slide-board-merits-e1460412399899

コサックスクワットの効果4つ&やり方【動画付き】ポイントや注意点も徹底解説

コサックスクワットは通常のスクワットよりも比較的やりやすく筋トレ初心者におすすめで、負荷を足せば効果を上げることも可能です。

 

今回はコサックスクワットの効果4つ、具体的なやり方とポイント、注意点を紹介します。

コサックスクワットとは?

question-marks-2215_960_720

 

コサックスクワットと聞いて「コサックダンス?ロシアのダンス?」と思った人は正常です。

 

そももそもこのコサックスクワットは、そのコサックダンスの動きに似ているのでコサックスクワットと名付けられたのです。

 

コサックダンスが想像できるならほぼ動きを想像できると思いますが、それよりもっと日本人なら想像できる動きがあります。

 

それは「伸脚(しんきゃく)」です。

 

 

伸脚って学校の体育の時間の準備運動でやりましたよね?

 

おそらく日本人ならほぼ全員知っている動きかと思います。

 

ピンとこない人は以下に動画を貼っておきますので、見てください。

 

見れば誰でもわかるはずです。

 

 

 

 

コサックスクワットも動きとしてはそっくりです。

 

ただ、効かせる部位が違うので、正確に言うと違う動きなのですが、見た目はこんな感じです。

 

コサックダンスだと足を前に交互に出しますが、コサックスクワットは足を横に出すのでこちらの形の方が近いのです。

 

 

コサックスクワットで期待できる効果4つ!

yotakaIMGL5138_TP_V

 

コサックスクワットで期待できる効果はやはりスクワットの一種なので、脚、お尻など下半身の強化です。

 

「それなら通常のスクワットをやればいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、コサックスクワットは片方ずつスクワットをやるため比較的負荷が弱いです。

 

なので、それほど筋力が強くない人や女性などはこのコサックスクワットで十分と言えるでしょう。

 

また、コサックスクワットはほとんどの場合、自重(自分の体重だけ)で行います。

 

なので、手軽にできるというメリットもあります。

 

 

思いついた時にできて、下半身を鍛えられるのですから、かなり使い勝手の良い種目と言えるでしょう。

 

また、座り込んだ時の形が伸脚と同じ状態になることから、筋トレをしながら足を伸ばしたり、股関節を曲げて柔軟性を高めることもできます。

 

通常のスクワットをやる前に少しだけ行って、準備運動として行うのもありでしょう。

 

それくらい負荷は弱いスクワット種目なので、男性の場合はあまりこのコサックスクワットだけをずっとやるということはないでしょう。

 

ある程度鍛えたら、通常のスクワットにトレーニング種目を変えていくことをおすすめします。

 

 

コサックスクワットの具体的なやり方&ポイント!

BO15103041151030415115_TP_V

 

それではコサックスクワットの具体的なやり方を説明していきましょう。

 

文章だけで説明するとわかりにくいと思いますので、動画を用意しましたので是非こちらを一度見てください。

 

 

 

①足は広めに開いて立つ(肩幅の1.5倍~2倍程度。バランスが取れる範囲で)

②片方の膝を曲げてしゃがみます(逆の足はつま先を天井に向けて伸ばす)

③これ以上できないくらいにしゃがんだら元の位置まで戻ります(①の状態)

④元の位置まで戻ったら、今度は逆の膝を曲げて同じことを行ってください

 

 

以上を繰り返すのが、コサックスクワットです。

 

どうですか?ほとんど伸脚と同じですよね。

 

ただ、伸脚というのはあくまでも足の裏側をストレッチする運動です。

 

なので、正確に言えば、一回一回きちんと立ち上がる必要もないのです。

 

学生時代に伸脚はどうやっていましたか?

 

ほとんどの人がしゃがんだ状態で脚だけを変えていたのではないでしょうか?

 

しかし、伸脚はこれでも目的は果たせるわけです。

 

あくまでも伸脚はトレーニングではないので、OKなのです。

 

 

しかし、このコサックスクワットは足のストレッチがメインの目的ではありません。

 

あくまでもメインは曲げた方の足を鍛えるためにやるトレーニング種目なのです。

 

なので、きちんと曲げたら1回1回戻る必要があるわけです。

 

 

また、コサックスクワットは自重で行うことが多い種目ですが、自重で行うだけだとかなり負荷が弱いです。

 

なので、男性はすぐに物足りなくなってしまうでしょう。

 

その場合は、ダンベルやバーベルを持って行うと良いでしょう。

 

負荷が弱いなら単に通常のスクワットをやればいいのでは?と思う人もいると思います。

 

実は、ダンベルやバーベルで負荷を足すことでバランス感覚を鍛えたり、体幹のトレーニングになります。

 

重りを足して行うコサックスクワットはかなりバランスが悪いため、そのバランスを取るために体幹に力が非常に入るためです。

 

通常のスクワットをいつもやっている人も、たまには違う種目をやってみるのも良いと思います。

 

 

コサックスクワットをやる際の注意点!

YOTA82_sorehabatu15123856_TP_V

 

コサックスクワットを行う際の注意点ですが、やる時は思いっきり腰を最後まで沈めるということ。

 

中途半端に腰を途中までしか下げないと種目が変わってきてしまいます。

 

途中まで腰を下げる種目を「サイドランジ」と言います。

 

もちろんサイドランジでも下半身を鍛えることは可能ですし、むしろ重い重量を扱うことができるので、トレーニングという意味ではサイドランジの方が良い場合もあります。

 

しかし、コサックスクワットでは大きく股関節を動かしますし、バランス感覚や体幹を鍛えるためにやるなら、やはりコサックスクワットをやるべきです。

 

 

自分が鍛えたい部位を鍛えるという意味では、どちらをやるのかをはっきりさせないといけません。

 

コサックスクワットをやろうと思っているのに、サイドランジを結果的にやってしまっているというのはダメです。

 

やはり自分の意図した部位を鍛えたいと思ってコサックスクワットをやっているなら、きちんと腰を落としてサイドランジにならないようにやるべきでしょう。

 

 

まとめ

・コサックスクワットは脚を横に出して行う筋トレ種目。
・コサックスクワットはコサックダンスのように見えるところからその名前が来ている。

・コサックスクワットのやり方は伸脚に似ているが、1回1回きちんと戻る必要がある。

・コサックスクワットの効果は脚、お尻など下半身の強化だが、負荷は比較的低い。
・コサックスクワットは腰を最後まで沈めないとサイドランジになってしまうので注意。

 

85EB17DA-77DE-43BB-B10B-24E83D2430DA

 

いかがでしたでしょうか。

 

コサックスクワットはあまり馴染みのないトレーニング種目でしょうが、効果はありますので、是非一度やってみてください。

 

ただし、浅く腰を落としてサイドランジにならないようにしましょう。

 

あくまでもトレーニングは自分の意図した部位を鍛えないといけません。

 

そのためにもきちんと腰を落としてコサックスクワットを行ってください。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

9323cce2abfe41b71cdd214f2052a3e1

ふくらはぎの痩せ方8選!太い3つの原因&細くする方法まとめ

ふくらはぎが太いと体のバランスも悪く全身も太って見えるので、太い原因を突き止めて細くする方法を実践しましょう! 今回は理想のふくら

samu3-2img-71295_870B

レッグカールの効果3つ&やり方2種類まとめ!上級者向けのコツも徹底紹介

筋トレを怠りがちな部位でもある太ももの裏側の筋肉、ハムストリングの強化に「レッグカール」は非常におすすめの筋トレです。 今回はレッ

eeb9c5d35bf0f86b4b3d029937625eeb_s

シシースクワットの効果とやり方を動画付きで解説!最適回数&頻度も総まとめ

足に非常に高い負荷をかけられる、効果的な筋トレの一つに、シシースクワットがあります。 今回はシシースクワットについて、鍛えられる筋

foot-race-1588723_960_720

ヒラメ筋の鍛え方 筋トレ3選&痛みをほぐすストレッチまとめ

ヒラメ筋は人間の普段の動きを担う重要な筋肉ですので、鍛えると日常生活をよりスムーズに行えることになります。 今回はヒラメ筋の位置と

barbell-375482_960_720

デッドリフト5種類のやり方を動画付きで紹介 選び方&注意点も総まとめ 

デッドリフトは効果の高い筋トレですがやり方は数種類あり、その効果も様々で自分の目的に合った種目を選ぶことが重要です。 今回はデッド

関連する記事②

161007-193_TP_V

ウェアで筋トレ効果UP 服装おすすめ人気ランキングTOP12まとめ

筋トレの効率や効果は、どんなウェアを着るかによって差が出ることもあるので選び方は非常に重要です。 今回は筋トレに相応しい服装、ウェ

BO15103009151030095440-thumb-autox1600-19942

胸板を厚くする方法 筋トレおすすめ7選【ダンベル&チューブ&道具無し】

多くの男性が夢見るたくましく厚い胸板を作るためには、筋トレの適切なチョイスと食事が重要です。 今回は胸板を厚くする方法として、食事

top049_08

池内博之の筋肉が凄い!身長や体重・筋トレ方法まとめ【画像付き】

池内博之さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。 この記事では、池内博之さんの身長や体重などの基本情報、そして美しい筋肉が

BO15103036151030364981_TP_V

小胸筋の筋トレ・鍛え方!痛みをほぐすストレッチ方法2選も徹底紹介

小胸筋は大胸筋に隠れがちですがその働きは重要で、鍛えるメリットも大きい筋肉です。 今回は小胸筋の役割、おススメの鍛え方として筋トレ

af0010000157m

中学生の男向け筋トレメニュー4選!筋肉をつける方法7つも徹底紹介

逞しい体型を目指したい男子も多い中、筋トレは中学生には悪影響だとの噂もあります。 今回は、筋トレによる体への影響、筋トレメニューの

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。