Close up of strong muscular men`s legs in the gym.

膝のテーピング効果&巻き方おすすめ2パターンを動画で解説 注意点も紹介

スポーツで痛めやすい部位である「膝」。その痛みを軽減するのに効果的なのがテーピングです。

 

今回は膝にテーピングをする効果、おすすめの巻き方を動画で2パターン、サポーターとの比較、使用するときの注意点を紹介します。

膝にテーピングする効果とは?

question-mark-1829459_960_720

 

痛いところがあるとテーピングをすると魔法のように痛くなくなる…。

 

残念ながらそんなことはありません。

 

テーピングをしても痛みはありますし、怪我が治るわけでもありません。

 

では、なんのためにテーピングをするのか。

 

 

痛くても試合に出たい時や、痛みを抑えても練習をしたい時など、テーピングは効果を発揮します。

 

テーピングは、実は関節の動きを制限することになるので、パフォーマンスは通常より落ちます。

 

しかし、痛い部分の動きを制限すると痛みは当然小さくなるわけです。

 

 

痛くても関節が大きく動く方が良いのか、少々関節の動きを制限してでも痛みを小さくするのか、はケースバイケースと言えるでしょう。

 

なので、膝に限らずですが、痛かったらテーピングすると良いとは一概には言えないのです。

 

まずテーピングをしてみて、スポーツの動きをしてみて、問題ないようならテーピングをすべきですし、そうでないならやっても意味はないでしょう。

 

 

ただし、テーピングには痛い部分の動きを制限する効果があるため、テーピングをしていることで安心感も生まれます。

 

この安心感もスポーツのパフォーマンスにはかなり影響を与えます。

 

ですので、膝が痛い時にはテーピングをすると、大抵の場合は良い結果が得られる場合が多いです。

 

 

 

膝へのテーピングの巻き方 おすすめ2パターン【動画付き】

metabolic_futomomo

 

膝にテーピングを巻く時にはどのように巻けば良いのでしょうか。

 

テーピングをただ膝の周りにぐるぐると巻くだけでは、何の意味もありません。

 

単に血行が悪くなるだけでしょう。

 

 

テーピングの基本は動きを制限することですが、できる限り邪魔にならないように必要最小限に制限する必要があります。

 

そうでなければ、運動ができませんし、完全に制限をするのであれば、そもそもギプスなどで固定してしまえばいいわけです。

 

 

では、「必要最小限に制限する」にはどうすればいいでしょうか。

 

これは言葉で説明してもなかなかわかりづらいため動画を見ていただくのが一番でしょう。

 

一番簡単なのはこの巻き方です。

 

 

この巻き方だと一人で巻くことができますし、非常にシンプルで簡単です。

 

ただし、かなり痛みが出る場合は、この程度の固定ではとても動くことができませんので、もう少し強めに動きの制限をかける必要があります。

 

その場合は以下の動画が参考になるでしょう。

 

 

 

これくらいのテーピングなら一人でも可能でしょうから、練習してやってみると良いでしょう。

 

これ以上複雑なテーピングになると自分一人では難しくなってきますし、そもそも運動をしていいのかも疑問ですので、専門家に見てもらうことをおすすめします。

 

 

 

膝の保護はサポータもおすすめ テーピングとのメリットデメリット比較

BO15103041151030415115_TP_V

 

もし、動画を見てもテーピングの仕方がまったくわからないという場合は、テーピングは諦めてサポーターを使うという手もあります。

 

サポーターはテーピング程ピッタリとは膝に固定できないかもしれませんが、簡単にワンタッチで取り外しができるというメリットがあります。

 

また、最近のサポーターはマジックテープでピッタリと膝にフィットするものがほとんどです。

 

伸縮性もありますので、膝をよく痛めるという人は逆にテーピングよりも使い勝手が良いのでおすすめです。

 

 

ただし、ハードな動きをするスポーツをする場合は、かなり高性能なサポーターを購入する必要がありますので、価格もかなり高いです。

 

下手をすると1万円では買えない可能性もありますので、お財布に優しいのはテーピングでしょう。

 

テーピングは自分で買えば1回分で高くても数百円ですみます。

 

この価格差は無視できないでしょう。

 

 

利便性を取るか経済性を取るかは人によりますので、どちらか絶対に良いとは言えませんが、1回しか使わない可能性が高いならテーピングの方が良いかもしれません。

 

テーピングは一度覚えてしまえば、技術にもなります。

 

そういう面からもテーピングは有利な点が多いでしょう。

 

 

 

膝にテーピングをする際の注意点

注意マーク

 

テーピングをする際に覚えておかないといけないのが、テーピングは万能ではないということです。

 

あくまでテーピングは痛みを軽減するだけであって、痛みが完全になくなるわけではありません。

 

また、「テーピングをしれば怪我がひどくならない」という保証もありません。

 

テーピングはあくまでも膝をサポートするものなので、無理な動きをすれば痛いですし、更に怪我を悪化させる可能性だってあります。

 

 

怪我をしたら基本は休むのが基本です。

 

特に膝は完全に壊してしまうと一生後遺症が残ることもあります。

 

テーピングをして無理に運動するのは、本来はしてはいけない部位なのです。

 

 

しかし、スポーツを競技としてやっている人は、時には怪我をした状態でも試合に出ないといけないこともあるでしょう。

 

また、試合が近いから膝が少々痛くても練習をしないといけない時もあるでしょう。

 

そんな時に使うのがテーピングなのです。

 

 

テーピングは魔法でもなんでもありません。

 

怪我をした状態で練習などしたら怪我がひどくなる可能性もあることを頭にいれて、練習を行う必要があります。

 

それが分かった上で、それでも練習をしないといけない状態であれば、テーピングをして練習をしてください。

 

そうでなければやってはいけません。

 

 

テーピングをしてまで練習して、試合に出れないなど本末転倒です。

 

時には我慢して休むのもスポーツを競技としてやっている方の義務、ということを忘れないでください。

 

 

 

まとめ

・膝が痛い時にはテーピングをすると動きは制限されるが、痛みが軽減される。

・膝へのテーピングの基本はできる限り邪魔にならないように必要最小限する。

・膝のテーピングで痛みが軽減しても治ったわけではないので、無理をせずに基本的には痛いときは休む方が良い。

 

jyoi1

 

いかがでしたでしょうか。

 

テーピングを利用すれば膝が少々痛くても試合に出たり、練習をしたりすることはできます。

 

テーピングの知識はもしもの時のために知っておいた方が良いでしょう。

 

しかし、テーピングは魔法でもなんでもありませんので、基本は膝が痛ければ休むこと。

 

これを忘れないでください。

 

痛みが取れてからばっちり練習する方が実は効率的なのですから。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

kosi2

デッドリフトで腰痛になる原因&治し方&予防法3つ 正しいフォームも徹底解説

効果抜群ながら腰痛の恐れもあるデッドリフトは、正しい知識ややり方で行えばその心配もかなり低くなります。 今回はデッドリフトで腰痛に

161007-245_TP_V

筋肉痛を早く治す!ストレッチ5つとマッサージのコツ&予防と対策も徹底紹介

筋肉痛は嫌な鈍痛に加え筋トレもできず厄介ですが、ストレッチやマッサージには痛み緩和に効果的なものもあります。 今回は筋肉痛に効くス

IMGL0695_TP_V

手首テーピングの効果&巻き方おすすめ3つ【動画あり】痛みの原因や注意点も解説

手首が痛い時は運動もできず仕事や日常生活に支障が出がちですが、テーピングで痛みの軽減が可能です。 今回は手首へのテーピングの効果、

kinniku_character

筋肉痛と超回復の関係まとめ 早く治す方法3つも徹底紹介【睡眠の質がカギ!】

筋肉痛の独特な鈍痛は自然に治るものですが、実は筋肉痛を早く治す方法がいくつかあります。 今回は、筋肉痛と超回復の基礎知識、筋肉痛を

つらい失恋立ち直る方法男性03-546x364

足首のテーピング効果&巻き方おすすめ2パターンを動画で解説 注意点も紹介

スポーツをしていると足首は非常に怪我をしやすい部位ですが、足首のテーピングで痛みが軽減されるためかなり効果的です。 今回は足首のテ

関連する記事②

20160212a

腹式呼吸のやり方と5つの効果!正しいダイエット方法&できない時の2つの間違いも徹底解説!

腹式呼吸を意識することで身体に様々な良い効果があるだけでなく精神状態も自分でコントロールできるようになります。 今回は腹式呼吸と胸

BO15103059151030595160_TP_V

ダンベルフライの効果と3種類のやり方!フォームや重量設定の注意点も徹底解説

男らしい厚い胸板を作りに役立つダンベルフライは、初心者にも取り組みやすいおすすめの筋トレです。 今回はダンベルフライの効果、3種類

ダウンロード

サポーターの効果と使い方&選び方!トレーニングにおすすめのサポーターも紹介

サポーターと一言で言っても実は用途や効果は様々で、正しい個所に正しい物を使うことで効果を発揮します。 今回はサポーターについて、そ

shutterstock_62762809-689x460

ツイストクランチは危険?効果的なやり方と適切な回数まとめ【動画付き】

ツイストクランチは通常のクランチよりも効果も抜群ですが、一方で「危険な筋トレ」との噂もあります。 今回はツイストクランチが危険と言

cc7eab7eb96a5ab298edf1cc7139dd84

ディップスの効果とやり方 回数の目安や3つのコツも総まとめ

逞しい太い腕も男らしい胸も両方手に入れたい、という方におススメしたい筋トレ種目はディップスです。 今回はディップスで鍛えられる筋肉

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。