http://okyou-justdoit.blog.so-net.ne.jp/2015-12-11

シュラッグの効果とやり方のコツ6つ!肩の筋トレ3種も徹底紹介

逞しい隆起した肩を作れる筋トレ「シュラッグ」はポイントを押さえて正しいフォームで行うことで効果が発揮されます。

 

今回はシュラッグの効果、正しいやり方3種類とポイント、重量設定方法、併せてやりたい筋トレ3選を紹介します。

シュラッグとは?

dreamstime_xs_31124705-1-e1475110543726

 

シュラッグとは肩を鍛えるための筋トレです。

 

肩は他のトレーニング種目をやると自然と鍛えられるので、ある程度のレベルにならないとやる必要はないかもしれません。

 

 

しかし、肩が弱い他の部分に比べて発達が悪い、と思えば取り入れた方が良いでしょう。

 

肩を他の種目と別に鍛えることで発達が促されます。

 

 

 

シュラッグで鍛えられる部位とは?

Strong athletic man showing muscular back

 

シュラッグは肩のトレーニングということを先に説明しましたが、更に具体的に言うと僧帽筋を鍛える種目になります。

 

肩と言うと何となく腕の根元にある三角筋をイメージされる方も多いと思いますが、シュラッグでは三角筋にはほとんど刺激は入りません。

 

主に僧帽筋に刺激が入るので覚えておきましょう。

 

 

僧帽筋は首の根元から背中にかけて広がっている非常に広い筋肉です。

 

簡単におおよその位置を言うと肩が凝ったと言って自分で肩を揉むことがあると思いますが、その時に揉んでいる位置に当たります。

 

この僧帽筋の上部を鍛えるのが「シュラッグ」です。

 

 

動作としてはそれほど難しい動きはしないので、比較的簡単に取り入れることができます。

 

また、単関節種目(アイソレーション系)です。

 

よって、多くの関節を動かさないため怪我の心配も少ないです。

 

 

肩の種目は初心者ではやる方は少ないと思いますが、シュラッグは初心者のうちからできる種目と言えます。

 

 

シュラッグの筋トレで得られる3つの効果!

194

 

シュラッグを行うことで期待できる効果はもちろん逞しい肩を手に入れられることです。

 

僧帽筋上部がある程度鍛えられると、首の根元が隆起して来て、前から見ても盛り上がっているのがわかるようになります。

 

前から見た時に平べったい肩より、隆起している肩の方が男らしく魅力的なのは言うまでもないでしょう。

 

 

また、下に置いてあるものを引っ張り上げる力が強くなります。

 

日常生活でも物を持つのが楽になりますし、スポーツでもパフォーマンスアップが期待されます。

 

特に引く力が必要とされるような柔道、レスリング、ボート競技などには有利に働くでしょう。

 

 

もう一つ、肩を大きく動かす運動をするので、肩こり解消にも効果が期待されます。

 

「肩のトレーニングに力を入れ始めたらあれだけ悩んでいた肩こりをしなくなった」というのはよく聞く話です。

 

 

肩こりは動かさないことによって、流れの悪くなった血流が主な原因と言われていますので、シュラッグをやり始めて肩こりが改善するのは不思議でもなんでもありません。

 

肩こりに悩まされている方は、是非やりたいトレーニングの一つですね。

 

 

 

シュラッグの正しいやり方!3種類の筋トレを紹介

fitness-1882721_960_720

 

それでは具体的にシュラッグのやり方を説明していきます。

 

シュラッグはダンベルとバーベルどちらを使ってもできますので、今回はどちらのやり方も紹介していきます。

 

 

また、バーベルを使ってやる際にはバーベルを体の前にしてやるのが一般的ですが、背中の方にしてやる方法もありますので、合わせて紹介します。

 

背中に手を回して行う「リバースシュラッグ」は通常のシュラッグより僧帽筋の下部に刺激が入ります。(僧帽筋全体で言えば真ん中くらいに刺激が入ります)

 

 

ダンベルをつかってやるシュラッグ

 

①ダンベルを両手で持ちます(手の甲を外側に向ける)

②両手の位置は真横よりやや前の方(スタートポジション)

③肩をすくめて上に持ち上げます

④これ以上持ち上げられないところで1、2秒止めます

⑤ゆっくりとスタートポジションに戻します

 

以上を繰り返すのがダンベルシュラッグになります。

 

 

バーベルを使ってやるシュラッグ(フロントバージョン)

 

①バーベルの重さを調整します

②バーベルを両手で順手で持って真っすぐ立ちます(スタートポジション)

③肩をすくめて上に持ち上げます

④これ以上持ち上げられないところで1、2秒止めます

⑤ゆっくりとスタートポジションに戻します

 

以上がバーベルでやるシュラッグになります。

 

 

バーベルを使ってやるシュラッグ(リバースバージョン)

 

①後ろ向きにバーベルを両手で持つ(手の向きは外に手のひらを向ける)

②肩を脱力して下げる(スタートポジション)

③肩をすくめてバーベルを持ち上げる

④これ以上持ち上げられないところで1、2秒止めます

⑤ゆっくりとスタートポジションに戻します

 

以上がリバースバージョンのシュラッグになります。

 

 

 

シュラッグのやり方のポイント6つ!

無題

 

ポイント① 肩のみで上げる

シュラッグをやる際は肩のみで上げるようにしましょう。

 

重りを持ち上げようとするのではなく、肩をすくめた結果として腕が上がってくるイメージで行います。

 

重くなってくると、膝の曲げ伸ばしの勢いを使って上げがちになりますので、注意が必要です。

 

 

ポイント⓶ 筋肉の収縮を感じるペースで行う

上げきった際にちょっと止めるようなイメージでやると、僧帽筋の収縮が感じられて良いでしょう。

 

そして、下ろす時はゆっくりと下ろします。

 

重力にしたがって落とすように下ろしてしまうと筋肉への刺激がなくなってしまいます。

 

重さを味わうつもりでゆっくりと下ろしてください。

 

 

ポイント③ 肩を回さない

肩をすくめる時に肩を回すようにやらないでください。

 

肩を耳につけるイメージで上げて、そのまま下げます。

 

回すようにやると僧帽筋から負荷が抜けてしまうので注意しましょう。

 

 

ポイント④ 体の位置

体からバーベルやダンベルが離れすぎても、僧帽筋から負荷が逃げてしまいます。

 

体に沿わせるように行うようにしてください。

 

 

ポイント⑤ 道具の選択

シュラッグをバーベルでやる方が良いのか、ダンベルでやる方が良いのか迷う方がいるかもしれません。

 

バーベルの方が重い重量ができますが、ダンベルの方が収縮を強く感じるという方が多いです。

 

しかし、どちらでも同じ効果があるので「しっくりくる方」で良いでしょう。

 

どちらもやってみて好きな方でOKです。

 

両方やる必要はありません。

 

 

ポイント⑥ リバースシュラッグでは肘に注意

リバースバージョンでは肘を曲げて上げてしまう方がよくいますが、肘を曲げてしまうと僧帽筋のトレーニングではなくなってしまいます。

 

フロントでやる時以上に、僧帽筋で上げているイメージを強く持つことが重要です。

 

顎を引いて、しっかりと僧帽筋を使って上げるようにしましょう。

 

 

シュラッグ初心者の重量設定のやり方!【正しいフォームが重要】

201004222029000

 

シュラッグはそれほど動きが複雑ではないため、最初から重い重量でやろうとする方が多いです。

 

僧帽筋は他の種目でも鍛えていることもあり、初めてやるという方でも意外に重い重量でできる人もいるでしょう。

 

 

しかし、最初はやはり正しいフォームをしっかりと体に覚え込ませることが大切です。

 

ですので、自分では軽いかもと思えるくらいの重量設定からスタートしましょう。

 

 

ウェイトトレーニングは重い重量をやるのが目的ではなく、いかに狙った筋肉に刺激を強く入れるかが目的です。

 

正しいフォームでやらないと、狙った筋肉ではない筋肉に負荷が逃げてしまいます。

 

そうなってはいくら重い重量でやっても意味がありませんので、最初が肝心です。

 

 

徐々に重くしていけば、すぐにかなり重い重量で行うことができます。

 

また、やり方がうまくなっていけば、逆に軽い重量でも効かせることができるようになります。

 

最終的には重さはそれほど気にならなくなるはずで、そうなれば上級者と言えるかもしれません。

 

 

ウェイトトレーニングはあくまでも狙った筋肉に刺激が入ればいいのです。

 

重さは二の次、三の次です。

 

もちろん重い重量の方が効きが実感できるという方は重さにこだわってもいいでしょう。

 

要は効果が実感できることが一番重要であることを覚えておいてください。

 

 

 

シュラッグと併せるのがおすすめの肩の筋トレ3選!

shutterstock_390234952-689x460

 

シュラッグは僧帽筋のトレーニングなので、もし時間が許すのであれば「今日は肩の種目だけやる日」というのを作ってみてはいかがでしょうか。

 

肩のトレーニングを集中してやると効果が高いのです。

 

 

肩のトレーニングと言えば、

 

■頭上にバーベルやダンベルを持ち上げる「ショルダープレス」

■ダンベルをほぼ真横に持ち上げる「サイドレイズ」

■ダンベルを下から斜め上に持ち上げる「ダンベルリアレイズ」

 

などがあります。これらを一緒に行うと良いでしょう。

 

 

これらのトレーニングは僧帽筋と言うより、メインは三角筋を鍛える種目になりますが、僧帽筋にも刺激が入ります。

 

つまり、僧帽筋と三角筋の両方を鍛えられるので、迫力のある肩を手に入れることができます。

 

 

他の筋肉に比べて肩のボリュームがないという方はぜひ「肩の日」を作って、シュラッグと先に紹介したその他の肩のトレーニングを一緒に行ってその弱点を克服しましょう。

 

 

 

まとめ

・シュラッグは肩の筋肉である僧帽筋に効果のある筋トレ種目。

・シュラッグのやり方は肩をすくめた結果として腕が持ち上がるイメージで行うと良い。
・シュラッグを行うことで肩こり改善効果も期待できる。

 

2-2bodybuilder-male-image12b-300x200

 

以上が僧帽筋を鍛えることができるシュラッグのまとめになります。

 

カッコイイ肩は男性の象徴とも言えます。

 

肩を鍛えて男性的な魅力をアップさせましょう!

 

 

「自分はそんなに肩は大きくならなくていいし、魅力も感じない…」という方も僧帽筋を鍛えることで肩こりの解消も期待できますので、鍛えて損はありません。

 

シュラッグは非常に簡単ですし、肩こり解消が目的であれば軽いダンベルで十分です。

 

なので、時間がない方も家で行うことができます

 

 

ダンベルがない方もペットボトルに砂を入れたものやゴムチューブでも代用できます。

 

これを機会にやってみてください。

 

きっと効果が実感できるはずです。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

BO15103024151030245753_TP_V

アーノルドプレスの効果とやり方&フォーム!メリットや注意点も紹介

難易度は高くなく初級者も取り組める「アーノルドプレス」は肩の筋肉を効率的に発達させることができるおすすめの筋トレです。  今回はア

BO15103024151030245753_TP_V

サイドレイズのやり方と効果!フォームのコツ4つ&効かない時のアドバイス3つも徹底紹介

迫力のある男らしい肩作りに効果的な筋トレ種目の一つに、サイドレイズがあります。  今回はサイドレイズで鍛えられる筋肉と効果、やり方

deltoid

肩の筋トレ9選!筋肉を鍛えるメリット5つや注意点も徹底解説

肩の筋肉を強化することで、立体的な逆三角形の男らしい上半身に近づくことができます。  今回は肩の筋肉について、4種類の筋肉の位置と

person-812185_960_720

棘下筋の筋トレ&痛み緩和ストレッチ方法まとめ!痛い時は肩が病気の可能性も

棘下筋(きょくかきん)は肩周りの動きに密接な関係があり、鍛えることが大切な部位です。  今回は棘下筋の基礎知識と効果的な筋トレやエ

BO15103036151030364981_TP_V

アウターマッスルの種類と役割&鍛え方や効果 腹筋・三角筋・大殿筋の筋トレまとめ

身体の筋肉は2種類に分類でき、そのうちの一つ「アウターマッスル」を鍛えることで逞しい男らしい体になります。  今回はアウターマッス

関連する記事②

2083906_201612300401856001483075681c

魔裟斗の筋肉が凄い!身長や体重・筋トレ方法まとめ【画像付き】

魔裟斗さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、魔裟斗さんの身長や体重などの基本情報、そして美しい筋肉がわ

EVWLQgGy_1433492113

ダイエット中の朝食の摂り方まとめ!効果を上げる5つの方法も徹底紹介

ダイエット中は朝食を抜く人もいますが、健康的に痩せるには朝食は大切です。  今回は朝食抜きのリスク、朝食のダイエット効果、5つの食

Lionel Messi of FC Barcelona during the Joan Gamper Trophy match between Barcelona and AS Roma on August 5, 2015 at the Camp Nou stadium in Barcelona, Spain.(Photo by VI Images via Getty Images)

メッシの筋肉が凄い!身長や体重・筋トレ・ダイエット方法まとめ【画像付き】

サッカーのメッシさんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、メッシさんの身長や体重などの基本情報、そして美し

194

カロリー制限で痩せない11個の原因!ダイエット成功に導く4つのポイント&2つの筋トレ方法も徹底紹介!

カロリー制限ダイエットをしても痩せない人は原因を知り改善が必要で、さらに筋トレを取り入れると成功に近づけるはずです。  今回は痩せ

normal-5

ワイドスクワットのやり方と4つの効果!最適回数&頻度も徹底解説!

男女ともにおススメな筋トレの一つ、ワイドスクワットは引き締まった内腿を手に入れるのに大変有効です。  今回はワイドスクワットで鍛え

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。