http://sixpack.jp/2013/08/29/45.html

シングルレッグスクワットのやり方と効果!最適回数&頻度も徹底解説

両足で行うスクワットよりもさらに効果が期待でき上級者まで満足できる筋トレ種目にシングルレッグスクワットがあります。

 

今回はシングルレッグスクワットで鍛えられる筋肉と得られる5つの効果、正しいやり方と最適回数や頻度を紹介します。

シングルレッグスクワットとは?

question-marks-2215_960_720

 

シングルスクワットは文字通り「シングル=片足一本」で行うスクワットのことです。

 

片足でスクワットなんてできるの?と思う方も多いでしょうが、やり方をきちんと守ればある程度の筋力があれば誰でもできます。

 

 

当然両足で行うスクワットより強度は強めですが、逆に言えば自重でやる場合、両足でやっているとすぐに物足りなくなってしまいます。

 

しかしシングルレッグスクワットであれば、かなりのレベルになっても物足りなくなることはないでしょう。

 

出張先などでジムに行きたくても行けないような状況になった時に覚えておくとホテルなどでも行える筋トレ種目の一つなので、是非覚えておきましょう。

 

もちろんジムに行かずに自宅でトレーニングを常に行っている人にもおすすめの種目になります。

 

 

シングルレッグスクワットで効果のある筋肉

http://nikulog.hatenablog.jp/entry/2015/10/12/165357

 

シングルレッグスクワットで鍛えられる筋肉は「大腿四頭筋」「ハムストリング」がメインになります。

 

大腿四頭筋は太ももの前面で、ハムストリングは太ももの後ろ側になります。

 

これは両足で行うスクワットと同じなのですが、負荷は両足で行う時より強力です。

 

単純計算で片足でやっている分、倍以上の負荷になるのです。

 

 

また、シングルレッグスクワットは片足で全体重を支えないといけません。

 

その分バランスが取りにくく、そのバランスを保つために体幹にも力がかなり入りますので、体幹トレーニングにもなります。

 

足を鍛えるためにやったのに体幹が引き締まってきたということもあるかもしれません。

 

さらに大臀筋(お尻の筋肉)にも刺激が入りますので、お尻の筋肉を鍛えたい人にも良いトレーニングとなります。

 

 

 

シングルレッグスクワットで期待できる効果5つ!

2

 

シングルレッグスクワットは太ももの裏と表(大腿四頭筋とハムストリング)を鍛えることによって太ももを引き締める効果があります。

 

それと同時に大臀筋を鍛えることによってヒップアップの効果が期待できます。

 

 

また、前述したように体幹にもかなり力を入れて行いますので、体幹(お腹のあたり)が引っ込んでくるという嬉しい効果もあります。

 

 

下半身が強化されることによってスポーツのパフォーマンスアップが期待できます。

 

下半身が強くなることによって走る、跳ぶだけでなく、コンタクトスポーツでは接触した時に当たり負けしないなどのメリットがたくさん期待できます。

 

 

そして、ほとんどの人は両足スクワットしかやったことがないでしょう。

 

両足でスクワットをしている人がシングルレッグスクワットを行うと、体としては新たな刺激となります。

 

発達が停滞気味だった人も更なる筋肉の発達が見込めます。

 

筋肉は同じ動作ばかりしていると必要最低限の力しか出さなくなってしまいます。

 

これは体は常にできるだけカロリーの消費を抑えて効率的な動きをしようとする本能があるからです。

 

(同じ動きなら本来はエネルギーは抑えた方が本来はエネルギーのロスがなくて良いですから)

 

 

なので、同じ部位を鍛えるのでも同じ運動ばかりしていると筋肉は発達しなくなってくるのです。

 

「脚のトレーニングならスクワットをやってるから他の種目には興味ない」ではなく、シングルレッグスクワットも筋トレ種目の一つとして取り入れてみてください。

 

劇的な効果があるかもしれません。

 

 

 

シングルレッグスクワットの正しいやり方!

http://pumpup.mods.jp/training-menu/biceps

 

それではシングルレッグスクワットの正しいやり方をご紹介します。

 

動作自体はそれほど複雑ではありません。

 

しかし最初はバランスを取るのが難しいですし、負荷も両足で行うのに比べて強いので最初はできなくても落ち込む必要はありません。

 

何度かチャレンジしていくうちにバランスを取るコツがわかってくるはずです。

 

 

①ベンチ台などに片足を乗せる(膝を後ろに曲げて乗せる)

②背筋を伸ばしてベンチに乗せていない方の膝を曲げていく

③膝を90度程度曲げたら元に戻す

 

以上を繰り返しやっていきます。

 

 

当然鍛えるのは前に出ていて膝を曲げている足なので、終わったら次に足を変えてやってください。

 

ちなみに動画ではダンベルを持って行っていますが、ダンベルを持つのは慣れて来てからにしましょう。

 

最初は何も持たなくて大丈夫です。

 

 

また、このやり方に慣れた人はベンチ台無しで、片足を前に出して行うシングルレッグスクワットもあります。

 

片足を前に出して伸ばしたままスクワットを行うのですが、かなりバランスが取りにくいのでほとんどの人は膝を深く曲げることができません。

 

足を台に乗せて行うスクワットに慣れてきて刺激が少ないと感じたら、一度挑戦してみてください。

 

 

 

シングルレッグスクワットの最適回数や頻度!

http://www.line-tatsujin.com/list_t/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC/popular_1.html

 

シングルレッグスクワットの回数と頻度がどれくらいが適切でしょうか。

 

回数は初心者であればおそらく10回もやればかなり辛くて膝の曲げも浅くなってしまうでしょうから、10回を3セットきちんとできるのをまずは目標にしましょう。

 

あくまでもきちんと膝を曲げて深く体を下ろせる状態になったことを確認しながらで10回です。

 

 

中級者クラスになると自重で10回だと物足りなくなっているはずです。

 

なので紹介した動画のようにダンベルを持ってやることをおすすめします。

 

ダンベルの重さは人によって異なりますが、こちらも10回~12回程度できる重さに設定して行ってください。

 

セット数は3セットやりましょう。

 

 

行う頻度ですが、週に2回もやれば十分でしょう。

 

それで十分に筋肉は発達します。

 

足のトレーニングは非常に負荷が強く辛いため、行うと筋肉痛でそれくらいの頻度でないとできないと思います。

 

筋肉痛にならなくて、それ以上の頻度でもできる人もいるかもしれませんが、その場合は頻度を増やすのではなく、負荷を増やしてください。

 

持つダンベルを重くするでも良いですし、台を使わないシングルレッグスクワットを行うなど工夫をしましょう。

 

 

 

まとめ

http://www.fit-a.jp/

 

いかがでしたでしょうか。

 

シングルレッグスクワットは効率的に足を鍛えることができる筋トレ種目です。

 

今まで両足でしか行ってこなかったスクワットを片足で行うことで新たな刺激を足に与えることができます。

 

自宅でも簡単にできるので是非やってみてください。

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

dreamstime_s_33970900-1-e1475540298828

下半身の筋肉&筋トレ10選!メニューの組み方&ポイントも一挙紹介

下半身の筋トレはきつい種目が多いですが、実はその効果は下半身だけでなく全身に及ぶためとても効率的な筋トレと言えます。 今回は下半身

http://diet-tv.net/articles/foot-diet

スクワット効果と正しいやり方!フォームの注意点も徹底解説【参考動画あり】

非常に有名な筋トレ「スクワット」の効果は幅広く、筋力アップは勿論ダイエットや健康効果も期待できます。  今回はスクワットで効果のあ

man-872100_960_720

腓腹筋の筋トレ2選!痛みをほぐすストレッチ2選も総まとめ

腓腹筋は私たち人間が普段の生活を行う上で常に使っている筋肉の一つで、鍛えることは大変有意義です。 今回は腓腹筋の位置と役割、効果的

middle_5cdca1d4-1384-4399-b566-9673e3879e40

バックスクワットのやり方と効果!フロントスクワットとの違いも徹底解説

スクワットには多くの種類があり各々やり方や効果が異なるので自分の鍛えたい部位に合ったスクワットを選ぶ必要があります。 今回はバック

imasia_3273940_M

カーフレイズのやり方と効果!最適回数と重量設定方法も総まとめ

ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに効果的な筋トレ種目がカーフレイズです。 今回はカーフレイズで鍛えられる筋肉と効果、2種類のやり方の効果

関連する記事②

BO15103036151030364981_TP_V

アウターマッスルの種類と役割&鍛え方や効果!腹筋・三角筋・大殿筋の筋トレまとめ

身体の筋肉は2種類に分類でき、そのうちの一つ「アウターマッスル」を鍛えることで逞しい男らしい体になります。 今回はアウターマッスル

legs-1574404_960_720

大腿直筋の筋トレ4選&ストレッチ法!肉離れの痛み治療法&予防策も徹底解説

大腿直筋は足を動かす上で常に動く筋肉ですので日常的に鍛えたりケアしておくことが大切です。 今回は大腿直筋の位置と役割、おすすめの筋

デッドリフト

デッドリフトの平均重量&最適回数!負担が軽いハーフデッドリフトも徹底紹介

デッドリフトは筋トレビッグ3と言われる人気の種目で、自分に合った重量や回数を行うことでより効率的・効果的になります。 今回はデッド

レッグプレス

レッグプレスの効果とやり方2種類!スクワットとの違いも徹底紹介

脚を効率的に鍛えられ初心者にも取り組みやすい筋トレ「レッグプレス」ですが、注意点を守ってやることが大切です。 今回はレッグプレスの

619drPX3yuL._SL1020_

プッシュアップバーの効果と使い方3選!おすすめ商品2つも徹底紹介

プッシュアップバーを使ってのトレーニングは器具なしに比べてさらに効果アップが期待できるのでおすすめです。 今回はプッシュアップバー

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「男性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。