BO15103009151030095440-thumb-autox1600-19942

大胸筋の鍛え方!上部/内側/下部の筋トレ5種類|3つの注意点を徹底紹介!

男らしい胸板の実現には大胸筋の筋トレが非常に有効で、コツや注意点を押さえて取り組むことが重要です。

 

今回は大胸筋を鍛えるメリット5つ、効果が出やすい理由、部位別の筋トレ5種類、鍛え方の注意点3つを紹介します。

大胸筋の筋トレで得られる5つのメリット!

BO15103009151030095440-thumb-autox1600-19942

 

大胸筋については、様々な筋肉の中でも比較的知名度が高い部位です。

 

そのため、筋トレをあまりやらないような人であっても、大胸筋がどこの部分の筋肉であるかという点は知っているのではないでしょうか。

 

そこで、多くの人が気になるのが、大胸筋を鍛えることのメリットですよね。

 

ここでは、そのメリットを紹介しましょう。

 

 

見栄えが良くなる!

大胸筋については、人目につきやすい筋肉でもあります。

 

基本的に、筋トレをしない人の大胸筋はそれほど目立ちません。

 

しかし、きちんと大胸筋を鍛えていれば、その部分が盛り上がってきます。

 

その場合、シャツを着ていたとしても、たくましい大胸筋であることが他の人にもわかるということですね。

 

 

鍛え抜かれた大胸筋というのは、とても見栄えが良いです。

 

そのため、その状態になれば周囲の人々からの視線も変わってくるかもしれませんね!

 

 

代謝が向上する!

筋トレに取り組む中で大胸筋が鍛えられ、筋肉量が増加していけば、基礎代謝が向上します。

 

基礎代謝が向上すれば、1日の消費カロリーも必然的に多くなるでしょう。

 

従って、ダイエット効果を得ことも可能というわけです。

 

 

鍛えながら痩せていくことができれば、それは1つの理想と言えるのではないでしょうか。

 

 

バストアップを見込める!

女性からすると、大胸筋というのはバストの土台としての側面があります。

 

そのため、大胸筋を鍛え、その部分が盛り上がってくれば、必然的にバストもアップするというわけですね。

 

従って、女性であればこの点がメリットになるのです。

 

 

スーツをより良く着こなせるようになる!

スーツを着こなすにあたって一つのポイントになるのが胸板です。

 

大胸筋を鍛えてたくましい胸板を実現できれば、スーツをよりカッコ良く着こなせるようになるのです。

 

社会人であれば頻繁にスーツを着ることが一般的なため、大胸筋を鍛えることの価値というのはやはり大きいですよね。

 

 

効果を早い段階で実感することが可能!

筋トレをした効果が目に見えにくいということであれば、筋トレに対するモチベーションが下がってしまいますよね。

 

そのため、この点が影響して筋トレの継続を断念した人もいるでしょう。

 

しかし、大胸筋を鍛える場合、早い段階で効果を実感することが可能です。

 

この点は、筋トレをもっと好きになる要因になるのではないでしょうか。

 

 

鍛え始めてすぐに筋肉がたくましいものになってくれば、やはり嬉しいですよね!

 

 

大胸筋の筋トレ効果が早く出る理由3つ!

BO15103044151030444987_TP_V

 

先ほど、大胸筋を鍛えると早い段階で成果が分かるという点について説明しました。

 

この点は1つのメリットになるわけですが、なぜ早めに成果を実感することができるのでしょうか。

 

ここではその点について説明します。

 

 

成長しやすいから!

そもそも大胸筋というのは、比較的成長しやすい筋肉となっています。

 

そのため、成長が遅い筋肉に比べると、より早い段階で成果を実感することができるというわけです。

 

しかし、どれだけトレーニングを重ねて筋肉を強化したとしても、筋トレをやらない期間が続けば、強化前の状態に戻ってしまいます。

 

継続することが大切ですので、その点は理解しておきましょう。

 

 

皮下脂肪が少ないから!

例えば、腹筋などの場合、人によっては多くの皮下脂肪が覆っている状態になっています。

 

それだと、どれだけ鍛えたところで、割れた腹筋の実現は難しいでしょう。

 

 

しかし、大胸筋の場合、比較的皮下脂肪が少ない部位です。

 

従って、鍛えた筋肉が分かりやすいということですね。

 

 

ただし、明らかに肥満型の場合、胸の辺りにも当然脂肪がつきます。

 

その状態では筋トレの効果が分かりにくいので、肥満を解消する努力も必要ではないでしょうか。

 

 

目につきやすいから!

大胸筋というのは、面積が大きい筋肉です。

 

また、顔の近くにある筋肉なため、目につきやすいですね。

 

従って、筋トレの成果が分かりやすいと言えるでしょう。

 

同時に周囲の人々からも目につきやすいため、鍛え甲斐がありますよね!

 

 

大胸筋内側の鍛え方!おすすめの筋トレ2選

dumbbell-pair-299535_960_720

 

大胸筋の場合、鍛えるにあたっていくつかポイントがあり、その1つが内側です。

 

大胸筋の内側を鍛えることで、見るからにたくましい胸板の実現につながります。

 

 

内側と聞くとあまりピンとこないかもしれませんが、「内側こそ重要」という意識を持つことをオススメします。

 

そこで、ここでは内側に効く筋トレ2選を紹介しましょう。

 

 

ダンベルフライ

最初に紹介する筋トレは、ダンベルフライです。

 

この筋トレを行う場合、ベンチとダンベルが必要になりますので、ジムで行うのが適しているでしょう。

 

それでは、具体的な手順について紹介します。

 

 

1.ダンベルを持ち、ベンチに仰向けに寝る

2.腕を上方向へ伸ばす

3.手を開くようにしてダンベルをおろしていく

4.手順2の位置に腕を戻す

以下繰り返し

 

 

ダンベルフライの場合、左右の腕で1つずつダンベルを持つ形になります。

 

そのため、あまり重すぎるダンベルでは持てませんね。

 

あくまでも、自由に動かせるレベルの重さのダンベルを選択しましょう。

 

 

また、回数が少ないと、効果もそれほど期待できません。

 

重要なことは、10回以上にわたって繰り返し行うことです。

 

 

手順については前述の通りですが、いまいちよく分からないという人もいるでしょう。

 

そこで、動画を用意しましたのでぜひご覧ください。

 

 

非常にわかりやすい動画ではないでしょうか。

 

ヒジの曲げ方等についても、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

ケーブルクロスオーバー

次に紹介する筋トレは、ケーブルクロスオーバーです。

 

この筋トレの場合、ケーブルマシンを使って行うことが特徴です。

 

手順については以下の通りです。

 

 

1.ケーブルマシンを背にして立つ

2.ケーブルのハンドル部分を持つ

3.手を開いた状態のまま、片足を前方向へ出す

4.腹部の辺りまで手を引きつける

5.徐々に戻す

以下繰り返し

 

 

手順を見ると、やや簡単にできるように感じるかもしれません。

 

しかし、実際にやってみると結構力を使います。

 

逆に言うと、良い筋トレになるということですね!

 

 

こちらの動画にはポイントなどの解説もあり、参考になります。

 

 

 

 

大胸筋上部の鍛え方!筋トレ「デクラインプッシュアップ」

man-80086_960_720

 

大胸筋については、上部を鍛えることも大事です。

 

上部を全く鍛えないということであれば、インパクトのある胸板の実現は難しいです。

 

そのため、客観的に見て「理想的」だと思ってもらえるような胸板を目指すなら、上部の筋肉は必ず鍛えることをオススメします。

 

 

ここで紹介する筋トレは、「デクラインプッシュアップ」と言われるものです。

 

この筋トレについては、腕立て伏せと似ていますが、所々動作に違いが見られます。

 

また、難度としてもこちらの方が上だと見ていいでしょう。

 

それでは、具体的に手順を紹介します。

 

 

1.腕立て伏せの体勢になり、両足をベンチの上に乗せる

2.床についている両手をやや寄せる

3.床に手をついたまま、ヒジを曲げて上体をおろしていく

4.再びヒジを伸ばす

以下、上下の動作の繰り返し

 

 

通常の腕立て伏せと大きく違う点は、足の位置ですね。

 

頭部より足の方が高いところに位置するため、その点が特徴的です。

 

 

また、デクラインプッシュアップの方が、腕立て伏せよりも効率的に大胸筋の上部を鍛えることが可能です。

 

従って、ぜひ実践してみることをオススメします!

 

 

簡単な動きですが、こちらの動画を参考にしてみてください。

 

 

 

 

大胸筋下部の鍛え方!効果的な筋トレ2選

103

 

やはり、大胸筋を鍛えるにあたっては、バランスを重視しなくてはなりません。

 

大胸筋の内側と上部だけを鍛え、下部を鍛えないということでは、バランスの悪い胸板になってしまうと言えますね。

 

そのため、下部についてもきちんと鍛えていきましょう。

 

そこで、ここでは効果的な2種類の筋トレをご紹介します。

 

 

ディップス

「ディップス」の場合、平行棒を使っての筋トレとなりますので、その点は把握しておきましょう。

 

それでは、手順についてご紹介します。

 

 

1.左右の手で平行棒を握る

2.手に力を入れ、体を持ち上げる

3.左右のヒザを曲げ、脚を交差させる

4.体をおろしていく

5.再び体を持ち上げる

以下手順4と手順5を繰り返す

 

 

ディップスの場合、体を下ろしきったところで、数秒静止するという点がポイントになります。

 

静止している間も足は床から離れた状態であるため、少しキツく感じるかもしれません。

 

もちろん、無理をする必要はありませんが、ある程度のところまでは頑張りましょう。

 

 

やり方はこちらの動画が参考になります。

 

 

 

インクラインプッシュアップ

次に紹介する筋トレは、「インクラインプッシュアップ」です。

 

腕立て伏せと似たような筋トレではありますが、「インクラインプッシュアップ」の場合はアイテムを使います。

 

それでは、具体的な手順を紹介しましょう。

 

 

1.バランスボールに両手をおく

2.腕立て伏せのような体勢になる

3.ヒジを曲げ、上体を下げていく

4.上体を元に戻す

以下、上下運動の繰り返し

 

 

インクラインプッシュアップの場合、手を床につかないという点が1つのポイントになります。

 

また、上体をおろす際は、胸をできるだけバランスボールに近づけるよう意識しましょう。

 

 

やり方はこちらの動画をご覧ください。

 

最初は膝を付けたやり方、次にヒジを伸ばしたやり方が紹介されています。

 

 

今回は、手順にバランスボールを取り入れましたが、このアイテムでなければならないというわけではありません。

 

ベンチなどでもオーケーです。

 

自宅でもできるという点が、この筋トレのメリットでもあるでしょう。

 

 

 

大胸筋の鍛え方の注意点3つ!【筋トレ効果を最大限引き出すために】

YOTA82_sorehabatu15123856_TP_V

 

先ほど、大胸筋の鍛え方について説明しましたね。

 

もちろん、紹介した方法はどれも効果的なものなため、積極的に実践することをオススメします。

 

しかし、大胸筋を鍛える生活に入る前に、踏まえておかなければならない注意点があるのです。

 

筋肉の強化を実現できた人の多くが、注意点をしっかりと理解しています。

 

そこで、ここではその注意点を紹介しましょう。

 

負荷が軽すぎる筋トレはNG

筋肉を鍛えるにあたっては、ある程度負荷をかけていかなければなりません。

 

大胸筋を鍛える場合も同様です。

 

確かに、負荷が軽くて簡単な筋トレであれば、継続しやすいでしょう。

 

しかし、これでは効率的に筋肉を発達させるのは難しいです。

 

多少の疲労の蓄積は覚悟の上で、高負荷な筋トレを行うことが大切です。

 

 

ただし、高負荷な筋トレをした後というのは、筋肉をしっかりと休ませなければならないため、その点は押さえておきましょう。

 

 

筋肉を鍛える部位を全く意識せずに行うのはNG

大胸筋は、内側と上部、そして下部を意識し、それぞれ適切に鍛えていくことが大事です。

 

自分が取り組もうとしている筋トレが、一体どの部分を鍛えるものなのかを意識せず、適当に筋トレしてしまうのは良くないでしょう。

 

仮に、バランスの悪い筋肉の付き方になってしまうと、自分が後悔することになってしまいますね。

 

そのため、適切に筋トレできるよう、鍛えている筋肉を意識しましょう。

 

 

筋肉に効かせるペースを意識しないのはNG

筋トレのメニューを早くこなすという点に意識が向きすぎるのは、適切ではありません。

 

確かに、毎日が忙しい人の場合、筋トレにかける時間を長く取れないこともあるでしょう。

 

 

しかし、どれだけ早くメニューをこなせても、筋肉にしっかりと効かせるようなトレーニングができていなければ、筋肉のスムーズな強化を見込めないのです。

 

そのため、スローペースでも良いので、なるべく筋肉に効かせるように筋トレを行うようにしましょう。

 

それにより、想定していたよりも短期間で、たくましい胸板を実現できるかもしれません。

 

 

 

まとめ

ama0I9A8854045143425_TP_V

 

今回は、大胸筋を鍛えることのメリットや、筋トレの方法、鍛えるにあたっての注意点などについて説明してきました。

 

大胸筋については、とても大きな筋肉であり、人の目にもつきやすいです。

 

たるんだ胸板だったりすると、はっきり言って見苦しいですよね。

 

周囲の人はそこまで気に留めていなくとも、自分自身が後ろめたく感じてしまうということもあるでしょう。

 

コンプレックスというのは、精神的に重くのしかかりますよね。

 

 

そのため、ポイントを踏まえ、内側と上部、そして下部の筋肉を適切に鍛えていきましょう。

 

継続的に取り組むことができれば、1ヶ月も経たないうちに効果が現れてくると思います。

 

理想の身体を実現しましょう!

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

BO151030495155_TP_V

ダンベルカールの効果&やり方!平均重量や回数の目安・注意点も徹底解説

逞しく太い男らしい腕を手に入れたい男性におすすめしたい筋トレの一つにダンベルカールがあります。  今回はダンベルカールの効果やメリ

BO15103009151030095440-thumb-autox1600-19942

胸板を厚くする方法!筋トレおすすめ7選【ダンベル&チューブ&道具無し】

多くの男性が夢見るたくましく厚い胸板を作るためには、筋トレの適切なチョイスと食事が重要です。  今回は胸板を厚くする方法として、食

BO15103036151030364981_TP_V

小胸筋の筋トレ・鍛え方!痛みをほぐすストレッチ方法2選も徹底紹介

小胸筋は大胸筋に隠れがちですがその働きは重要で、鍛えるメリットも大きい筋肉です。  今回は小胸筋の役割、おススメの鍛え方として筋ト

floor-press-how-to-e1467598518712

フロアプレスのやり方&重量設定の秘訣!ベンチプレスと比較しながら徹底紹介

男らしい厚い胸板を手に入れるためにおすすめの筋トレの一つに、フロアプレスがあります。  今回はフロアプレスの効果とメリット2つ、重

middle_d6527609-f15b-4eb7-9b2d-94e51aebd7f3

チェストフライの効果とやり方!最適回数と頻度&注意点も総まとめ

胸の筋トレの一つ、チェストフライをメニューに取り入れることで逞しく男らしい胸を作るのに非常に効果的です。  今回はチェストフライで

関連する記事②

6a139799e4e8a1df3d625e78a310d4ec-600x415

腕立て伏せの効果的なやり方決定版!できない人向け2種類のやり方も徹底紹介

腕立て伏せには種類があり効果も違うため自分の鍛えたい部位に合わせてやり方を選ぶ必要があります。  今回は腕立て伏せで効果のある筋肉

http_o.aolcdn.comhssstoragemidas99eb814ccabdb8ab11a777ddb10111f5205599565main

東出昌大の筋肉が凄い!身長や体重・筋トレ・ダイエット方法まとめ

俳優の東出昌大さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、東出昌大さんの身長や体重などの基本情報、そして美し

jason_statham

ジェイソンステイサムの筋肉の秘訣!身長や体重・筋トレ方法まとめ

ジェイソンステイサムさんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。  この記事では、ジェイソンステイサムさんの身長や体重などの基

001

松本人志は筋肉ムキムキ!身長や体重・筋トレや食事の秘訣まとめ

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんの筋肉が芸人とは思えない凄さだと話題です。 今回はプロレスラーのエル・チキンライスとしても活動する松

fitness3

ドローインのやり方と5つの効果!正しい筋トレ方法とコツを徹底紹介

ドローインはいつでもどこでも誰でも手軽に行える筋トレで、腹筋の強化やダイエット効果が注目されています。  今回はドローインの筋トレ

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。