ダウンロード

サポーターの効果と使い方&選び方!トレーニングにおすすめのサポーターも紹介

サポーターと一言で言っても実は用途や効果は様々で、正しい個所に正しい物を使うことで効果を発揮します。

 

今回はサポーターについて、その効果と正しい使い方、選び方、おすすめのサポーター、筋トレ上級者の使い方を紹介します。

サポーターとは?

YUKA150701598457_TP_V

 

サポーターとは伸縮性のある素材でできた体の動きを補助する商品のことです。

 

サポーターには様々な商品があり、膝であったり、肘、かかと、太もも、腕などほとんどの部分それぞれの形をしたサポーターが存在します。

 

スポーツの際に使うことが多いですが、日常生活で何かしら痛みが出たりする場合に使うこともあります。

 

何か体に不安があった時にはサポーターは非常に有効です。

 

昔と比べてかなり進化もしているので、学生時代使っていたけど、なんだかよくわからなかったな、と言う人も今のサポーターをつければ考えがまったく変わるかもしれません。

 

 

 

サポーターの効果とは?

BO15103041151030415115_TP_V

 

サポーターの効果は主に先に説明したように体の動きを補助することです。

 

何で補助が必要なのか?

 

それは怪我をしていたり、怪我が完治してもまだその部分の筋力が弱っていたりすると補助をしてあげないとまた怪我をする恐れもあります。

 

また、スポーツであれば、きちんとしたパフォーマンスを得ることができなくなってしまうからです。

 

 

テーピングするほどの怪我ではないけど、ちょっと不安…そんな時に使うと良いでしょう。

 

サポーターをすることで関節が変な方向に曲がることを防げますし、保温の効果があるサポーターであれば、患部を温めることで痛みが和らぐこともあります。

 

 

ちなみに加齢による膝の痛みなどにもサポーターは効果を発揮します。

 

加齢が原因で膝に痛みが出ることは知っていますよね?

 

サポーターをすることで痛みのない歩き方に矯正されるので痛みが軽減するのです。

 

このようにサポーターは老いも若きも利用価値のある商品と言えるのです。

 

 

 

サポーターの正しい使い方

question-mark-1829459_960_720

 

サポーターはどのような時に使えばいいのでしょうか?

 

常にしている方が良いのでしょうか?

 

若いうちから何の痛みも不安もないのにサポーターをする必要はありません

 

 

例えばサポーターの一つに腰に巻く「コルセット」があります。

 

腰痛の不安があるから、と日常的にコルセットをずっと巻いていると、体はコルセットがあるので体幹を鍛えるのをやめてしまいます。

 

コルセットがあるから筋肉を発達する必要がないからです。

 

サポーターを装着することで筋肉の発達が阻害されるようなら、それはまったく本末転倒と言えるでしょう。

 

 

 

サポーターの選び方

OOK85_otousanchikaramochi_TP_V

 

サポーターの選び方ですが、まずは自分の関節部位で痛みが出るようなところのサポーターを選ぶのが基本です。

 

膝が痛ければ、膝のサポーターを選び、腰が痛かったらコルセットのような腰を固定するサポーターを購入しましょう。

 

 

しかし、一言でサポーターと言っても、痛みを和らげるもの、スポーツをやる時に少しでも痛みを取るもの、患部を保護するもの、患部を温めて治癒を促進するもの、など様々な用途があります。

 

あなたがどの目的でサポーターを使おうとしているかで購入するべきサポーターは変わってきます。

 

まずはどのような目的でサポーターを購入するのかはっきりとさせましょう。

 

スポーツの試合で使いたいのにただ単に患部を温めるサポーターを購入しても意味がないことは明らかでしょう。

 

 

目的をしっかり定めた上でもっとも良いのは、専門家にどのサポーターが良いのか訊くことです。

 

特に、「どこかが痛いのにスポーツの試合に無理して出たいからサポーターが必要」と言う場合は、自分にぴったりと合ったサポーターをしないと意味がありません。

 

そもそも怪我がひどくなってしまう可能性が高いです。

 

本格的なサポーターになると数万円もするようなものもありますので、買って効果がなかったではあまりにも切なすぎます。

 

ここは一度専門家(整形外科医や接骨医)に相談して無駄な出費をしないようにしましょう。

 

場合によってはテーピングだけで済む場合もあります。

 

 

 

おすすめのサポーターはどれ?

handsPrima

 

ここで本来はおすすめのサポーターを挙げたいところですが、先に説明したようにサポーターと言うのは時と場合によりまったく異なったサポーターを使います。

 

これをしていれば大丈夫と言うものが残念ながらありません。

 

そして、サポーターは「何となくこれでいいだろう」で買っても効果が薄いことが多いです。

 

どうせ買うなら効果のあるものが買いたいですよね。

 

やはり、その場合は専門家に相談するのが一番でしょう。

 

もし、「医者に行くほど痛いわけでもないし、ちょっと痛みが軽減すればいいんだよ」と思っているのであれば、スポーツショップなどで買うときに店員さんに訊いてみるのがおすすめです

 

中には非常に詳しい人がいるのでいいアドバイスがもらえることがあります。

 

 

また、ネットで購入する場合は必ず一度ショップに問合せをしてみましょう。

 

きちんと対応してくれるお店にした方が絶対に良いです。

 

きちんとしたショップであれば、サポーターを装着してみてしっくりこなくても返品可能のところもあります。

 

できるならメールでの問い合わせだけではなく、電話で問い合わせることをおすすめします。

 

そうすれば、相手の対応もリアルタイムにわかりますし、サポーターについての質問も色々できます。

 

ただ、販売しているだけで、サポーターのことはよくわからないようなお店で買うのはおすすめできません。

 

安くても単なるお金の無駄遣いになってしまうのがオチでしょう。

 

 

 

怪我防止に効果的 筋トレ上級者もサポーターを愛用

スクリーンショット-2016-04-09-11_37_52

 

サポーターと言うと何となく軟弱なイメージを持っている方もいると思いますが、実はトレーニング上級者もサポーターを使うことは多いのです。

 

なぜなら、トレーニング上級者ともなると非常に高重量を扱うため、ちょっと膝の角度が悪いとか、ちょっと肘の角度がいつもと違う、というだけで大怪我に繋がってしまうことがあります。

 

そのようなことを防ぐためにサポーターを使っている上級者も多いのです。

 

今まで紹介してきた痛みを軽減させるためのサポーターとは少し違う用途のサポーターですが、怪我を防ぐために使うのも立派なサポーターの役目になります。

 

 

ちなみに広い意味でサポーターをとらえるならば、「トレーニングベルトもサポーターの一種と言えます。

 

恐らくほとんどの人は、ジムでトレーニングベルトをして筋トレをやっている人を見たことがあると思います。

 

あれはなぜやっているのかと言えば、怪我の防止です。

 

トレーニングベルトをすることによって腹圧が高まり、腰が安定するのです。

 

要するに腰痛の時に巻くコルセットとほとんど一緒です。

 

コルセットと違うところはコルセットは痛みが出てから巻くものですが、トレーニングベルトは痛みが出る前に怪我の予防で巻くという違いだけです。

 

 

その他、よくトレーニング上級者が使っているのが「ニーラップ」です。

 

ニーラップとは文字通り「ニー(膝)」に巻くサポーターのことで、ニーラップを巻くことで膝の怪我を予防することができます。

 

スクワットなどをやる時に変な方向に膝が曲がらないようにするために巻くのですが、巻くことでかなり扱える重量はかなりアップします。

 

怪我を防げるうえに扱える重量がアップするので上級者の方は使っている人も多いです。

 

 

ただ、サポーターを使うとサポーターに頼ってしまうという面もありますので、サポーターを使うのはダメと言う人もいます。

 

このあたりは人によりますので何とも言い難いところで、最終的にはそれぞれの判断になるでしょう。

 

 

 

サポーターの効果は払った金額以上かも

BO151030305553-thumb-autox1600-19948

 

サポーターは調べてみると意外に高いと思う人も多いでしょうが、これだけ普及しているということは効果はあるということです。

 

少なくとも払った金額以上の効果はあるのではないでしょうか。

 

どこかが痛いとか、怪我の不安がある場合は買ってみてもいいでしょう。

 

例え何万円もするサポーターがあるとしても怪我で数か月(または何年も)トレーニングができないことを考えれば安いものではないでしょうか。

 

また、怪我がそれ以上ひどくなることを考えれば、数万円を節約して時間を何年も無駄にするのが効率的とはとても思えません。

 

サポーターを一つ買うだけでトレーニングの効果が数倍になることもあります。

 

 

トレーニングやスポーツを続けたいのであれば、あまりサポーターに出し惜しみをしないで、必要経費として購入するのもいい手でしょう。

 

怪我は一生ものです。お金は頑張って稼げばいいのです。

 

その点を考えて買うようにしましょう。

 

 

 

まとめ

・サポーターの効果は体の動きを補助すること。

・サポーターの使い方は痛みが出たり、怪我が完治しても弱っていて不安がある部分に使用する。

・おすすめのサポーターの選び方は人や怪我などによって合うサポーターがまったく異なるので、専門家に訊いてみるのがおすすめ。

 

ab-workout

 

いかがでしたでしょうか。サポーターは痛みを軽減するだけでなく、トレーニングの質をアップするものでもあります。

 

もし、怪我をしてなくてもどこかに不安があるのであれば、購入を考えてください。

 

怪我は一生ものです。

 

予防できるのに越したことはないでしょう。

 

 

ずっとトレーニングを続けていくならサポーターの知識を覚えておくのは無駄ではありません。

 

たかがサポーターですが、されどサポーターです。

 

加齢とともに関節などが痛くなっていくのは当たり前なので、これを機会にサポーターの知識を蓄えておきましょう。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

91e932d5322f87ae08eca36c1645eef6

ステロイドの副作用3つと離脱症状 種類や筋肉への効果も総まとめ

簡単に筋肉ムキムキになれるステロイドには恐ろしい副作用や多くあり健康も害する可能背があるので使用はおすすめできません。 今回は筋肉

guy-2590832_960_720

メンズのネックレス|スポーツ中の人気10選や効果まとめ 注意点3つも紹介

スポーツネックレスは身に付けているだけで日常で起こりがちな健康トラブルを解消する効果が期待できます。 今回はスポーツネックレスの効

slider_990_kettlebell-e1453184922204

ケトルベルトレーニング効果5つと重さ&人気メニューまとめ 注意点も徹底紹介

ケトルベルを使ったトレーニング方法は運動効果が優れていると最近話題になっています。 今回はケトルベルを使ったトレーニングの5つの効

71PYolx0boL._SL1001_

バランスディスクのおすすめ15選!効果や使い方&トレーニング方法2種類も紹介

バランスディスクを使用したトレーニングはウエイトトレーニングとは違う運動方法で、その効果も大変魅力的でおすすめです。 今回はバラン

img_holidei_003

【ジム】フィットネスクラブの選び方&服装やメニューの決定版|最適な運動&筋トレ方法を徹底解説

フィットネスクラブの選び方や服装次第でトレーニング効果が左右されると言っても過言ではありません。 今回はフィットネスクラブの選び方

関連する記事②

61a1WAKsrTL._SL1200_

腹筋ベルトおすすめランキングTOP15!効果&使い方も徹底紹介

通販やネットでEMS付きの腹筋ベルトは最近大変話題になっていますが、その効果や使い方、注意点を正しく知ることが重要です。 今回はEMS付きの

1711161453_2485

ゆとり世代の年齢や特徴11個&仕事で使えない理由4つ!あるある話も総まとめ

社会人デビューし始めた頃から何かと問題視される「ゆとり世代」。円滑な業務のために彼らの特徴や扱い方を知ることが重要です。 今回はゆ

girl-2012669_960_720

エアロビクスでダイエット!効果と正しい方法・消費カロリーまとめ

エアロビクスはダンスとしてよく知られていますが、実はダイエットにも非常に効果的でおすすめの運動方法です。 今回はエアロビクスの特徴

m010201

肩甲骨はがしは危険?ストレッチ効果&正しいやり方まとめ【動画あり】

「肩甲骨はがし」と聞くと危険なプロレス技かと間違われる方もいるかもしれませんが実は健康効果の高い気軽にできるおすすめのストレッチです。&nb

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-2-300x200

20代男性のダイエット方法!生活・食事・運動・サプリの4分野からまとめてご紹介

男性は20代になると生活が激変し体型が崩れることも多いですが、早めにダイエットに取り組むことで肉体改造に成功する確率が高くなります。今回は2

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。