eeb9c5d35bf0f86b4b3d029937625eeb_s

シシースクワットの効果とやり方を動画付きで解説!最適回数&頻度も総まとめ

足に非常に高い負荷をかけられる、効果的な筋トレの一つに、シシースクワットがあります。

 

今回はシシースクワットについて、鍛えられる筋肉を通常のスクワットと比較、得られる効果、正しいやり方、最適な回数と頻度を紹介します。

シシースクワットとは?

how-to-do-it

 

シシースクワットとちょっと聞いただけではどんなトレーニングか想像もつかないと思いますが、何となく「スクワット」なので足を曲げ伸ばしして足を鍛えるトレーニングであることは想像できるでしょう。

 

では、「シシー」とは何でしょうか?

 

シシーは英語で「Sissy」と書くのですが、意味としては「女々しい、弱弱しい」などと言う意味になります。

 

弱弱しいスクワット!?何となく見た目からそう名前がついたのでしょうか?

 

確かに一見やっている人を見ると弱弱しく見えるかもしれません。

 

ただし、それはあくまで見た目だけの話です。

 

やってみるとそんな考えは吹っ飛ぶでしょう。

 

それくらい強烈な負荷があるスクワットなのです。

 

自重トレーニングではもっとも辛い種目の一つと言っても良いかもしれません。 

 

 

 

シシースクワットで効果のある筋肉!

deltoid

 

シシースクワットはスクワットと言うだけあって下半身のトレーニングです。

 

ただし、通常のスクワットが下半身全体(太ももの前後の筋肉である大腿四頭筋とハムストリング、お尻の筋肉である大臀筋、脊柱起立筋など)の筋肉に刺激が入るのに比べて、シシースクワットは負荷の大部分が大腿四頭筋に集中します。

 

当然負荷が集中するので大腿四頭筋に強烈な負荷を感じることになります。

 

おそらく初心者の人は1回もきちんとしたフォームでできないでしょう。

 

それくらいに強烈な負荷です。(自重で行うトレーニングなので自分の体重にもよりますが)

 

 

なので、トレーニングのレベルとしては中級者以上のトレーニングと言えます。

 

通常のスクワットで十分な負荷を感じている人はシシースクワットをやる必要はありません。

 

やっても1回もまともにできないため意味があまりないからです。

 

まずは他の種目で足を鍛えてから再度チャレンジしましょう。

 

 

中級者以上で大腿四頭筋に集中して負荷をかけたい時などにはとても良い種目と言えます。

 

なお、通常のスクワットだと腰が痛くてできないという人も、このシシースクワットならできることが多いので、そういう方もチャレンジしてみてください。

 

 

 

シシースクワットで期待できる効果

10-4-6

 

シシースクワットは先に説明したように、ほとんどの刺激が大腿四頭筋に集中するので、大腿四頭筋を鍛えたいという時に行う種目です。

 

大腿四頭筋が鍛えられることで太ももが引き締まり、綺麗な形になるので、正面から見た足がかっこよくなります。

 

 

また、大腿四頭筋は非常に大きな筋肉のためこの筋肉が大きくなると基礎代謝がかなりアップするため、太りにくい体になるでしょう。

 

 

さらに、下半身が安定することで他の筋トレ種目にも好影響が出ます。

 

例えば、ベンチプレスなどは足を使っていないように見えますが、実は足の力も関与しています。

 

このように、下半身が安定するとあらゆる種目の重量がアップする可能性が高いのです。

 

そうすれば当然全身の筋肉がつきますので、メリットは大きいと言えます。

 

 

 

シシースクワットの正しいやり方!

http://kintorecamp.com/jumping-squat/

 

それではシシースクワットの正しいやり方をご紹介します。

 

最初はバランスが取るのがなかなか難しい種目なのでうまくできないと思いますが、何度かやっていくうちにコツがわかってきますので、是非チャレンジしてみてください。

 

ただし、先に説明したように負荷の高い種目ですから、中級者以上でないと何度トライしてもできない可能性が高いです。

 

トレーニングをやり始めたばかりという方はまずは通常のスクワットをやって下半身を鍛えましょう。

 

 

①安定しないのでどこか柱などを片手で掴む

②両足でつま先立ちになり膝を少し前に出す

③背中は真っすぐにしたまま膝を前にさらに出しつつ曲げていく

④膝が床につく前に元に戻す

⑤完全に元に戻す手前で再度膝を曲げていく

 

以上を繰り返すのがシシースクワットになります。

 

 

ポイントとしてはつま先立ちになること、背中を真っすぐにしたまま膝だけを曲げて体を上下することです。

 

シシースクワットは短関節種目(一つの関節しか動かさない種目)の一つなので、膝以外は動かさないようにすることが重要です。

 

関節を動かすと他の部位に刺激がうつってしまいます。

 

 

動画では簡単にやっていますが、実際はかなりバランスは不安定になりますし、負荷も高いです。

 

できない場合は片手ではなく、両手でどこかで持ってやるようにしましょう。

 

両手でどこかを持つことができればだいぶ安定しますのでやりやすいです。

 

 

 

シシースクワットの最適回数と効果的な頻度!

http://nikulog.hatenablog.jp/entry/2015/10/12/165357

 

シシースクワットは回数としては10回と言いたいところですが、10回やるのはかなり至難の業でしょう。

 

中級者以上の方でも最初は10回やれないかもしれません。(自分の体重にもよりますが)

 

目標を10回として、できるだけその回数に近づけるように頑張りましょう。

 

最初はバランスを取るのに精一杯で10回できなかったとしてもそのうち10回くらいはできるようになるはずです。

 

 

10回できるようになったらセット数を増やしていきましょう。

 

最終的に3セットをやれば十分オールアウトできるはずです。

 

もし、10回×3セットが余裕になってきたらスピードをゆっくりにしてみたり、膝を曲げる角度を調整して、できる限り辛い方法でやるようにしましょう。

 

また、それでも余裕がある人は通常のスクワットをやった後に行うとか、疲れた状態でやってみましょう。

 

そうすることでシシースクワットを終わった頃には立てないくらいにオールアウトできるはずです。

 

頻度としては週1回もやれば十分でしょう。

 

まとめ

・シシースクワットは大腿四頭筋には非常に効果が高い自重の筋トレ種目。

・シシースクワットのやり方は体を真っすぐにして膝以外は動かさないようにして行う。

・シシースクワットの回数は10回を目標として、頻度は週に1度。

 

https://jp.123rf.com/photo_24005643_stock-photo.html

 

いかがでしたでしょうか。

 

シシースクワット興味が湧いてきましたか?

 

トレーニングが好きな人なら挑戦してみたくなったのではないでしょうか。

 

是非次の足のトレーニングをする日に取り入れてみてください。

 

 

負荷も強いですし、新しい刺激なのできっと大腿四頭筋が発達すると思います。

 

自宅のトレーニーの方も足の仕上げはシシースクワットで決まりですね!

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

ab-workout

ヒップレイズの正しいやり方!効果を出すポイント2つ【参考動画あり】

腹筋に効く筋トレの種類は非常に多い中で、「ヒップレイズ」はぽっこりお腹解消に特に効果的なおすすめの種目です。  今回は、ヒップレイ

shutterstock_44216944-689x460

アダクションの筋トレ効果とやり方!マシン・自重別の方法&2つのコツや注意点も総まとめ

引き締まった内ももを手に入れるには、アダクションが効果的な筋トレです。  今回はアダクションで鍛えられる筋肉とその効果、マシンと自

leg-1656131_960_720

前脛骨筋の筋トレ2選!筋肉の痛みをほぐすストレッチ法も徹底解説

前脛骨筋はマイナーなかもしれませんが、実は私たちの日常生活の動きに欠かせない筋肉の一つです。  そこで今回は前脛骨筋の位置と役割、

無題

シットアップとクランチの違い!正しいやり方&効果のある部位を徹底紹介【参考動画あり】

引き締まった腰回りやお尻、そして腹筋が割れたかっこいいお腹には腹筋運動が最も効果的だと言われています。  今回は腹筋の筋トレ「シッ

team-building-1381094_960_720

下腿三頭筋の筋トレ2選!ストレッチや痛みの原因も徹底解説

下腿三頭筋を使って行動する場合に必要不可欠な筋肉で、鍛えることでよりスムーズな動きが期待できます。  今回は下腿三頭筋の位置と役割

関連する記事②

7EA893F5-2691-4693-9A7D-CE7F9E8010A1

スクワットの腹筋効果&割れる方法まとめ!レベル別の正しいやり方や注意点も解説

スクワットと聞くと多くの人は下半身のトレーニングというイメージですが実は腹筋が割れる効果も期待できるんです。  今回はスクワットの

four-of-stress-method-of-man-to-work03_R

膝サポーターのおすすめ人気商品12!効果と巻き方もまとめ【動画付き】

膝のサポーターと言うとスポーツ選手がケガをしながら試合をしているイメージがありますが、実は膝サポーターは怪我予防や生活の質の改善にも効果的で

HONDA_Keisuke_660x300

本田圭佑の筋肉の秘訣!身長や体重&筋トレとダイエット方法まとめ【画像付き】

サッカー本田圭佑さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、本田圭佑さんの身長や体重などの基本情報、そして美

BO15103009151030095440-thumb-autox1600-19942

胸板を厚くする方法!筋トレおすすめ7選【ダンベル&チューブ&道具無し】

多くの男性が夢見るたくましく厚い胸板を作るためには、筋トレの適切なチョイスと食事が重要です。  今回は胸板を厚くする方法として、食

https://smartlog.jp/34851/2

ラットプルダウンのやり方4種類と効果まとめ!懸垂との違いも徹底紹介

背中に効く筋トレ「ラットプルダウン」は種類も豊富で自分の目的に合った効果が得られる種類をきちんと選ぶ必要があります。  今回はラッ

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。