背中 腕

ワンハンドローイングの効果とやり方!4つのコツや注意点も徹底解説

背中の筋力アップに効果的な筋トレに、自宅で気軽に行えるワンハンドローイングがあります。

 

今回はワンハンドローイングが効く筋肉、正しいやり方と4つのコツ、初心者におススメのフォーム、気を付けるべき注意点をまとめました。

ワンハンドローイングは背中を効果的に鍛えるやり方!

question-mark-1829459_960_720

 

ワンハンドローイングは文字通り「ワンハンド(片手)」で行う「ローイング(漕ぐ動作)」のことです。

 

背中を鍛える種目で有名な「ベントオーバーローイング」という種目がありますが、この種目もボートを漕ぐような動作を行います。

 

実はボートを漕ぐ動作は非常に背中の筋肉を鍛えるのに効率が良いのです。

 

 

ちなみにベントオーバーローイングの場合はバーベルで行いますが、ワンハンドローイングはダンベルで行います。

 

バーベルでやっていた時は本当はもっと引っ張れるのに自分の体が邪魔になって引っ張れないということがあります。

 

しかしワンハンドローイングの場合はダンベルで行うため体が邪魔にならないので、それがなくなって可動域を最大まで使って引っ張りきることができます

 

もちろん片手で持っている上にバランスが取りにくいので重い重量では行えませんが、その分大きく引っ張れるので背中への刺激は大きくなります。

 

 

 

ワンハンドローイングは体が薄い悩み解消に効果的なやり方!

https://smartlog.jp/71258

 

ワンハンドローイングで鍛えられるのは背中になります。

 

メインターゲットは広背筋になります。

 

広背筋が鍛えられると逆三角形の体になりますし、物を持ち上げるための筋肉なので、日常生活でも役に立ちます。

 

 

仕事などで重いものを持っている女性がいたら簡単に持ち上げてあげれば見直されることになるかもしれません。

 

背中の厚みも出てきますので、横から見ると体が薄いと悩んでいる方は是非やりたい種目の一つです。

 

また、サブとして上腕二頭筋、三角筋後部、僧帽筋も刺激が入ります。

 

 

 

ワンハンドローイングの正しいやり方【腰を痛めないためにフォームが重要】

1

 

それではワンハンドローイングの正しいやり方をご紹介します。

 

きちんと正しいフォームを覚えてからやらないと腰を痛めることにもなりますので、よく動画を見てやるようにしてください。

 

 

①ベンチ台に片膝を乗せる

②膝を乗せて方の手をベンチ台に乗せる

③空いている手でダンベルを持つ

④ダンベルを引っ張り上げる

⑤ゆっくりと元に戻す

 

以上を繰り返し行ってください。

 

 

 

ワンハンドローイングの効果を最大限引き出す!やり方の4つのコツ

10913

 

ワンハンドローイングのコツやポイントはかなりあります。

 

効果を活かすためにもすべて覚えておく必要があります。

 

 

背中をまっすぐに保つ

まず1つ目は、背中を必ず真っすぐに保ったまま行うこと。これは非常に重要です。

 

背中を丸めると背中にうまく刺激が入らないので必ず背中は真っすぐの状態を保ってください。

 

 

背中を意識してダンベルを引き上げる

2つ目は引き上げる時に腕で上げようとしないこと。

 

ワンハンドローイングのターゲットは広背筋になりますので、広背筋を収縮した結果ダンベルが持ち上がって来るというイメージでやるようにしてください。

 

持ち上げきった時には広背筋が収縮していることを常に意識します。

 

 

ダンベルを握る手に力を入れすぎない

3つ目はダンベルを握っている手にあまり力を入れないこと。

 

ダンベルを力強く握ると前腕に力が入ってしまい、広背筋がまだ疲れていないのに続けられなくなってしまいます。

 

握った時に手首が内側に入ってしまう方がいますが、力の入れ過ぎです。

 

握力を鍛える種目ではないので、握る力は必要最低限でOKです。

 

 

重い重量で行うとある程度の力で握らないと落ちてしまう場合もありますね。

 

その場合はストラップで固定して行うようにしましょう。

 

これはワンハンドローイング以外にも言えることですが、筋トレはターゲットの筋肉以外は必要以上に力を入れないことも重要です。

 

覚えておきましょう。

 

 

下ろすときはゆっくりと

4つ目はダンベルを下に下す時はなるべくゆっくりと下ろすこと。

 

下に下ろす時は、力を抜いてしまえば重力によって自然と下りていきます。

 

しかし、これでは休憩しているのと変わりなくなってしまいます。

 

ゆっくり下ろすのはツライですが、下ろす時も力をキチンと入れて徐々に下ろしていくことで、持ち上げる時も下ろす時も鍛えられて一石二鳥です。

 

 

 

ワンハンドローイングならではの効果的なやり方&気を付けるポイント!

sport-1685786_640

 

ワンハンドローイングはベンチ台に置く位置によって可動域がかなり変わります。

 

前に置けば置くほど可動域が広くなりますが、重量はあまり上がりません。

 

逆に、手前に置けば高重量を扱えます。

 

 

どちらが良いかは人によりますが、広背筋に刺激を大きく入れたいなら、手前よりに置いて軽めの重量で可動域を広く取って行うのがおすすめです。

 

なぜなら重い重量でやるのは他の筋トレ種目、ベントオーバーローイングなどでできるので、そちらでやればいいからです。

 

せっかく大きく可動域を取れる種目なので、可動域を狭くして重い重量でやるのはもったいないのです。

 

(もちろんベントオーバーローイングの代わりにやるというのであれば、高重量でやっても良いですが。)

 

 

 

上級者になれば高重量でも上手に背中に刺激を入れることができるようになるでしょう。

 

しかし初心者~中級者レベルの間は軽めの重量で可動域を大きく取る意識でやった方が良いでしょう。

 

 

理想としてはベントオーバーローイングで高重量を行ってから、仕上げにワンハンドローイングをやると良いでしょう。

 

そうすれば高重量と低重量の両方の刺激を入れることができますので、1種目やるより広背筋の発達が早いでしょう。

 

 

ただし、ワンハンドローイングは体の捻りなどを使ってチーティング(ズルをするの意)をしやすい種目でもあります。

 

体を揺すった反動で持ち上げたり、必要以上に体を捻って持ち上げると背中から刺激が抜けてしまいますので、チーティングはやめてください。

 

紹介動画では上級者の方が少しチーティングをしていますが、上級者の方はチーティングをしてもきちんと刺激を広背筋に入れる技術があります。

 

ですが、初心者のうちはそのあたりは真似をせずに体は完全に固定で揺らさない、捻らないを心がけるようにしてください。

 

 

 

まとめ

f8626e2f-s

 

以上がワンハンドローイングのまとめになります。

 

ワンハンドローイングは自宅でもできる手軽な種目ですが、上級者も行っている効果的な種目でもあります。

 

ジムで行う場合は、ベントオーバーローイングなどの他の背中の種目と組み合わせてやってみてください。

 

きっとみるみるカッコイイ背中になっていきますよ!

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

Bodybuilding-men-models-gym-workout-fitness-weight-lifting-in-zoom

デッドリフトの効果とやり方の5つのコツ!フォームの重要性も徹底解説

デッドリフトは背中を鍛えるのに効果的な筋トレの一つです。 今回はデッドリフトで効果がある筋肉と3つのメリット、正しいやり方と5つの

man-461195_960_720

広背筋の鍛え方!筋トレ後の痛み解消ストレッチ3種類も総まとめ

男らしい逞しい背中を作るためには、広背筋の筋トレが最も効果的だと言われています。 今回は広背筋の基礎知識と、鍛えるメリット4つ、効

BO15103024151030245753_TP_V

僧帽筋の筋トレ&鍛え方!痛み解消ストレッチ方法2選も総まとめ

僧帽筋を鍛えることで男らしい逞しい背中を作るのに有効だと言われています。 今回は僧帽筋の位置と役割、鍛えるメリット、おススメの鍛え

bui-300x171

背中の筋トレメニュー9選!筋肉の名称と鍛え方を徹底解説!

背中が逞しい男性は非常に魅力的で憧れの的です。そんな背中を手に入れるためのおすすめの筋トレがあります。今回は背中の筋肉3種類、筋トレのポイン

https://smartlog.jp/34851

背筋の鍛え方!筋肉の種類&最強の筋トレメニューまとめ【自宅でも可能!】

背筋は非常に大きい筋肉で鍛えることで体も大きく変えることができたり、多くの健康効果を得られます。 今回は背筋の3種類の筋肉の鍛え方

関連する記事②

7387afdcad5e97e177720c4083cec8b8-600x400

ダイエット向け運動スポーツ&筋トレ15種類|最適時間と呼吸法も徹底解説

定期的にスポーツをすることがダイエットに効果的ですが、どのスポーツを選ぶのかが重要になってきます。 今回はダイエットに効果的なおす

3

ふくらはぎの筋肉の鍛え方!筋トレ方法5選と8つのメリットまとめ

ふくらはぎは重要な役割を担っており、きちんと鍛えることでダイエットや健康効果など様々なメリットがあります。 今回はふくらはぎの筋肉

person-812185_960_720

棘下筋の筋トレ&痛み緩和ストレッチ方法まとめ!痛い時は肩が病気の可能性も

棘下筋(きょくかきん)は肩周りの動きに密接な関係があり、鍛えることが大切な部位です。 今回は棘下筋の基礎知識と効果的な筋トレやエク

20130707_yaguti_03

城田優の筋肉が凄い!身長と体重・筋トレ方法まとめ

ドラマ「ROOKIES」などの出演作品で知られる、俳優の城田優さんが上半身の裸を公開し、その肉体美に注目が集まっています。 この記

アームカール

プリチャーカールのやり方と効果!平均重量や注意点5つも総まとめ

逞しい腕作りに効果的な筋トレの一つに、プリチャーカールがあります。 今回はプリチャーカールの特徴や効く筋肉、3つの効果、正しいやり

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「男性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。