BO15103037151030375166_TP_V

スティッフレッグドデッドリフトの効果&2種類のやり方とフォーム!注意点も紹介

「スティッフレッグドデッドリフト」というややこしい名前の反面、実は初心者にもおすすめの筋トレ種目で高い効果が期待できます。

 

今回はスティッフレッグデットリフトの効果、2種類の正しいやり方とフォーム、注意点を紹介します。

スティッフレッグドデッドリフトとは?

question-marks-2215_960_720

 

数あるウエイトトレーニングの中で、あえて「スティッフレッグドデッドリフト」に取り組もうとする初心者の方はあまりいないでしょう。

 

しかし、とても効果的な筋トレ法ですので、これを機に関心を持っていただければと思います。

 

この章では、特徴について簡単に説明しましょう。

 

 

バーベルを使って取り組む筋トレ!

この筋トレの場合、バーベルという器具を使って行うことが基本です。

 

そのため、ジムなどで取り組む人が多いでしょう。

 

しかしダンベルでも可能ですので、後ほどそちらのやり方についても説明しましょう。

 

 

デッドリフトのバリエーションの1つ!

ウエイトトレーニングの種類は膨大にあり、その一つがデッドリフトです。

 

バーベルを使って行う筋トレであり、効果的だとして多くの人が取り組んでいます。

 

 

スティッフレッグドデッドリフトは、このデッドリフトのバリエーションの1つとなります。

 

そこで、まずはデッドリフトのやり方を紹介しておきましょう。

 

 

【デッドリフトの手順】

1.バーベルの前で少し足を広げて立つ

2.膝を曲げて腰を落とし、両手でバーベルを持つ

3.バーが膝の辺りにくるくらいまで上げる

4.背筋を伸ばしてさらにバーベルを上げる

 

 

デッドリフトは、腕を伸ばしたまま身体の動きによってバーベルを上げることが特徴となります。

 

そのため、身体の一つ一つの動作がポイントになるのです。

 

詳細に解説した動画を紹介しますので、細かなポイントについてはそちらでご確認くださいませ。

 

【デッドリフトの動画】

 

注意点についても具体的に説明されていますので、ぜひ参考にしていただきたいです!

 

 

スティッフレッグドデッドリフトの効果とは?

OOKIMGL0679_TP_V

 

スティッフレッグドデッドリフトは、難しい筋トレではないものの、バーベルを使いますのである程度の負担はかかります。

 

そのため、確かな効果がなければ誰も取り組もうとはしないでしょう。

 

そこで、この章では効果の面について具体的に説明します!

 

 

腰が強化される!

この筋トレは、腰にもある程度の負担をかけることができます。

 

そのため、継続的に取り組めば、腰の強化が見込めます。

 

つまり、腰痛の予防にもなるということですね。

 

普段から腰の強化に目を向ける人ばかりではありませんので、この効果は注目ですね!

 

 

下半身の筋肉が広く鍛えられる!

この筋トレの場合、ハムストリングスや大殿筋など、下半身の筋肉に広く効かせることができます。

 

強靭な下半身を作ることのメリットはとても大きいですので、トレーニーの中でこの筋トレに取り組む人は多くいます。

 

また、程度は小さくとも、脊柱起立筋や腹筋にも少なからず効いてきますので、非常に効率的な筋トレと言えるでしょう。

 

 

スティッフレッグドデッドリフト2種類の正しいやり方&フォーム!

 

BO15103041151030415115_TP_V

 

通常のデッドリフトに慣れている人は、スティッフレッグドデッドリフトについても簡単に覚えることができるでしょう。

 

双方の筋トレにおいて決定的に違うポイントは、「」にあります。

 

そこで、まずは具体的な手順をご覧いただきたいと思います。

 

また、この章ではダンベルを使ったバージョンについても紹介しましょう。

 

 

スティッフレッグドデッドリフトの手順

 

1.少し足を広げ、バーベルの前に立つ

2.腰を曲げ、両手でバーベルをしっかりと握る

3.膝はできるだけ動かさず、上体を起こしてバーベルを持ち上げる

4.バーベルを下ろす

 

以下、手順3と手順4を繰り返しましょう。

 

 

この筋トレの場合、臀部を突き出すようなフォームが特徴となります。

 

また、膝を曲げないことが大きなポイントになりますので、よく覚えておきましょう。

 

もう一つのポイントは、背筋です。

 

腰は曲げますが、猫背になってしまわないように気をつけましょう。

 

 

この筋トレにおける他の細かなポイントについて、下の動画からご確認くださいませ。

 

 

 

スティッフレッグドデッドリフトの手順(ダンベルバージョン)

 

1.左右の手で一つずつダンベルを持ち、少し足を開いて立つ

2.両腕を下へ伸ばしたまま、腰を落として上体を下げていく

3.膝はなるべく動かさずに、上体を起こしていく

 

以下、手順2と手順3を繰り返しましょう。

 

 

軽いダンベルを使うと、動作中に腕や膝を曲げたくなってしまうかもしれませんが、正しいやり方にのっとり、なるべく曲げないようにしましょう。

 

基本的に、使う器具がバーベルからダンベルに変わっただけですので、動作上の違いはほとんどありません。

 

一応ダンベルバージョンの動画も紹介しますので、参考程度にご覧くださいませ。

 

 

 

スティッフレッグドデッドリフトの注意点

m020006

 

スティッフレッグドデッドリフトは効果的な筋トレ法ですが、取り組むにあたってはいくつか注意点がありますので、それを踏まえておく必要はあるでしょう。

 

そこで、この章ではその点ついて具体的に説明します。

 

 

筋トレ初心者の方は慎重に!

普段から下半身の強化に関心がなかった場合、いきなりスティッフレッグドデッドリフトに長時間取り組むのはリスクが高いです。

 

たちまち下半身の大部分が筋肉痛になってしまうかもしれません。

 

そのため、入念な準備体操を行うとともに、慎重にトレーニングに取り組むようにしましょう。

 

 

腰が痛いのであればトレーニングはやめておこう!

この筋トレは、腰に一定の負荷がかかります。

 

腰痛予防という点で効果が見込めるわけですが、すでに腰が痛い状態でこの筋トレに取り組むのは危険です。

 

腰痛が悪化してしまう可能性が高いですので、注意しましょう。

 

自分のコンディションが万全の状態で取り組むことがベストですね。

 

 

 

まとめ

・スティッフレッグドデッドリフトはデッドリフトのバリエーションの1つ。

・スティッフレッグドデッドリフトはお尻を突き出して行う。

・スティッフレッグドデッドリフトは腰に痛みを感じたら行うべきではない。

 

BO15103037151030375166_TP_V

 

今回は、スティッフレッグドデッドリフトの特徴や効果、具体的なやり方や注意点について説明してきました。

 

下半身の強化を図る上で効果的な筋トレですし、初心者であっても難しく感じないレベルだと思いますので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ただし、細かなポイントはありますので、それらをきちんと覚えて正しく実践する必要があります。

 

また、注意点もありますので、それらを踏まえ、慎重に取り組む必要もあるでしょう。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

shoes-2354910_960_720

内転筋の鍛え方!筋トレ7選&痛みをほぐすストレッチ2選まとめ

内転筋は認知度が高いとは言いがたいですが、鍛えることで日常生活や健康的にもメリットが高い筋肉です。  今回は内転筋の位置や役割、効

hands-47190_960_720

大腿四頭筋の筋トレ3選!筋肉の痛みをほぐすストレッチ2選も総まとめ

逞しい脚作りのために大腿四頭筋を鍛えることは大変有効ですが、その分ケアも大切になります。  今回は大腿四頭筋の位置と役割、おススメ

BO151030454998_TP_V

大臀筋を鍛える筋トレ5選!痛みをほぐすストレッチ2選も総まとめ

メジャーな筋肉の一つ大臀筋を鍛えることで、引き締まったお尻が手に入る上ダイエットにも有効です。  今回は大臀筋の位置と役割、鍛える

dash160214490I9A8210_TP_V

ヒップアップに効果的な筋トレ方法2選!効果が出る期間や上級者用筋トレも徹底紹介

女性に限らず男性でもキュッと上がったお尻は非常にカッコいいもので、効果的なトレーニングで誰でも手に入れることができます。  今回は

ft66792921_l

男のお尻痩せ!ヒップ引き締めに効果的な筋トレ方法10選まとめ

最近では男性もお尻が必要以上に大きいことで悩んでいます。実はそんなお尻を引き締められる筋トレがあります。  今回は男性のヒップ(お

関連する記事②

reverse-plank-e1455592853308

広背筋に効果的!リバースプランクのやり方と応用2種類&コツ&注意点まとめ【動画付き】

通常のプランクの逆バージョンのリバースプランクは広背筋をはじめ、全身を鍛えるのに効果抜群です。  今回は広背筋を鍛えるメリットと、

DB88_yokononiku15145953_TP_V

サイドベントのやり方と効果!効かない時の3つの間違いも徹底紹介【参考動画あり】

サイドベントは腹筋運動の中でもわき腹が強化できる種目ですが、効かないと悩む人も多い筋トレでもあります。  今回はサイドベントの筋ト

shutterstock_367087844

マウンテンクライマーのやり方と効果!最適な回数と頻度&ポイント3つも徹底解説

有酸素運動と筋トレが同時にできるとても効率的で効果的な運動がマウンテンクライマーで、時間の無い人や場所が限られている人にもおススメです。 &

meditation-1287207_960_720

瞑想は危険?効果3つと正しいやり方&最適なタイミングまとめ

「瞑想」は様々な健康・美容効果が期待でき最近話題ですが一方でその危険性も指摘されており注意が必要です。  今回は瞑想の効果3つ、正

2

ヒップリフトの効果とやり方!自重・バーベル別の方法&最適な回数や重量設定も総まとめ

お尻の引き締めや筋力アップに効果的な筋トレ種目に、ヒップリフトが挙げられます。  今回はヒップリフトの効果と、自重・バーベルでのそ

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。