BO151030495155_TP_V

ダンベルカールの効果&やり方!平均重量や回数の目安・注意点も徹底解説

逞しく太い男らしい腕を手に入れたい男性におすすめしたい筋トレの一つにダンベルカールがあります。

 

今回はダンベルカールの効果やメリット、正しいやり方、平均重量や回数の目安、注意点、おすすめのダンベル2選を紹介します。

ダンベルカールの筋トレ効果&メリット!

question-marks-2215_960_720

 

ダンベルカールについては、ダンベルを上下させることが特徴の筋トレであり、比較的有名なウエイトトレーニングの一種です。

 

「ダンベルを使ってトレーニングを始めよう!」と思った人には、まずはダンベルカールをおすすめしたいですね。

 

それだけメジャーな筋トレであり、高い効果やメリットも期待できるのです。

 

 

男らしい腕の実現に近づく!

ダンベルカールによって高い負荷をかけていくことができれば、男らしい太い腕になっていきます。

 

その理由は、上腕筋や上腕二頭筋に効く筋トレだからです。

 

特に、上腕二頭筋については、力こぶの大きさに関わってくる筋肉ですから、積極的に鍛えてみてはいかがでしょうか。

 

スタイリッシュな二の腕の実現も可能!

たるんだ二の腕よりも、引き締まった二の腕の方が良いに決まってますよね。

 

しかし、その点を意識して生活していても、二の腕がたるんでしまうケースはあるはずです。

 

 

ダンベルカールについては、ダンベルの重さや回数を調整することにより、スタイリッシュな二の腕を期待できる筋トレなのです。

 

そのため、女性であってもこの筋トレはおすすめです。

 

ダンベルさえあればどこでも取り組める!

筋トレによっては、複数の器具を使用します。

 

揃えるものが多いと、なかなか自宅で取り組む気にもなれませんよね。

 

 

ダンベルカールの場合、ダンベルさえあれば取り組むことができます。

 

また、広いスペースは必要としませんので、その点もメリットと言えるでしょう。

 

やりやすい筋トレだからこそ、多くの人が取り組んでいるのかもしれませんね。

 

 

ダンベルカールの正しいやり方!【バーベルカールも併せて紹介】

BO15103041151030415115_TP_V

 

ダンベルカールの難度は高くありません。

 

そのため、手順を見ればすぐに覚えることができるでしょう。

 

ただ、多少踏まえておくべきポイントがありますので、その辺りも含めて具体的にご説明します。

 

また、ダンベルカールだけでなく、バーベルカールのやり方もご紹介しますので、参考程度にご覧くださいませ。

 

 

ダンベルカールのやり方

 

1.右手でダンベルを持つ

2.ヒジを曲げてダンベルを持ち上げる

3.ダンベルを下ろす

以下、手順2と手順3を繰り返す。

 

これを、反対側も同様に行いましょう。

 

 

手順では、ダンベルを1つ使うことを前提としていますが、両手にダンベルを持った状態でこの筋トレを行うこともできます。

 

また、ダンベルカールのポイントの1つとして挙げられるのは、ヒジを曲げることです。

 

ヒジを伸ばしたままダンベルを上げてしまうと、上腕二頭筋に対してしっかりと効かせることが難しくなってしまいますので、注意しましょう。

 

 

また、スピーディーにダンベルを上下させる必要はありません。

 

比較的ゆっくり行うイメージでいいでしょう。

 

 

この筋トレにおける他の細かな点については、下の動画からご確認くださいませ。

 

 

バーベルカールのやり方

 

1.少し足を開いてバーベルの前に立つ

2.両手でバーベルを持つ

3.両ヒジを曲げてバーベルを持ち上げる

4.バーベルを下ろす

 

以下、手順3と手順4尾を繰り返す

 

 

この筋トレでは、バーベルの持ち方が重要なポイントとなります。

 

握りが弱かったり、手の先だけで握ったりすると、トレーニングの最中にバーベルが落下する可能性があり、とても危険です。

 

そのため、しっかりと握るようにしましょう。

 

 

また、バーベルを上げる際に、肩がクイっと上がってしまう人もいますが、これも適切ではありません。

 

肩はなるべく動かさないように意識しましょう。

 

 

この筋トレの動画についてもご用意しましたので、そちらもぜひご覧くださいませ。

 

 

 

ダンベルカールの平均重量&回数の目安!

BO151030495155_TP_V

 

ダンベルカールに取り組む場合、ダンベルの重さや、回数について決める必要がありますよね。

 

そこで、多くの人は「平均」について気になるのではないでしょうか。

 

この章では、ダンベルの平均重量についてご説明するとともに、おすすめの回数についても見ていきます。

 

男性でも平均は20kg未満

20歳以上の男性がダンベルカールに取り組む際の平均重量は、15kg~17kg台です。

 

そのため、このくらいの重量のダンベルを持ってトレーニングするならば、およそ平均的と見ていいでしょう。

 

ただ、筋力はコンディションや人によって違いますので、「15kg未満だと情けない…」などと思ってしまう必要はありません。

 

例え最初は軽めのダンベルしか持てなくとも、トレーニングを続けているうちに筋力がアップしてくれば、より重いダンベルを持てるようになりますよ。

 

回数は10回程度でも十分?

ダンベルカールに取り組むにあたっての1セットあたりの回数についてですが、10回程度でも十分に筋肥大は見込めますので、ひたすらに何十回も行う必要はありません。

 

ただ、軽すぎるダンベルを使うとなると話は変わってきますので、回数よりも重量設定が重要です。

 

 

ダンベルカールに取り組む際の注意点

YUKA150701598457_TP_V

 

ダンベルカールについては、手軽できますし、効果も大きい筋トレです。

 

そのため、人によっては積極的に取り組んでいることでしょう。

 

しかし、ダンベルカールによって体を鍛えていく上で、注意すべきことがいくつかあります。

 

そこで、この章ではその注意点についてご説明しましょう。

 

 

腕全体が上下してしまうようではダメ?

人によっては、ダンベルを上げる際に「腕全体」を一緒に動かしてしまっています。

 

これでは、適切なやり方とは言えませんし、得られるはずの効果も得られないでしょう。

 

「ヒジを曲げて」ダンベルを上下させていくことがポイントになります。

 

 

 

負荷が一定だと筋肥大が伸び悩んでしまう?

例えば、15kgのダンベルを使って取り組む場合、継続していけば当然筋肥大が見込めます。

 

しかし、ずっと同じ重さのダンベルで同じ回数こなしていくとなると、どこかで筋肥大がストップしてしまうでしょう。

 

そのため、慣れてきたら、段階的に負荷を高めるようにしましょう。

 

これにより、さらなる筋肥大を見込むことができるのです。

 

 

ダンベルカールで使えるおすすめのダンベル2選!

dumbbell-1966702_960_720

 

ダンベルカールに取り組むにあたって必要なものは、ダンベル(1個~2個)ですよね!

 

ということで、今回は2点のダンベルをご紹介しましょう。

 

ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめ商品①

71IG3xK19pL._SX425_

 

まず、1点目にご紹介するのはPROIRONのダンベルセットです。

 

この商品に関しては、ややコンパクトなサイズで、触り心地が良い点が特徴となっています。

 

色が明るく、おしゃれなデザインとなっていますし、変な臭いもありません。

 

そのため、使いやすい商品としておすすめできます。

 

 

また、2個セットとなっていますが、重さの種類は色々あります。

 

2kgのセットや3kgのセット、4kgのセットなどがありますので、自分に合った重さのダンベルを選んで購入してみてはいかがでしょうか。

 

価格帯も高くはないと思いますよ。

 

 

この商品に関する他の細かな点については、下のリンクからご確認くださいませ。

 

【Amazon リンク】

PROIRON ダンベル ダンベルセット 1kg/2kg/3kg/4kg/5kg 2個セット ソフトコーティングで [筋力トレーニング 筋トレ シェイプアップ 鉄アレイ 鉄アレー]

 

 

おすすめ商品②

51gMeu6CFSL._SX425_

 

2点目にご紹介する商品は、NIHOLIの「可変式ダンベルセット」です。

 

この商品に関しては最新モデルとなっています。

 

また、重さの調節が簡単にできるタイプのダンベルとなっていますので、その点がメリットの1つです。

 

ダイヤル式になっていますので、一見複雑そうに感じるかもしれませんが、すぐに慣れると思います。

 

 

また、重さの幅については2.5kg~24kgとなっています。

 

このダンベルセットを買えば、段階的なトレーニングも十分に可能というわけです!

 

非常に効率的なアイテムですよね!

 

頑丈であり、長持ちするタイプの商品だと思いますので、こちらの購入もお考えになってはいかがでしょうか。

 

ただ、価格の方は安くありませんので、よく検討しましょう。

 

 

この商品に関する他の細かな点については、下のリンクからご確認ください。

 

【Amazonリンク】

★1/15入荷予定★2018年モデル!24Kg可変ダンベル2個セット(DW-DB24-2)◆ワンタッチでウェイト変更◆

 

 

 

まとめ

BO15103059151030595160_TP_V

 

今回は、ダンベルカールの効果や方法、そして重量や回数の面などについてご説明してきました。

 

ダンベルカールは、とても効果的な筋トレ法であり、メリットの部分も大きいです。

 

そのため、上半身、特に上腕二頭筋を着実に鍛えていきたい場合には、ぜひダンベルカールを実践してみましょう。

 

継続的に取り組むことができれば、少なからず筋トレ効果を実感することができますよ。

 

ちなみに、バーベルカールについても、大変効果的な筋トレですので、そちらもおすすめです。

 

 

また、ダンベルカールにおける重量の平均や回数面のデータはありますが、そのデータを意識しすぎるのはよくありません。

 

あくまでも、自分のコンディションや筋力を踏まえてトレーニングしていくことが大切なのです。

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

BO15103036151030364981_TP_V

小胸筋の筋トレ・鍛え方!痛みをほぐすストレッチ方法2選も徹底紹介

小胸筋は大胸筋に隠れがちですがその働きは重要で、鍛えるメリットも大きい筋肉です。  今回は小胸筋の役割、おススメの鍛え方として筋ト

BO15103059151030595160_TP_V

バイセップカールのやり方&筋トレ効果!重量設定など注意点2つも徹底解説

大きな力こぶ作りにも、二の腕の引き締めにも効果的な「バイセップカール」はダンベルできるおすすめの筋トレです。  今回はバイセップカ

MuscularManPosing1

パームカールの効果とやり方!注意点3つや最適な回数も徹底解説

腕の筋肉強化のためのいつでもどこでもできる筋トレをお探しなら、パームカールがおススメです。  今回はパームカールの基礎知識と効果、

m030041

肋間筋の筋トレ・鍛え方!痛みをほぐすストレッチ2選も徹底紹介

肋間筋は聞き慣れない筋肉ですが、日常生活を行う上で非常に重要な役割があります。  今回は肋間筋の位置と役割、おススメの鍛え方として

BO15103059151030595160_TP_V

ダンベルフライの効果と3種類のやり方!フォームや重量設定の注意点も徹底解説

男らしい厚い胸板を作りに役立つダンベルフライは、初心者にも取り組みやすいおすすめの筋トレです。  今回はダンベルフライの効果、3種

関連する記事②

7EA893F5-2691-4693-9A7D-CE7F9E8010A1

スクワットの腹筋効果&割れる方法まとめ!レベル別の正しいやり方や注意点も解説

スクワットと聞くと多くの人は下半身のトレーニングというイメージですが実は腹筋が割れる効果も期待できるんです。  今回はスクワットの

BO15103059151030595160_TP_V

バックプレスの効果とやり方!重量設定とコツ&3つの注意点など徹底解説

逞しい隆起した肩に鍛えたいと思っている人におススメの筋トレに、バックプレスがあります。  今回はバックプレスで鍛えられる筋肉と効果

dreamstime_xs_8247188-e1478837091103

EMSの効果&おすすめ5選!副作用や筋肉が溶ける噂も徹底解説

運動無しに筋肉がつくと話題のダイエット器具「EMS」は有名選手や芸能人が使用してさらに注目されています。 今回はEMSの効果3つ、副作用やリ

81b+IUGf8GL._SL1500_

ステッパーの効果と使い方!おすすめ人気ベスト3や消費カロリーも徹底紹介

ステッパーを使ってのトレーニングは幅広い世代にチャレンジしやすく、簡単な割に運動効果は目を見張るものがあります。  今回はステッパ

push-up-female-e1443189862745

腕立て伏せは毎日やるべき?最適頻度&回数まとめ【やり方の動画付き】

腕立て伏せは自宅でできる筋トレですが誤ったフォームの方も多く、効果を得るためには正しいやり方で行う必要があります。  今回は腕立て

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。