03CB865B-3F6D-43F8-8CDF-67430DE98EDA

ゴブレットスクワットの効果&やり方【動画付き】最適重量や通常のスクワットとの比較も解説

数多いスクワットの種類の一つ、ゴブレットスクワットは通常のスクワットとやり方も効果も少々異なるので注意が必要ですが手軽にできるのでおすすめの筋トレです。

 

今回はゴブレットスクワットの効果、やり方、最適重量を紹介します。

ゴブレットスクワットとは?

question-mark-1829459_960_720

 

ゴブレットスクワットとは、1つのダンベルやケトルベルを両手で持った状態で行うスクワットのことを言います。

 

ゴブレットとは日本語で「飲料用の足つきのグラス」のことを指します。

 

ダンベルを両手で持つと縦に持つことになるので、その形がゴブレットに似ていることから名づけられたと思われます。

 

 

ダンベル一つでスクワットの負荷を増すことができ、自宅でトレーニングをしている人も簡単にできるのでおすすめの筋トレ種目と言えます。

 

また、通常のスクワットとは若干刺激が入る部位が異なるため、ジムに通っている人にもバリエーションの一つとして覚えておいて欲しいスクワットと言えます。

 

 

通常のスクワットの方が圧倒的に強い負荷で行えるので、他のスクワットは必要がないという人もいます。

 

しかし、筋肉は完全に同じ種目をずっとやっていると刺激がマンネリ化して筋肉の発達が遅くなることがあるからです。

 

 

ゴブレットスクワットの筋トレ効果とは? 【通常のスクワットと比較】

PAK75_dashsuru20140823110148_TP_V

 

ゴブレットスクワットの具体的な効果はやはりスクワットの一種なので、下半身の強化ということになります。

 

しかし、通常のスクワットより胸の前で両手でダンベルを持つことになるため、体全体が起き上がるので、大腿四頭筋(太ももの前側)に刺激が強く入ることになります。

 

太ももの前側に刺激を強く入れたいという人は特にこの種目をやると良いでしょう。

 

 

また、通常のスクワットと比べるとバランスはとりにくくなるため、体幹を意識する必要があります。

 

そのため体幹トレーニングにもなります。

 

体幹をより意識したい人はこのスクワットをやると良いでしょう。

 

 

いずれにしても通常のスクワットに比べるとかなり負荷は弱まります。

 

いつも通常のスクワットをやっている人であれば、通常のスクワットをやった後で、補助的にやるのも良いかもしれません。

 

そうすれば更に大腿四頭筋に刺激を入れることができるので、逞しい太ももを手に入れることができるでしょう。

 

 

逆に言うとあまり大臀筋(お尻)やハムストリング(太ももの裏側)には刺激が入りません。

(まったく入らないわけではないですが)

 

主にそちらを鍛えたいという人は他の種目で鍛えた方が良いでしょう。

 

 

ゴブレットスクワットの具体的なやり方!

sports_protein_man

 

それではゴブレットスクワットのやり方を具体的に説明をしていきましょう。

 

文章のみで説明をするより動画があった方が分かりやすいと思いますので、動画を用意しました。

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

①足を大体腰の幅くらいに開いて立ちます(やや広めでも可です。このあたりは安定する幅を探してください)

②ダンベルを両手で持って胸の前でセット(ケトルベルでも構いません)

③背中を曲げずに腰を下げていきます

④両肘が両膝と接触するくらいまでしゃがんだら再び立ち上がります

 

 

以上を繰り返すのがゴブレットスクワットになります。

 

ダンベルの重さによって負荷がかなり変わるので、回数はその重さによって変わりますが、通常のスクワットをやっている人であれば、それほど重いと感じないはずです。

 

なので、20回程度はできるのではないでしょうか。

 

ゆっくりと大腿四頭筋に刺激が入るのを確認しつつ20回程度行いましょう。

 

 

負荷が足りないという人はもう少しやってもいいでしょう。

 

ただし、あまりに多い回数ができてしまう場合(30回以上)は、ダンベルの重さをより重くするか、通常のスクワットをやってから行うなどの工夫が必要です。

 

ただ、ゆっくり効かせるように行えば、それほど重い重量でなくても効果が出るはずなので、できるだけ負荷が大腿四頭筋に入るようにやるようにしてください。

 

 

ちなみに通常のスクワットよりもバランスが取りにくい種目です。

 

かかとが浮いたり、頭が下を向いてしまうこともあると思いますが、そのようにならないように気を付けてやるようにしてください。

 

 

ゴブレットスクワットの適切な重量とは?

BO15103041151030415115_TP_V

 

ゴブレットスクワットを初めてやる時はどの程度の重さでやればいいのかわからないでしょう。

 

とくに基準はありませんが、正しいフォームできちんと10回はできる重さでやると良いでしょう。

 

それ以下の回数しかできないような重さだと自分にとっては重い負荷ですし、30回もできるようなら軽すぎます。

 

10回~20回で限界がくる重さが理想です。

 

 

ただし、これは先に少し説明したように、行うスピードが遅ければ回数の限界は早くきます。

 

なので、自分がどの程度のスピードでやるかにもよりますので、何とも言えません。

 

ですが、まだまだ余力があるのに終わっていてはトレーニングをしている意味がありません。

 

終わったら「これ以上はできない」「もう次はやりたくない」と思うくらいが理想的です。(とは言っても本当にやらないのはダメですが)

 

 

通常のスクワットに慣れている人も最初はバランスが取りにくいので、軽めの重量しかできないでしょう。

 

まずは軽めで様子を見て徐々に重くしていくと良いでしょう。

 

どの筋トレ種目もこれが怪我の防止のため大切な考え方です。

 

重くするなんてすぐにできますから、まずはきちんとしたフォームが重要なのです。

 

 

まとめ

・ゴブレットスクワットの効果は下半身の強化(特に大腿四頭筋)。

・ゴブレットスクワットやり方はダンベルやケトルベルを胸の前に両手で持ってスクワットをする。

・ゴブレットスクワットの適切な重量は10回がちょうどできる程度。

 

OOK85_otousanchikaramochi_TP_V

 

今回はゴブレットスクワットを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

通常のスクワットをやっている人も是非これを機会にトレーニングに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

通常のスクワットの後にやると更なる刺激を大腿四頭筋に入れることができるため、逞しい太ももを手に入れることができますよ。

 

また、家にダンベルしかないような人にもおすすめです。

 

単なる自重のスクワットをやっているよりかなり強い刺激を太ももに入れることができますので、効率的に鍛えることが可能です。

 

ただ、どちらにしても正しいフォームでしっかりとやることを心がけてください。

 

適当なフォームで重い重量でやると怪我の元です。

 

十分に気を付けて行ってください。

 

記事に関連するキーワード

関連する記事①

https://vokka.jp/4028

バックランジのやり方と効果!フロントランジとの違いも徹底解説!

バックランジは逞しい脚作りのための筋トレですが実は他にも様々な効果があります。  今回はランジの基礎知識と、バックランジで鍛えられ

legs-1840262_960_720

大腿二頭筋の筋トレ2選!筋肉の痛みをほぐすストレッチ2選も総まとめ

大腿二頭筋を鍛えると逞しい脚が手に入る上、日常生活を問題なく送るために必要な部位を強化できます。  今回は大腿二頭筋の位置と役割、

Close up of strong muscular men`s legs in the gym.

バーベルスクワットの効果&やり方!種類や最適重量と回数も紹介【動画解説付き】

筋トレ効果抜群のスクワットですが自重では物足りなくなってきた人には、バーベルを使ったスクワットがおすすめです。  今回はバーベルス

eeb9c5d35bf0f86b4b3d029937625eeb_s

シシースクワットの効果とやり方を動画付きで解説!最適回数&頻度も総まとめ

足に非常に高い負荷をかけられる、効果的な筋トレの一つに、シシースクワットがあります。  今回はシシースクワットについて、鍛えられる

BO151030305553-thumb-autox1600-19948

外側広筋の筋トレ2選&痛みをほぐすストレッチ2選を徹底紹介【動画付き】

外側広筋は普段意識して生活することは少ない筋肉ですが、実は日々の行動を支えてくれている大事な筋肉の1つです。  今回は外側広筋の位

関連する記事②

71PYolx0boL._SL1001_

バランスディスクのおすすめ15選!効果や使い方&トレーニング方法2種類も紹介

バランスディスクを使用したトレーニングはウエイトトレーニングとは違う運動方法で、その効果も大変魅力的でおすすめです。  今回はバラ

BO151030495155_TP_V

ダンベルカールの効果&やり方!平均重量や回数の目安・注意点も徹底解説

逞しく太い男らしい腕を手に入れたい男性におすすめしたい筋トレの一つにダンベルカールがあります。  今回はダンベルカールの効果やメリ

http://nikulog.hatenablog.jp/entry/2015/10/12/165357

太ももの筋トレ法&筋肉の名称まとめ!おすすめの鍛え方を徹底解説

太ももの筋肉を鍛えると下半身強化はもちろん、上半身強化や体質改善にも効果があります。  今回は太ももを鍛えることで上半身の筋トレに

cc7eab7eb96a5ab298edf1cc7139dd84

ディップスの効果とやり方!回数の目安や3つのコツも総まとめ

逞しい太い腕も男らしい胸も両方手に入れたい、という方におススメしたい筋トレ種目はディップスです。  今回はディップスで鍛えられる筋

MuscularManPosing1

インナーマッスルの鍛え方7選と効果2つ!体幹との違い&誤った認識も徹底解説

最近流行りのインナーマッスルのトレーニングは誤った情報も多く、正しい知識や鍛え方が大切です。  今回はインナーマッスルの基礎知識、

LIFUNASトップページに戻る

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。