https://smartlog.jp/72566

バックエクステンションのやり方と効果!3つのコツと注意点も徹底紹介

背中に効果的な筋トレの一つ「バックエクステンション」は正しいフォームで行うことが重要です。


今回はバックエクステンションで鍛えられる部位と筋トレ効果2つ、正しいやり方3種類、コツ3つと注意点を紹介します。

バックエクステンションとは?

ct_homeloan_13_tb

 

バックエクステンションとは、英語の「バック(back)=背中」「エクステンション(extension)=伸展」という言葉の組み合わせです。

 

簡単に言うと背中を伸展(伸ばして)鍛える運動になります。(実際は収縮もさせます)

 

器具を使わなくてもできる運動なので知っている方も多いと思います。

 

恐らく学生の頃などは「背筋運動」などと言っていた方が多いのではないでしょうか。

 

 

このバックエクステンション、やったことがある人が多い割には効果に疑問を持っている方も多いのが現状です。

 

なぜなら、きちんとしたやり方を知らないので、どこを鍛えているかわからない人が多いからです。

 

そんなバックエクステンションの、きちんとしたやり方と効果のある部位をじっくり今回は解説していきます。

 

 

 

バックエクステンションで鍛えられる部位&筋トレ効果2つ!

ab-workout

 

バックエクステンションは背中を鍛える運動だと知っていても、具体的に背中のどの部分に効果があるのかを知らない人が多いのではないでしょうか。

 

バックエクステンションは背中の脊柱起立筋を鍛える種目になります。

 

 

「脊柱起立筋ってどこにあるの?」という声が聞こえてきそうなので説明すると、脊柱に沿って存在する筋肉の総称を言います。

 

要するに脊柱起立筋なんて筋肉は実際はなくて、脊柱あたりにある筋肉を総称して脊柱起立筋と言っているわけです。

 

 

もっと簡単に言うと、脊柱起立筋は背中の真ん中(背骨がある部分の両脇)の首からお尻まで走っている筋肉の総称です。

 

構成している筋肉は8つもあります。

 

バックエクステンションはこんなたくさんの筋肉を鍛えられる筋トレなんです。

 

 

では、この脊柱起立筋を鍛えるとどんな良いことがあるのでしょうか。

 

1つ目のメリットは姿勢が良くなるということ。

 

これは背筋を伸ばす時に使うのが脊柱起立筋なので、ここを鍛えることで姿勢が良くなるわけです。

 

猫背の人と背筋が伸びている人、どちらがカッコいいかは言うまでもありませんよね。

 

 

もう1つのメリットは体幹強化です。

 

これにより、あらゆるスポーツのパフォーマンスアップが期待できることでしょう。

 

見た目も良くなり、運動もできるようになるのですから、鍛えない手はありませんよね。

 

 

 

バックエクステンションのやり方3種類!【台なし・台あり・マシン】

 

images1AT7FOD8

 

 

では、バックエステンションのやり方を紹介します。

 

バックエクステンションは何の器材も使わずにやる方法と、専用の台を使ってやる方法と2種類あります。

 

 

台を使ってやるバックエクステンションは「ハイパーエクステンション」と呼ばれることもあります。

 

ジムでバックエクステンションと言えば台を使う場合も多いので、一緒に紹介しておきます。

 

また、ジムによってはバックエクステンション専用マシンもあるので、そちらの動画も紹介しておきましょう。

 

 

マシンなしでのバックエクステンション

 

 

①うつ伏せに寝ころぶ

②手は横に少し広げて置いておくか頭の後ろに組む

③上半身を徐々に反らしていく

④ゆっくりと戻す

 

以上をゆっくりと繰り返してください。

 

初心者であれば1日10回を3セットもやれば十分でしょう。

 

 

専用台を使ってのバックエクステンション

 

①バックエクステンション専用の台の足を置く場所に足を置き、太ももを置く位置に太ももをそれぞれ置く

②体は真っすぐにして手を前に組む(スタートポジション)

③腰だけを折り曲げる

④45度ほど折り曲げたらスタートポジションに戻る

 

以上を繰り返すのが、専用台を使ったバックエクステンションになります。

 

 

負荷が軽い場合はバーベル用のプレートを抱えてやると負荷が増しますので、負荷が足りないと思った方はやっても良いでしょう。

 

きちんとやれば1セット10回~15回で十分です。3セット行ってください。

 

20回以上余裕でできるならプレートを持つことを考えましょう。

 

 

専用マシンでのバックエクステンション

 

①バックエクステンションマシンに座る

②重量の調整

③スタート位置の調整

④背中を伸ばす力で後ろに倒す

 

以上を繰り返します。

 

 

重さが簡単に調整できるので、ジムにこのマシンがあればこのやり方が最も手軽です。

 

重さを調整できるので10回~15回程度やれる重さに調整して3セットを行ってください。

 

 

バックエクステンションのやり方のコツ3つ!

e560c83b90620c435f7e7b5dba6db482_s

 

バックエクステンションは素早くやると反動でどんどんできてしまうので、ゆっくりと行うことがポイントになります。

 

また、戻す時もゆっくりとやってください。

 

反る時だけ力を入れて戻す時は脱力する方が多いですが、それでは効果が半減してしまいます。

 

 

バックエクステンションは脊柱起立筋を鍛える種目であることを忘れないようにしてください。

 

その部分が収縮しているかどうかは重要ですので、やっている間も脊柱起立筋が収縮しているかどうか頭の片隅に置いて行うようにしてください。

 

これは他の筋トレでも同じです。

 

ターゲットの筋肉がきちんと収縮しているか意識して筋トレすることが最も重要です。

 

 

ちなみに専用マシンで行う際に、脚で力強く押す動作で後ろに倒れる方がいます。

 

更にちょっと倒れたら体重をかけて倒れ込む方もいます。

 

しかし、バックエクステンションは脊柱起立筋の筋トレなので、そのやり方ではターゲットの筋肉に刺激が行きません。

 

きちんと背中を伸縮させるイメージでやるよう気を付けてください。

 

 

 

バックエクステンションのやり方の注意点!

 

imagesEISC3MU1

 

腰を反らしすぎると腰痛の原因になりますので、反らしすぎはいけません。

 

痛みが出るくらいに反らすのはやめましょう。

 

特に専用台を使ってやるバックエクステンションは、腰を反らそうと思えばかなり反らすことができてしまうので注意が必要です。

 

あくまで戻すのはスタートポジションまでにしてください。

 

この位置で十分背中に効くはずです。

 

 

もし、効いていないのであれば、負荷が弱すぎるという可能性も考えられます。

 

プレートを抱えてやる方法も検討してみてください。

 

 

自宅でのトレーニングのため負荷を加えるのが難しい場合もありますね。

 

その場合は仕方がありませんので最終手段として回数を増やしてもいいでしょう。

 

 

 

まとめ

・バックエクステンションは主に脊柱起立筋に効果のある筋トレ種目。

・バックエクステンションのやり方は専用台を使う方法、マシンを使う方法、何もなしでやる方法と3つある。

・バックエクステンションは腰を反らしすぎると腰痛の原因になるので注意すること。

 

028901d880407c9b00f7e7e8dbf10d70_s

 

以上がバックエクステンションの説明になります。

 

家で手軽にできるので、明日からと言わず今日からやってみてはいかがでしょうか。

 

背中は意外に見られているものです。

 

カッコイイ男は自分では見ることができない背中こそ鍛えるものです。

 

腰痛にならないように無理せず頑張ってください!

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

reverse-plank-e1455592853308

広背筋に効果的!リバースプランクのやり方と応用2種類&コツ&注意点まとめ【動画付き】

通常のプランクの逆バージョンのリバースプランクは広背筋をはじめ、全身を鍛えるのに効果抜群です。  今回は広背筋を鍛えるメリットと、

man-461195_960_720

広背筋の鍛え方!筋トレ後の痛み解消ストレッチ3種類も総まとめ

男らしい逞しい背中を作るためには、広背筋の筋トレが最も効果的だと言われています。  今回は広背筋の基礎知識と、鍛えるメリット4つ、

https://smartlog.jp/34851/2

ラットプルダウンのやり方4種類と効果まとめ!懸垂との違いも徹底紹介

背中に効く筋トレ「ラットプルダウン」は種類も豊富で自分の目的に合った効果が得られる種類をきちんと選ぶ必要があります。  今回はラッ

gym-592899_960_720

トップサイドデッドリフトの効果&やり方とフォーム!おすすめサポート商品も紹介

「トップサイドデッドリフト」はデッドリフトの1つで、簡単な動きながら高い筋トレ効果が望める種目です。  今回はトップサイドデッドリ

背中 腕

ワンハンドローイングの効果とやり方!4つのコツや注意点も徹底解説

背中の筋力アップに効果的な筋トレ「ワンハンドローイング」はダンベルで行うメリットが大きい、初心者にもおすすめの種目です。  今回は

関連する記事②

PAKU6397_TP_V

タンパク質の1日の摂取量!筋肉増強効果や摂り過ぎの危険性も徹底解説

筋肉増強やダイエット成功にはタンパク質の適切な摂取が非常に重要です。 今回はタンパク質の摂り過ぎによる危険性やデメリット、1日の摂取量の目安

http://kintorecamp.com/narrow-push-up/

プッシュアップの効果と6種類のやり方!できない人向けの方法も徹底解説

自宅でできる筋トレであるプッシュアップはやり方が数種類あり、効果や刺激も異なります。  今回はプッシュアップで鍛えられる筋肉と3つ

dreamstime_s_33970900-1-e1475540298828

下半身の筋肉&筋トレ10選!メニューの組み方&ポイントも一挙紹介

下半身の筋トレはきつい種目が多いですが、実はその効果は下半身だけでなく全身に及ぶためとても効率的な筋トレと言えます。  今回は下半

samu3-2img-71295_870B

レッグカールの効果3つ&やり方2種類まとめ!上級者向けのコツも徹底紹介

筋トレを怠りがちな部位でもある太ももの裏側の筋肉、ハムストリングの強化に「レッグカール」は非常におすすめの筋トレです。  今回はレ

man-1806143_960_720

フレンチプレスは腕の筋トレ!効果とやり方3種類・注意点も徹底解説

腕の筋力アップにフレンチプレスという筋トレが非常に効果的だと言われています。  今回はフレンチプレスで得られる効果と正しいやり方3

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。