Photos-477568826-620x413

消費カロリー1日の目安量と計算方法&男性の平均を紹介!上げるコツも総まとめ

自分の消費カロリーの目安を正確に理解しているかどうかで、ダイエットが成功するかが決まると言っても過言ではありません。 今回は消費カ

ojisan_kareisyu

加齢臭の原因と対策商品10選!どんな臭い&予防法も徹底解説

中年男性が出す加齢臭は本人が知らないうちに周囲を不快にさせてしまう厄介なもので、早めの対策と予防が大切です。 今回は加齢臭について

関連する記事②

PAK93_eltubokunokuchikusasugi1111_TP_V

口臭の種類&対策サプリ10選!胃などの病気の可能性も

口臭は人間関係に悪影響を及ぼすだけでなく病気のサインの可能性もあり放置するのは良くありません。 今回は口臭の原因の生活習慣、臭いの

TC0I9A3087_TP_V

置き換えダイエット食品ランキングTOP8!効果倍増3つの方法も総まとめ

自宅で簡単に、過度な我慢をせずに健康的に痩せられると話題なのが、置き換えダイエットです。 今回は置き換えダイエットにおすすめの食品

ac-base-knowledge-1200x630

BMIの計算式&理想・標準・平均値を徹底解説!3つの工夫とポイント2つも総まとめ

ダイエットを頑張っている人にとってBMIの値は目標の一つとして有効です。 今回はBMIの基礎知識と4種の体重別の理想BMI値、3つ

sokutei_akuryoku

握力の鍛え方!測り方と平均値&使う筋肉や筋トレ4選を徹底解説

握力を鍛えることは日常生活で役立つ上に他の筋トレのパフォーマンス向上も期待できます。 今回は握力について、正しい測り方、男性の平均

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

肥満の原因4つと悪影響!病気5つの症状と治療法も徹底解説

肥満は見た目が悪いだけではなく将来的な深刻な病気のリスクを考えると、命を縮める病気という見方もできます。 今回は肥満の原因4つ、肥

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「男性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。