無題

男性ホルモンを増やす方法!サプリ・食べ物・筋トレ4選など徹底紹介

男性が男らしく身体的に成長していくために男性ホルモンは非常に重要です。

 

今回は男性ホルモンが減少するデメリット、増やす方法として減量・摂りたい栄養素4つ・サプリメント・おススメの筋トレ4選と食べ物5選を紹介します。

 

男性ホルモンは男性にとって必要不可欠!

 

無題

 

男性ホルモンのバランスが崩れたら、男らしさが欠如するので、非常に重要な部分です。

 

男性機能が発達するためにもとても必要です。

 

男性ホルモンを減らしたいという気持ちが出てくる人もおられますが、男性が健康的に生きていくためには非常に重要です。

 

 

男性ホルモンは簡単な工夫で増やすことが出来ます。

 

男性ホルモンが減ることのデメリットや、男性ホルモンがきちんと維持されていることのメリットとは何があるでしょうか?

 

男性ホルモンを増やすための方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

 

男性ホルモンが減少するデメリット!

 

shutterstock_423652303

 

男性ホルモンが減少していくと、男性にとってはデメリットとなることばかりです。

 

男性が男性らしくあるためには男性ホルモンの分泌がどうしても必要です。

 

体内で作られなくなると、意欲や集中力が低下してしまうので、できるだけ男性ホルモンは維持するように心がけたいものです。

 

 

さらに、人付き合いが億劫になり、新しいことにチャレンジすることが出来なくなるため、男性としての魅力がかなり半減します。

 

また、睡眠不足の原因ともなることがあります。

 

また、体のあちこちに痛みを感じるようになります。

 

さらには性欲さえも減少していきます。

 

 

 

男性ホルモンを増やす方法!ホルモン分泌を促す食べ物と筋トレが効果的

 

img_421

 

男性ホルモンを増やすことは、男性にとって必須の課題です。

 

男性ホルモンが不足することで様々なデメリットがあることはお分かりいただけましたね。

 

できるだけ男らしさを取りもどすために、また、より男に磨きをかけるためにも男性ホルモンを増やす必要があります。

 

 

男性ホルモンを増やす方法を大きく2つに分けるとすると、食べ物・筋トレです。

 

食べるものによって男性ホルモンの分泌を促すことが出来ますし、筋トレを習慣化することで中身も外見も男らしさを倍増させることが出来るのです。

 

 

食べ物

 

男性ホルモンの分泌を促して増やすために、食事は非常に効果的です。

 

男性ホルモンの王様であるテストステロンを増やすことのできる、つまり精力増強効果のある栄養素をたくさん摂取するように意識しましょう。

 

亜鉛を中心に食品を選び、たんぱく質やビタミン、乳製品、ミネラルといった、普段でも積極的に摂取してほしい栄養素をより多く取り入れるように心がけましょう。

 

亜鉛が豊富に含まれている食品には、牡蠣などの貝類、ウナギやレバー、カシューナッツやパルメザンチーズなどがおすすめです。

 

 

筋トレ

 

筋力トレーニングや、短時間で体をたくさん動かすハードなトレーニングは、男性ホルモンを増やすのに効果的であるといわれています。

 

トレーニングルームに通ってマシーンを使って行う筋トレも確かに効果があります。

 

しかし自重トレーニングで、様々な筋肉や関節をいっぺんに使ってまんべんなく鍛えることのできるものがおすすめです。

 

 

しかし、トレーニングに夢中になり過ぎて、脱水を起こしてしまうと効果がなくなってしまいます。

 

脱水症状は男性ホルモンの分泌を抑制させてしまうので危険です。

 

1時間以上の運動もテストステロンを減少させてしまいかねない為、時間にも注意しましょう。

 

 

 

男性ホルモンを増やすには減量も効果的!

 

dieta-primera-semana-e1438743440827

 

体重をコントロールすることは、男性ホルモンを増やすための一つの方法ということが出来ます。

 

太り過ぎ、もしくは標準体重を超えている男性は減量するよう心がけましょう。

 

標準以上に体重がある人は、もともと男性ホルモンが少ないという特徴があります。

 

 

ですから、男性ホルモンを増やすためにはまず体重を減らして、体質改善から始めるようにしましょう。

 

もし、適正体重ならその体重を維持するようにしましょう。

 

適正体重であるときが、一番男性ホルモンを分泌しやすい状態であるといえます。

 

 

ダイエットに成功したなら、また元の標準体重を超えた数値に戻ってしまわないように注意することが大切です。

 

ですから減量、維持、食事管理が大切です。

 

糖質を制限し野菜をたくさん摂取するようにしましょう。

 

 

 

男性ホルモンを増やす栄養素4つを詳しく紹介!

 

 

男性ホルモンを増やすために、食事の管理は非常に重要です。

 

男性ホルモンを増やすことのできる、効果的な栄養素にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

タンパク質

 

タンパク質は、男性ホルモンを増やすために非常に大切な役割を担っています。

 

タンパク質は体を作る、つまりすべての細胞を作るために必須の栄養素だからです。

 

タンパク質が不足してしまうと、男性ホルモンが減少してしまいます。

 

 

減量しようとして、必要以上に食事制限していると、タンパク質が不足してしまいます。

 

そうすると、自然と男性ホルモンを分泌することができなくなります。

 

タンパク質が主に含まれている食品は、乳製品、卵、魚、肉などがあります。

 

 

卵はコレステロールが高い食品でもあります。

 

コレステロールは男性ホルモンの値を高めることのできるものですから、卵はとてもおすすめの食品ですよ!

 

また、男性ホルモンを増やしたいために、できるだけ多くの量を食べたい!と思うなら鶏肉にしましょう。

 

 

亜鉛

 

亜鉛の摂取を制限すると男性ホルモンの分泌が著しく下がることが、ある研究により明らかになっています。

 

亜鉛はミネラルの一種で男性ホルモンを分泌するために欠かせない一つの栄養素です。

 

亜鉛が多く含まれているのは、チーズや生乳などの乳製品、豆乳や納豆などの大豆製品、肉や魚などです。

 

しかし、これらの亜鉛が含まれている食品は熱を通すことによって亜鉛が劇的に減少してしまいます。

 

ですから、できるだけ加熱調理せずに摂取する必要があります。

 

足りない部分はサプリメントで補うのも良いでしょう。

 

 

脂質

 

脂質は、太る原因!あまりとらないように!というのが当たり前のようになっていますが、脂質が不足すると、男性ホルモンが減ってしまいます。

 

もちろん脂質の取り過ぎは太る原因となり、病気を誘発させるものにもなります。

 

また、脂質を取ればいいといっても、どんな脂質でも男性ホルモンを増やす効果があるか、といえばそうでもありません。

 

 

男性ホルモンを増やすために是非摂取してほしい脂肪が、一価不飽和脂肪酸飽和脂肪酸です。

 

これらの脂肪酸はオリーブオイルやアーモンドなど体に良い脂に含まれています。

 

また、卵の黄身や赤身のお肉、チョコレートなどからこの脂質を摂取することが出来ます。

 

逆にマーガリンなどに含まれているトランス脂肪酸は体に悪いですから、できるだけ摂らないようにしましょう。

 

 

含流化合物

 

テストステロンを増やす効果のあるものに、含流化合物というものがあります。

 

これはタンパク質と一緒に摂取することで男性ホルモンの分泌を促進させることが出来ます。

 

含流化合物は、玉ねぎ、ニラ、にんにく、ネギなどに多く含まれています。

 

これらの野菜は肉や卵と一緒に調理することが多いのではないでしょうか。自然とタンパク質と共に食べることが出来るはずです。

 

食事の献立を考えるときにこうした組み合わせを意識するようにしましょう。

 

 

 

男性ホルモンを増やすにはサプリメントも効果的な方法!

 

pixta_2485470_S1

 

男性ホルモンを増やすために、サプリメントを用いることは正しいことなのでしょうか?

 

先ほど見てきたように、男性ホルモンを増やすために効果的な働きをしてくれる栄養素がたくさんあります。

 

しかし、それらの栄養素を必要なだけ毎日の食事の中で摂取できるでしょうか?

 

サプリメントであれば様々な種類の栄養素を組み合わせて簡単に摂取することが出来るのです。

 

以下のような栄養素をサプリメントから摂取することが出来るでしょう。

 

 

・亜鉛

・マカ

・アルギニン

・シトルリン

 

 

こうした栄養素はなかなか食品から摂ることのできないものです。

 

できることであればサプリメントに頼らずに食事と筋トレで男性ホルモンを増やす方法が一番良いです。

 

しかし手っ取り早く男性ホルモンを増やし、栄養を補うためにサプリメントを使うのも一つの手と言えるでしょう。

 

 

 

男性ホルモンを増やすためのおすすめの食べ物5選!

 

af0060024173w-300x225

 

男性ホルモンを増やすために、どのような食べ物を選ぶと良いのでしょうか?

 

必要な栄養素を多く含んでいる、食品をご紹介しましょう。

 

 

牡蠣

牡蠣は、亜鉛を豊富に含んでいる食品です。

 

普段からあまり牡蠣を食べる習慣はないかもしれません。

 

これからは自分で積極的に牡蠣を調理してみませんか?

 

亜鉛は火を通すと劇的に減少するため、できるなら生ガキを食べることをお勧めします。

 

 

卵は、たんぱく質とコレステロールの宝庫です。

 

この栄養素はどちらも男性ホルモンを増やすために非常に効果的で必須ともいえるものです。

 

卵は朝食から夕食まで取り入れやすく、調理の幅も非常に広いので、楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

 

鶏肉

ヘルシーでタンパク質豊富な食品といえば、鶏肉でしょう。

 

タンパク質を摂るのは筋トレ効果を高めて、男性ホルモンを増やすために非常に重要です。

 

しかしタンパク質の摂り過ぎは太る原因ともなり、肥満は男性ホルモンが減少する原因となります。

 

鶏肉なら低カロリーですがタンパク質をしっかりと摂取できますよ。

 

 

ニンニク、玉ねぎ

 

ニンニクや玉ねぎは、先ほども述べたように、たんぱく質と一緒に摂取すると男性ホルモンを増やす効果がある含流化合物がたくさん含まれています。

 

普段の食生活の中で比較的取り入れやすい野菜などに多く含まれていますから、積極的に食べていきたいものです。

 

 

 

男性ホルモンを増やすためのおすすめの筋トレ4選!

 

 

男性ホルモンを増やす方法の一つに筋トレがありました。

 

短時間で全身の筋肉を動かしてまんべんなく鍛えることのできる筋トレ種目がおすすめです。

 

ここでは4つの筋トレ方法をご紹介したいと思います。

 

どれも自重トレーニングですから、特別なマシーンがなくてもいつでもどこでも行うことが出来ます。

 

これらの筋力トレーニングを習慣にしましょう。

 

男性ホルモンを増やしながら、魅力的な体を作り上げることが出来ますよ。

 

 

スクワット

 

①肩幅に足を広げる

②足先を外側に向けて背中をのばす

③腕は頭の後ろに沿えるか前に伸ばす

④息を吸いながら地面と太ももが平行になるまで上体を下げる

⑤息を吐きながら膝が伸び切らない位置まで戻る

⑥20回繰り返す

30秒のインターバルを置いて残り2セット行う

 

 

スクワットによって鍛えた筋肉によって、脂肪燃焼を促すことができます。

 

さらに、全身の筋肉をまんべんなく鍛えることが出来るでしょう。

 

 

 

ランジ

 

①背中をのばして両足を肩幅に開く

②膝を軽く曲げる

③胴体を引きしめる

④片足を前方に出して腰を下ろしていく

息を吸いながらバランスが崩れないようにする

⑥体をゆっくりと起こしていく

息を吐きながら前方の足のかかとに力を入れる

⑧反対側の足を前に出して同じようにする

左右を10回前後×3セット行いましょう。

 

 

 

レッグカール

 

①ベンチにうつぶせになる

②両足でダンベルを挟む

③ひざ下はベンチの外に出す

④ひざを90度くらいまでゆっくりと曲げる

⑤膝をゆっくりと伸ばす

 

レッグカールでは主にハムストリングスを鍛えることが出来ます。

 

これは足全体の形の見栄えにも関係してくる筋肉です。

 

重要な部位ですが鍛えにくい部位であるため、あまり意識しないところでもあります。

 

このような部位を鍛えることによって、男性ホルモンを増やすことが出来るのです。

 

 

 

カーフレイズ

 

①台の上に立つ

②背筋を伸ばしたまま、ゆっくりとかかとを上げる

③ゆっくりとかかとを下していく

④ふくらはぎの筋肉の収縮を意識する

1セット10~15回行う

 

カーフレイズではふくらはぎの筋肉を鍛えることが出来ます。

 

カーフレイズでふくらはぎの筋肉が刺激されることで、血行が促進され代謝が良くなることでしょう。

 

男性ホルモンの分泌を促し、減量効果も実感できることでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

IMG_8244-259

 

男性ホルモンが増えると、男性としての魅力が高くなります。

 

あらゆることへのやる気がわいてくることでしょう。

 

異性からも良い目で見られるはずです。

 

男性としての自信を持ち、人間関係においても仕事においても良い結果を得ることが出来るでしょう。

 

 

男性ホルモンを増やす方法には食事と筋トレがありました。

 

どれも今すぐにでも改善できることでしょう。

 

男性ホルモンを増やす効果のある栄養素も積極的に取り入れて、毎日の生活に筋トレを組み込んでみませんか?

 

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

IMG_2926

身長と体重の平均/標準/理想値まとめ!具体的な目標がダイエットには不可欠

ダイエットはとかく体重をいかに減らすかが目標にされがちです。 今回は体重の測り方5種類、標準と理想体重どちらをダイエット目標に選ぶ

testosterone02-1200x900

テストステロンを増やす方法12選!高める効果は筋トレが絶大!

モテホルモンとも言われる男性に必要不可欠なテストステロンというホルモンは、努力次第で分泌を高めることができます。 今回はテストステ

marason-300x200

全身持久力の高め方2つ&トレーニングのコツ!測定方法と指標も徹底紹介

全身の持久力を高めることは、スポーツをする人はもちろん、健康増進効果もあるのであらゆる人におすすめです。 今回は全身持久力の高め方

shutterstock_221421601

男性ホルモンを減らす方法8つ&食べ物!過剰分泌のデメリット&危険も解説!

男性ホルモンの過剰分泌で悩む男性が増える中、男性ホルモンを減らすメリットも最近注目されています。 今回は男性ホルモンの働き、過分泌

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

肥満の原因4つと悪影響!病気5つの症状と治療法も徹底解説

肥満は見た目が悪いだけではなく将来的な深刻な病気のリスクを考えると、命を縮める病気という見方もできます。 今回は肥満の原因4つ、肥

関連する記事②

abdominal-1203881_960_720

【クランチ】腹筋の筋トレ20種類のやり方まとめ!参考動画あり

腹筋の筋力アップには、クランチをはじめとする効果的な筋トレが数多く存在します。 そこで今回は、腹筋の筋トレでの体へ嬉しい効果と、ク

koji-murofushi002

室伏広治の筋肉まとめ!身長や体重&筋トレ・食事方法を徹底紹介!

日本人アスリート史上最高の身体能力を誇ると言われるハンマー投げ・金メダリストで中京大学教授の室伏広治さん。 この記事では、室伏広治

large

坂口健太郎の筋肉特集!身長や体重&筋トレ・ダイエット方法まとめ

坂口健太郎さんですが、筋肉が意外と凄いらしいです。 この記事では、坂口健太郎さんの身長や体重などの基本情報、そして美しい筋肉がわか

ダルビッシュ有の筋肉付ける筋トレ&食事法!プロテインも徹底紹介

大リーグで活躍するダルビッシュ有選手の筋肉は実は計算された努力の賜物で、真似することで同様の効果が期待できます。 今回はダルビッシ

w700c-ez_f227d984b77dca96534c24ebc736568c121d20b128c6a5b6

白濱亜嵐の筋肉がヤバい!身長や体重・筋トレ方法まとめ【画像付き】

EXILEやGENERATIONSとして活躍している白濱亜嵐さんですが、筋肉が凄いと度々話題になっています。 この記事では、白濱亜

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「男性のコンプレックスを解決する」がメインテーマの情報まとめサイトです。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容や健康全般に関する情報をまとめています。