161007-300_TP_V

メディシンボールの効果3つ&トレーニングの使い方4選!おすすめ商品も徹底紹介

メディシンボールを通常の筋トレ種目に取り入れると、様々なメリットや効果があり非常に効率的に筋トレができます。

 

今回はメディシンボールの効果3つ、筋トレでの使い方4種類とそれぞれのポイント、おすすめ商品を紹介します。

メディシンボールの効果3つ

YUKA150701598457_TP_V

 

皆さんも、一度くらいメディシンボール大会に参加したことがあるのではないでしょうか。

 

小学校の行事等で取り入れられるケースもあり、大勢で取り組むものとして有名ですよね。

 

ただ、そのような時に使う道具としてのメディシンボールを知っていても、筋トレグッズとしてのメディシンボールについては知らない人もいるかもしれません。

 

では、果たして筋トレグッズとして有用なものなのでしょうか。その点についてご説明します。

 

 

十分な筋トレ効果が得られる!

メディシンボールの重量については一律ではありませんが、3Kg~5Kg程度のものが多いと言えます。

 

このくらいの重さのボールを使って筋トレをするとなれば、当然ある程度の効果を期待することができますね。

 

負荷の大きさと筋肥大は、大きく関係しているのです。

 

 

色々な使い方ができる!

メディシンボールというのは、一見ただのボールです。

 

しかし、この筋トレグッズを使った筋トレ法というのは数多く開発されていることから、それだけ色々な使い方ができるものだということですね!

 

このボール1つで、体の色々な部分を鍛えることができるため、多くのトレーニーから愛用されるグッズとなっているのです。

 

 

メディシンボールのタイプは色々!

メディシンボールについては、様々なタイプが販売されています。

 

そのため、自分が取り組みたい筋トレに合ったタイプのメディシンボールを選択することができるのです。

 

この点からも、メディシンボールの価値というのは見いだせるのではないでしょうか。

 

 

 

メディシンボールの使い方!効果的な筋トレ4選

161007-300_TP_V

 

メディシンボールを使って体を鍛えていく人々にとって一番気になることは、メディシンボールを筋トレにどう活かすかということですよね。

 

この点がわからなければ、たとえメディシンボールが手に入っても大して意味はないでしょう。

 

そこで、ここではメディシンボールを使った効果的な筋トレ法を4種類ご紹介します!

 

どれか一つでも気に入った種目があれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

メディシンボール・フォワードランジ

まず、最初にご紹介するトレーニング法は「フォワードランジ」です!

 

これについては、体を大きく使って行う筋トレ法となりますので、その点は踏まえておきましょう。

 

 

具体的な手順については以下の通りとなっています。

 

1.両手でメディシングボールを持ち、少し足を開いて立つ

2.両手を上げ、メディシングボールが頭の後ろにくるようにする

3.右脚を大きく前へ動かす

4.踏み出した脚が床へついたら、その脚を曲げる

5.元の位置へと戻る

6.左脚を大きく前へ動かす

7.踏み出した足が床へついたら、その脚を曲げる

8.元の位置へと戻る

以下、手順4~手順8を繰り返す

 

 

この筋トレの場合、脚を大きく踏み出してから元に戻るまでの間も、上体をぐらつかせないことが重要になります。

 

正しい姿勢をキープした状態で取り組むことに意味があるのです。

 

 

また、頭の後ろでメディシングボールを持ち続けるということになりますので、あまりに重量があるものだとキツイと思います。

 

したがって、その点を踏まえ、ある程度軽いボールを使った方がいいかもしれませんね。

 

また、フォワードランジの細かなポイントについては、下の動画でご確認ください。

 

 

動画を見ても、男性の方が大きく前踏み込んでいることが分かりますね。

 

この大胆な踏み込みがあるからこそ、筋トレ効果が期待できるということもあるため、頑張ってやってみましょう。

 

 

メディシンボール・シットアップ

次にご紹介するのは、「メディンボール・シットアップ」です。

 

この筋トレは、座った体勢からスタートするというものですので、その点は踏まえておくといいでしょう。

 

 

それでは、具体的な手順についてご紹介します!

 

1.メディシンボールを持ち、床に座る

2.両手をやや前方へ伸ばし、両ヒザを立てる

3.上体を後方へ倒す

4.上体を起こす

以下、手順3と手順4を繰り返す

 

 

この筋トレの場合、ポイントは手順3の時です。

 

上体を倒して背中を床につけるわけですが、その時であってもボールは床につけないようにしましょう。

 

常にボールが浮いたままトレーニングをするということですね!

 

他の細かなポイントについては、下の動画でご確認ください。

 

 

動画を見ると、子供でも簡単にこの筋トレをこなしていることが分かりますね!

 

子供でもできるのですから、大人ができないわけがありません。

 

ぜひ、積極的に取り組んでみることをオススメします!

 

 

メディシンボール・プッシュアップ

次にご紹介するのは、「メディシンボール・プッシュアップ」です!

 

プッシュアップというワードが入っていますので、多くの人がイメージできる筋トレの1つではないでしょうか。

 

 

それでは、具体的な手順についてご紹介しましょう。

 

1.腕立て伏せの体勢になる

2.左右の手の下にメディシンボールを一つずつ置く

3.体勢を安定させる

4.上体を下げる

5.上体を上げる

以下、手順4と手順5を繰り返す

 

 

この筋トレの場合、メディシンボールの上に手を置いたまま行うということになりますので、バランス感覚が必要になります。

 

そのため、初めて行う場合、いきなり動作にうつるのではなく、まずは体勢を安定させることを優先的に考えましょう。

 

 

また、この筋トレに慣れてきたら、足の下にもメディシンボールを置いて取り組んでみましょう。

 

よりバランス感覚が必要になりますが、効果がさらに期待できますよ!

 

またこの筋トレの動画をご用意しましたので、ぜひご覧ください。

 

 

動画では、男性の方が慎重にこの筋トレを行っている様子が見てとれると思います。

 

あまり急いで行うと、メディシンボールがすっぽ抜けてしまう可能性もありますので、そうならないように十分気をつけましょう。

 

メディシンボールを2つ以上使ったプッシュアップというのは、少々難度が高いのです。

 

 

メディシンボール・フェイクスロー

最後にご紹介するのは、「メディシンボール・フェイクスロー」です!

 

このトレーニングでは、メディシンボールは一つしか使用しませんし、

 

他にも道具が必要というわけではありません。

 

そのため、自宅でも手軽にできると思いますよ!

 

 

具体的な手順については以下の通りとなっています。

 

1.両手で1つメディシンボールを持ち、床の上でヒザ立ちになる

2.メディシンボールを勢いよく上へ持ち上げる

3.メディシンボールを下げる

以下、手順2と手順3を繰り返す

 

 

この筋トレの場合、メディシンボールの重量よって得られる筋トレ効果に大きな違いが出てきますので、その点はよく踏まえておきましょう。

 

また、筋トレに慣れてきたら、メディシングボールを左下から右上へ持ち上げるようにするなど、色々なバリエーションを取り入れてみるといいでしょう。

 

応用が利く筋トレというのは良いですよね!

 

また、この筋トレの細かなポイントについては、下の動画からご確認ください。

 

 

動画を見ると、ある程度スピーディーにボールを持ち上げていることが分かりますね。

 

この点は重要にはなるのですが、自分に適していないほど重いボールを使うとなると、勢いよく持ち上げるということが困難だと思います。

 

そのため、重すぎるボールは使えませんね。

 

 

 

おすすめのメディシンボール!

61KJYxF+p1L._SL1000_

 

先ほども少しご説明したように、メディシンボールにも色々と種類があります。

 

そのため、どのタイプのものを選ぶのかという点が、とても重要なってくるというわけです。

 

そこで、ここではオススメのメディシンボールを1つご紹介しましょう。

 

 

それこそ、BODYMAKERの「メディシンボール MBG25 5kg」です!

 

5Kgのメディシンボールとなっていますので、少々重い方でしょう。

 

また、ラバータイプとなっていますので、つかみやすいという点がメリットの1つです。

 

トレーニング中にメディシンボールがすっぽ抜けてしまうということでは困りますので、ラバータイプというのは良いですよね!

 

 

また、ソフトなタイプでもありますので、初めての方でも扱いやすいと言えるのではないでしょうか。

 

興味があればぜひ購入を検討されることをオススメします!

 

 

この商品の詳細につきましては、下のリンクからご確認ください。

 

【Amazon商品リンクはこちら】BODYMAKERの「メディシンボール MBG25 5kg」

 

 

 

まとめ

sport-1685854_960_720

 

これまで、メディシンボールのメリットや、メディシンボールを使ったトレーニングの方法、そしてオススメの商品などについてご説明してきました。

 

メディシンボールというのは、単純そうに見えて意外に価値がある筋トレグッズの1つです。

 

このグッズ1つで色々な筋トレができることから、ぜひ一度試してみるといいと思います!

 

 

また、今や様々なメディシンボールが販売されていて、中には安価のものもあります。

 

そのため、1つの商品だけを見て高いと判断してしまうのではなく、色々な商品を見てみてはいかがでしょうか。

 

自分に合った安価なタイプのものを発見できるかもしれませんよ!

 

 

ただし、重量のあるものを購入した場合、トレーニング中はより慎重にならなければなりません。

 

メディシングボールが手から離れると思わぬ怪我にもつながりますのでご注意くださいね。

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

d21292-4-727646-3

ヨガマットおすすめ人気商品10!使い方&選び方のポイント6つも徹底解説

今やトレーニングの一つとして定着したヨガは、実はヨガマット次第で運動効率に差が出るのでマット選びは重要です。  今回はヨガマットの

313z4JCC7eL._SX425_

トライセプスバーの効果と使い方!おすすめ商品も紹介【動画解説付き】

トライセプスバーを使ったトレーニングはバー無しよりも断然安全に筋トレを行うことができるので非常におすすめのグッズです。  今回はト

towel

メンズのタオル|スポーツジム用のおすすめ人気12選!選び方や汗ふき以外のタオルも紹介

スポーツジムで運動すれば汗は避けられずタオルは必需品ですが、機能や価格も様々で自分に合った物を選ぶ必要があります。  今回スポーツ

61GEiH1ortL._SL1500_

ストレッチマットの人気おすすめ商品10!各々の特徴や効果も徹底紹介

様々なメリットがあるストレッチは毎日行っても負担にならないようストレッチマットの使用がおススメです。  今回はストレッチマットの使

ama0I9A7838045125433_TP_V

ダンベルで筋トレ効果アップ!最適な道具選びとやり方・注意点まとめ

ダンベルは筋トレをより効率良く行えるアイテムとして人気で、筋トレ初心者の方にもおすすめです。  今回はダンベルの筋トレの効果3つ、

関連する記事②

PAKU6233_TP_V

ストレッチの効果2つ&メニューの組み方と部位別のやり方【腕・腹部・脚の3種類ずつ】

本格的な運動や試合前にストレッチを行うことはその後の運動のパフォーマンス向上や安全のためにも非常に重要です。  今回はストレッチの

BO15103059151030595160_TP_V

ショルダープレスの効果とやり方!平均重量と3つの注意点&相乗効果のある種目も総まとめ

逞しい肩を作るのに効果的な筋トレ種目の一つが、ショルダープレスです。  今回はショルダープレスの特徴や効果のある筋肉、ダンベルとバ

懸垂

懸垂の効果&やり方とコツ!最適な回数やできない時の対策も徹底解説!

男性の鍛え上げられた背中はカッコよく、女性に人気の部位のため、ぜひ背中を効率的かつ効果的に鍛えられる懸垂で背中を鍛えることがおすすめです。

asphalt-858669_960_720 (1)

スクイズボトル人気おすすめ10選!水分補給の効果&メリットも一挙紹介

「スクイズボトル」は一度使うとその効果やメリットの高さでトレーニング中は手放せなくなること間違いなしの便利な商品です。  今回はス

shutterstock_273214835-1-689x460

フロントブリッジの効果とやり方!体幹や腹筋を鍛えよう【正しいフォームが重要!】

体幹トレーニングの中でもフロントブリッジは代表的な筋トレ種目で、肉体改造にもダイエットにも効果抜群です。 今回はフロントブリッジの正しいフォ

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。