MuscularManPosing1

インナーマッスルの鍛え方!体幹との違い&誤った認識も徹底解説!

最近流行りのインナーマッスルのトレーニングは誤った情報も多く、正しい知識や鍛え方が大切です。

 

今回はインナーマッスルの基礎知識、鍛える効果2つ、おススメの鍛え方と注意点、体幹との違い、誤った認識や鍛え方をまとめました。

インナーマッスルとは?

a1a601dfd043065673455ec177affcfc_1479405844-480x320

 

最近よく「インナーマッスル」と聞きますが、結局インナーマッスルって何なんでしょうか?

 

インナーマッスルを説明して欲しいと言われたら、きちんと説明できる人は少ないでしょう。

 

インナーマッスルとは簡単に言うと「深層筋」のこと。

 

深層筋とは体の表面にある見える筋肉ではなく、体の内側にある見えない筋肉全般のことを指します。

 

 

要するに体の見える部分だけを鍛えるのではなく、体の内側も鍛えようというのが今流行っているわけです。

 

インナーマッスルは見た目はあまり変えずに筋肉を鍛えることができますので、特に女性の間ではインナーマッスルを鍛えることが流行っています。

 

しかし、インナーマッスルに関しては非常に多くのデマや都市伝説がありますので、これを機会にきちんとインナーマッスルがどんなものかを学んでください。

 

 

 

インナーマッスルといわれる具体的な筋肉名!

0702050

 

インナーマッスルが体の奥にある見えない筋肉と言うことはわかったのですが、では、具体的にどこにある筋肉で何という名称なのでしょうか。

 

例をあげないとわかりませんよね。

 

2014y12m13d_223921656

 

筋肉の名称で言うなら「棘上筋(きょくじょうきん)」「棘下筋(きょくかきん)」「腸骨筋(ちょうこつきん)」「起立筋」などがこれにあたります。

 

これらの筋肉がある場所は、棘上筋が肩の付近で、棘下筋が肩甲骨の付近、腸骨筋が腰のあたり、起立筋は背中とバラバラな位置にあります。

 

 

これを見てわかった方もいると思いますが、インナーマッスルは全身に点在しているので、特に決まっていないわけです。

 

インナー(内部)にある筋肉をすべて総称する名称なので、「インナーマッスルを鍛えるトレーニング」というのは本来は間違いなわけです。

 

普通の筋トレをする時に「アウターマッスル(外側の筋肉)を鍛えるトレーニングをする」なんて言いませんよね。

 

普通は腕を鍛えるとか胸を鍛えるなどと言うはずですよね。それと同じことです。

 

 

 

インナーマッスルを鍛えて得られる効果2つ!

kinniku_hanasu

 

インナーマッスルを鍛えると様々な効果があると言われています。

 

例えば、インナーマッスルには内臓を正常な位置に戻す・維持する働きがあるので、ぽっこりお腹の解消につながると言われています。

 

内臓も当然何もしなければ重力に従って下に降りて来ようとしまうすが、その内臓を支えるのがインナーマッスルと言われているからです。

 

 

また、これはインナーマッスルだけではなくアウターマッスルでも同じことが言えますが、基礎代謝のアップが期待されます。

 

筋肉は発達して大きくなる程カロリーを勝手に消費してくれます。

 

なので、インナーマッスルを鍛えることで痩せやすい体になることができます。

 

アウターマッスルを鍛えた方がカロリーの消費は大きいですが、体の形が変わるのを嫌う女性はインナーマッスルを鍛えたいという人が多いかもしれませんね。

 

 

 

インナーマッスルのおすすめの鍛え方!「プランク」を紹介

7

 

それではインナーマッスルの正しい鍛え方をご紹介しましょう。

 

インナーマッスルと一言で言っても前述のようにインナーマッスルは身体の様々な場所に存在しているため「インナーマッスルを鍛える筋トレ種目」と言っても様々あります。

 

 

今回はその中でもっともポピュラーな種目である「プランク」をご紹介しましょう。

 

プランクは非常に簡単ですが、効果の高い種目と言われているので、是非これを機会に覚えてしまいましょう。

 

 

①床にうつ伏せで寝ころびます

②肘とつま先で体を一直線に支えます

③この状態で30秒~1分耐えます(耐えられるならもっと耐えても問題ないです)

 

以上を行うのがプランクです。

 

 

プランクは長時間やれば当然負荷は増します。

 

ほとんどの人はきちんと行えば最初は30秒もできないでしょう。

 

もし、30秒以上プランクをやっても全然大丈夫という方はフォームを見直しましょう。

 

きちんと体は一直線になっているか?お尻は上がっていないか?下がっていないか?を意識してください。

 

辛くなってくると体が直線ではなくなってきます。

 

自分でよくわからない人は横から人に見てもらうと良いでしょう。

 

 

 

 

 

インナーマッスルの鍛え方の注意点!

http://www.fitnessjunkie.jp/archives/2231

 

インナーマッスルを鍛える際の注意点です。

 

基本的にインナーマッスルと言われる深層筋を鍛えようと思ったら動きを止める必要があります。

 

先に紹介した「プランク」もそうですが、アウターマッスルを鍛える時のトレーニングは動きがあるのに対してインナーマッスルを鍛える種目はあまり動かない種目が多いです。

 

動かないと筋肉が鍛えられないのでは?と思う人もいるかもしれませ。

 

しかしプランクをやればわかると思いますが、非常に辛くて負荷も大きいです。

 

静止しているのがこんなにも辛いものかと最初にやった時にはびっくりするでしょう。

 

筋肉は動かしても、静止しても鍛えられるものなのです。

 

インナーマッスルはその静止している時に多く使われていると言われています。

 

 

 

インナーマッスルと体幹の違い!

https://magazine.premoa.co.jp/%E4%BD%93%E5%B9%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-ff-100/

 

インナーマッスルと体幹を区別できていない方が多くいます。

 

インナーマッスルは先に紹介したように体の奥深くにある筋肉のことですが、体幹は文字通り体の幹の部分を言います。

 

要するに胴体の部分を指します。

 

手や足や頭は幹から生えた枝葉と言うイメージになります。

 

 

なので「体幹を鍛える」と言えば「胴体の部分を鍛える」という意味になるのです。

 

これはインナーマッスルもアウターマッスルも関係なくその部分を鍛えるという意味なので、体幹を鍛えると言う言葉にインナーマッスルだけを鍛えるという意味はありません。

 

 

胴体を鍛えるわけですから、当然腹筋運動などは体幹運動になるわけです。

 

かなり勘違いしている人が多いので、これを機会に覚えておきましょう。

 

インナーマッスルは「体の奥の筋肉」のこと。体幹は胴体のことです。

 

 

インナーマッスル鍛えてると言っているのに腹筋運動をやっているようなことを言うのはおかしいです。

 

腹筋運動はどう考えてもアウターマッスルも使っているからです。

 

そもそも腹筋は男性ならシックスパックなどでお腹を割りたいと思っている人も多いでしょう。

 

お腹が割れていることが「見える」のですから、目で確認できる時点で表面の筋肉であるアウターマッスルであって、見ることができないインナーマッスル(深層筋)ではないことはわかるでしょう。

 

腹筋を行うことでアウターマッスルと同時にインナーマッスルも鍛えることはできますが、腹筋はアウターマッスルを鍛えるために普通は行うことが多いです。

 

 

 

インナーマッスルに対する誤解

3

 

インナーマッスルを鍛えるのは今やフィットネス業界の流行になっています。

 

しかし勘違いしてはいけないのが、「インナーマッスルが鍛えるに値する筋肉」で、「アウターマッスルは鍛える必要はない筋肉」というような誤った認識をすることです。

 

これは特に女性の間で広まっている誤解です。

 

「インナーマッスルは鍛えても太らない(むしろ鍛えたら痩せる)けど、アウターマッスルは鍛えると太る(筋肉がついてゴツくなる)」との情報がまことしやかに雑誌に載っていたりします。

 

そんなことはありませんし、そもそもインナーマッスルと言うのはあくまでも体を安定させるために働く筋肉です。

 

その筋肉さえ鍛えていれば痩せるなどと言うことはありません。

 

また、アウターマッスルを鍛えるとゴツくなるというのはまったくの誤解ではありませんが、メリハリボディを作るためにはアウターマッスルを鍛えるのは必須と言えます。

 

 

 

インナーマッスルのみの鍛え方では体型は変えられない!

PASONAZ160306150I9A1901_TP_V

 

そもそもスポーツ科学の常識ではインナーマッスルだけを鍛えるという発想はありません。

 

なぜならインナーマッスルというのはアウターマッスルを鍛えることで同時に鍛えることができる部位だからです。

 

あえてインナーマッスルだけを鍛える必要がないのです。

 

 

フィットネス先進国のアメリカではインナーマッスルを鍛えている人はほとんどいません。

 

なぜなら、インナーマッスルのみを鍛えたとしても体の形は変わりません

 

また、体の形を変えるため(自分が思う理想的な体に近づくため)にトレーニングは行うものだという考えが浸透しているからと言えます。

 

 

「アウターマッスルを鍛えればインナーマッスルも鍛えられた上に、更に理想的な体型に近づく」

 

「インナーマッスルだけでは体型が全然変わらない」

 

そう思えばインナーマッスルだけを鍛えようと思う人は日本人でもあまりいないのではないでしょうか。

 

 

でも、アウターマッスルばかり鍛えてゴツくなりたくない!と思っている人も女性にはいるかもしれません。

 

しかしアウターマッスルを鍛えるトレーニング(俗に言う筋トレ)と言うのは別に全身すべてをやる必要はありません。

 

筋肉を適度につけたい部分のみピックアップして、自分のやりたい部位だけやればいいのです。

 

そして、強度も強くしたくなければ強くしなくて良いですし、強度を強くしなければ筋肉はそれほどつきません。

 

つけたい部分にだけ筋肉をつけてメリハリボディを目指す、それが筋トレのいいところでもあるのです。

 

筋トレと言うのはこれをやらなければいけないというものはなく、意外に自由なのです。

 

このあたりは日本人の多くは勘違いしているのです。

 

 

 

インナーマッスルのトレーニングは低負荷&楽な鍛え方?

shutterstock_314440007-689x460

 

インナーマッスルは低負荷で鍛えた方が良いなどと言う何の根拠もないことを書いているネットの記事や雑誌なども多いです。

 

このような記事は要するに「インナーマッスル=低負荷でやって楽」「アウターマッスル=高負荷でやらなければいけないから辛い」などと言う意味で書いているわけです。

 

 

しかし、こんな研究結果はまったくありません。

 

そもそもプランクなどのインナーマッスルを鍛えることができるトレーニングを一度でもきちんとやったことがある人はわかると思いますが、それらのトレーニングはかなり辛いです。

 

「インナーマッスル=低負荷で楽」という方程式はこのことからもわかるようにまったく成り立っていません。

 

しかし、プランクに関わらず、そのような記事に目を通すと、とにかく「楽」「簡単」「時間がかからない」というような言葉のオンパレードです。

 

 

 

インナーマッスルのみを鍛える流行りに惑わされないで!

47306226 - handsome trainer using tablet in weights room at the gym

 

ここまで読んだ方は一つ疑問に思ったのではないでしょうか。

 

「なぜ日本ではインナーマッスルのトレーニングがそんなに流行っているのか?」と。

 

それは、日本のフィットネス業界が何か流行を作るとお金が回る仕組みになってしまっていることが一つの要因でしょう。

 

 

実際は体を変えるというのは昔から適切な食事と適度な運動と決まっています。

 

しかしそれをアピールせずに

 

「楽に痩せる」「簡単にかっこいい体に」「短期間で効果が出る」

 

などと言う宣伝文句で人を集めてダイエット商品を売ってきてしまっている現実があります。

 

 

今さら

 

「痩せるためには食事制限が必要」とか

 

「カッコいい体になるためには筋トレ(辛いトレーニング)が効果的」

 

「カッコいい体になるためには何か月もかかる」

 

などとは言えなくなってしまったのです。

 

企業である限り利益の追求は仕方のないところではありますが…。

 

 

このあたりは楽に痩せられることを求める消費者の方にもある程度の一端はあります。

 

しかしこれだけ情報が錯綜してしまっているとなかなか判断が難しいため、それを言うのは酷と言うものでしょう。

 

 

「楽して痩せる」「食べても痩せる」

 

などと言った言葉と同じように

 

「インナーマッスルさえ鍛えていれば楽してカッコいい体になる」

 

というのはフィットネス業界に興味を持ってもらったり、ダイエット商品を買ってもらうための宣伝文句のようなものです。

 

インナーマッスルを鍛えることがまったくの無意味とまでは言いませんが、アウターマッスルと同時に鍛えてこそ意味のある筋肉であることを認識してください。

 

 

 

まとめ

img_01

 

いかがでしたでしょうか。

 

インナーマッスルがどのようなものかわかっていただけましたでしょうか。

 

インナーマッスルは鍛えても良いですが、アウターマッスルとセットで鍛えるようにしましょう。

 

その方が効率的に鍛えられますし、体の変わってくるのでやる気も出てきます。

 

「楽」「簡単」「短期間」などの言葉に踊らされずにしっかりと筋トレを行うようにしましょう。

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

kinniku_ude

速筋線維と遅筋線維まとめ!筋繊維の特徴&割合&筋トレおすすめを徹底紹介

筋トレには多くの種目があり効果も異なりますので、自分の鍛えたい筋肉にピッタリの筋トレをチョイスすることは非常に重要です。 今回は筋

BO15103009151030095440-thumb-autox1600-19942

ローテーターカフの筋肉の役割!痛み改善ストレッチや鍛え方も総まとめ

「ローテーターカフ」はマイナーな筋肉でありながら非常に重要な役割を担っており、日頃から鍛えておくことが大切です。 今回はローテータ

sport, healthy lifestyle, medicine, nutritional supplements and people concept - close up of man in fitness bracelet with glass of water pouring pills from jar to hand

筋肥大の効果最強のサプリランキング8!選び方&飲み方とHMB効果も徹底紹介

筋トレと食事管理に加え、サプリメントを活用すると効率的かつ効果的に筋肥大させることができます。 今回は筋肥大目的のサプリの効果と最

1ae823cca844f6247be869266b6989db-680x400

筋トレは毎日はNG!超回復のメカニズムや早めるコツ&筋トレのポイントまとめ

早く筋肉をつけたいからと毎日筋トレするのは実は逆効果で、超回復を正しく知ることが大切です。 今回は筋トレは毎日するべきか、超回復の

BO15103036151030364981_TP_V

アウターマッスルの種類と役割&鍛え方や効果!腹筋・三角筋・大殿筋の筋トレまとめ

身体の筋肉は2種類に分類でき、そのうちの一つ「アウターマッスル」を鍛えることで逞しい男らしい体になります。 今回はアウターマッスル

関連する記事②

ankle3

アンクルウェイトの効果的な使い方!おすすめ3選と口コミも徹底紹介

忙しい現代人におすすめのトレーニング器具「アンクルウェイト」は運動効率や質を高めてくれる非常に優秀なグッズです。 今回はアンクルウ

c10fd14b568d1e33245bfd10731ae1d9

下半身の筋トレ20選&筋肉の鍛え方!鍛えるメリット7つも徹底解説

下半身を鍛えることは後回しにされがちですが、身体能力がアップするだけでなく健康効果もあるのでおすすめです。 今回は下半身の筋肉を鍛

313z4JCC7eL._SX425_

トライセプスバーの効果と使い方!おすすめ商品も紹介【動画解説付き】

トライセプスバーを使ったトレーニングはバー無しよりも断然安全に筋トレを行うことができるので非常におすすめのグッズです。 今回はトラ

616XBQ7uE6L._SL1000_

サウナスーツの効果とダイエット方法!正しい使い方と選び方&おすすめ商品まとめ

サウナスーツを着てトレーニングする効果を誤っている人が多々おり、正しい認識で正しく使うことが非常に大切になります。 今回はサウナス

bodybuilder-331670_960_720

腹筋器具の筋トレ効果3つ&おすすめランキングTOP6!注意点も徹底紹介

腹筋を鍛えることは肉体美や生活習慣病予防にも効果的で、腹筋器具を使えばより効率的に鍛えることができます。 今回は腹筋を鍛える効果5

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子のライフマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。