gym-526995_960_720

ジムダイエットは最強!4つの効果やメリット&最適メニューまとめ

ジムは筋肉アップだけでなく、効果的なダイエットができる設備や環境が整っている場所でもあります。

 

今回はジム通いダイエットの効果2つ、メリット&デメリット、効果的な方法3つ、おすすめのメニュー2つ、注意点を紹介します。

ジム通いダイエットの効果2つ!

gym-room-1181822_640

 

ダイエットの成功を目標として掲げている人は多いですが、どのような手段をとるのかについては人によって異なりますね。

 

食事制限をかけていく中でダイエットする人もいれば、運動量を増やしてダイエットする人もいます。

 

 

もちろん、ダイエット効果のある方法は多々ありますが、今回おすすめするのは「ジム通い」です。

 

ジムに定期的に通うことによって、複数のダイエット効果を得ることができます。

 

ここでは、その効果についてご紹介しましょう。

 

 

有酸素運動で脂肪を燃焼!

有酸素運動というと、ランニング等、外で行う運動というイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。

 

室内で行う類の有酸素運動も多々あるのです。

 

ジムには、この有酸素運動を行う環境がしっかりと整っています。

 

 

代表的な器具として挙げられるのが、ランニングマシンです。

 

現代のランニングマシンは、速度調整が可能なことが基本なため、自分のペースに合わせて取り組むことができるというわけですね!

 

 

有酸素運動に取り組むことで、体内の脂肪が燃焼されます。

 

脂肪の多さに悩まされていた人にとって、これは非常に嬉しい効果ですね。

 

 

筋トレで基礎代謝をアップ!

ジムに設置されているのは、有酸素運動マシンだけではありません。

 

筋トレに適した器具も数多く設置されています。

 

アブドミナルやロウアーバック、アブクランチなど、その他色々あります。

 

もちろん、全てのジムで全く同じ設備になっているというわけではありませんが、筋トレができる環境はきちんと整っているでしょう。

 

 

筋トレをして筋肉が増えれば、基礎代謝のアップにもつながります。

 

つまり、痩せやすい身体を作るという点で、ジムはとても役に立つ存在ということですね。

 

 

 

ダイエット効果だけじゃない!ジム通いのメリット3つ

 

machines-91849_960_720

 

先ほど、ジムに通うことで得られるダイエット効果について説明しました。

 

ダイエット効果は大きなメリットですが、その他にどんなメリットと言えるような効果があるかも知りたいですよね。

 

ここでは、その点について説明します。

 

 

ストレス解消になる!

ジムに行ってどのような時間を過ごすかという点については、人それぞれです。

 

仮に、ジムにランニングマシンしか設置されていないのであれば物足りないですが、色々と器具が揃っている点がジムの特徴でもあります。

 

そのため、取り組む運動を柔軟に変えることもできるのです。

 

 

従って、飽きずに楽しく運動することができるでしょう。

 

運動に取り組む中でストレス解消をすることができれば、それは実に健康的と言えますね。

 

 

運動を習慣づけることができる!

運動で効果を得たいと思ったら、継続が必要になります。

 

しかし、意識しようと思ってもなかなか難しいものですよね。

 

継続できずにダイエットが失敗に終わるケースは膨大にあると思います。

 

 

しかし、ジムに通うために入会した場合、定期的にジムに通うことになります。

 

ジムに行けば運動することになるため、自然と運動が習慣づいていくというわけです。

 

 

もちろん、退会してダイエットを断念してしまうケースもあると思いますが、運動に取り組む生活をキープできる可能性が高いでしょう。

 

 

入会することでサービスを受けられる!

ジムに入会すると、色々なサービスを受けることができます。

 

トレーニングをするにあたって、専門家からのアドバイスを受けることができるというのもサービスの一つです。

 

 

もちろん、そのジムによってサービス内容に違いはありますが、ダイエットするにあたって何らかのアシストを受けられることは確かでしょう。

 

自分1人で目標達成を目指すよりも、誰かと協力しながら目指した方が、より達成しやすいのではないでしょうか。

 

 

ジム通いのデメリット2つ!

TAKEBEatamayamanu_TP_V

 

先ほど、ジムに通うことによって得られるメリットについて説明しました。

 

しかし、メリットだけかというと、必ずしもそうではありません。

 

そこで、ここではジム通いのデメリットについて具体的に説明しましょう。

 

 

コストがかかる

ジムに入会すると、確かにそのジムに通う権利が得られますが、全くのタダというわけにはいきません。

 

多少のコストがかかる点がデメリットと言えるでしょう。

 

 

そのコストが家計に大きな影響を与えるようでは、継続したジム通いはできませんね。

 

そのため、ジム選びの際に、コストの面についてはリサーチしておくことをおすすめします。

 

 

通う手間がかかる

自宅の近くにジムがあれば通いやすいですが、そういったケースばかりではありませんね。

 

そのため、ジムに通う手間という点が、場合によってはデメリットになるでしょう。

 

 

電車を使って行く場合はその分電車賃もかかることになるため、その点の負担は前もって踏まえておかなければなりません。

 

 

 

ジムダイエットでの効果的な方法3つ!

 

ookawa160214468579_TP_V

 

ジムに通っても、知識もなしにがむしゃらに運動に取り組むということでは、大きな効果は見込めません。

 

そのため、ジムでダイエットをしようと思ったら、より効果的な方法について知っておく必要があるのです。

 

そうすれば、想定していたよりも短期間で目標を達成することができるかも知れませんね。

 

 

無酸素運動を先に行うことが大事

ジムには、有酸素運動と無酸素運動の両方を行える環境が整っています。

 

筋肉を強化しつつダイエットしたいということであれば、両方の運動に取り組むと良いでしょう。

 

 

問題になるのは、順番です。

 

有酸素運動を先に行うか、無酸素運動を先に行うかという点はとても重要になるのです。

 

 

基本的に、無酸素運動を行うと、成長ホルモンが分泌されるようになります。

 

この成長ホルモンは、脂肪の分解を促すと言われています。

 

従って、ダイエットが目的であれば、無酸素運動の後に有酸素運動を行うことが大切ということですね。

 

 

軽くウエイトトレーニングをするだけでも、十分な無酸素運動になることから、無酸素運動で全てのスタミナを使い果たすことのないようにしましょう。

 

 

筋トレの回数は週3回程度にしておこう

モチベーションが高いことは大事です。

 

そのため、できるだけ多くジムに通いたいという人もいるでしょう。

 

ただし、身体への負担については考慮する必要があります。

 

 

特に、筋トレを一度行うと、その後はしばらく筋肉を休めることが大切です。

 

なぜなら、筋肉組織が回復するまでにはある程度の時間を要するからです。

 

 

そのため、効率よく筋肉を鍛えるためにも、筋トレの回数は多くても週3回程度が良いでしょう。

 

ただ回数をこなせばそれでいいというわけではないのです。

 

 

有酸素運動は高い頻度で行うことが大事

先ほど、筋トレの回数についての説明をしました。

 

しかし、有酸素運動はより積極的に行うと良いでしょう。

 

高い効果を得るためにも、高い頻度で取り組むことが大事なのです。

 

 

ただし、1日当たりの有酸素運動を行う時間が長すぎると、体に大きな負担がかかってしまいますね。

 

そのため、低い頻度で長い時間運動をするのではなく、短い時間でも高い頻度で運動した方が良いというわけです。

 

 

パーソナルトレーナーからのアドバイスを受けよう

ジムに器具はたくさんありますが、あまり経験のない人が全ての器具を完ぺきに使いこなすのは難しいです。

 

また、どの器具を使うのが自分にとって適切かという点も、初めのうちはよくわからないですよね。

 

 

そこで頼りになるのが、パーソナルトレーナーです。

 

パーソナルトレーナーは、トレーニングにかかるアドバイスをしてくれる存在です。

 

そのため、適切にトレーニングを行うためにも、積極的にアドバイスを受けた方が良いでしょう。

 

専門家がいるというのはとても心強いですよね。

 

 

 

ジムでのダイエット方法!おすすめメニュー2つ&メニューの組み方

amaG0I9A8274045134750_TP_V

 

ジムに行き、その時の気分でトレーニングメニューを組むというよりは、前もって確固たるメニューを組んでおいた方が良いでしょう。

 

日によってトレーニングの内容がバラバラということでは、成功しにくいのです。

 

 

もちろん、どんなメニューが自分に合っているかは人によって異なりますが、ここではおすすめのダイエットメニューを紹介します。

 

それぞれ動画も用意しましたので是非参考にしてくださいね!

 

 

ダイエットメニュー①

1.アームカール

2.アブドミナル

3.ラットプルダウン

4.ペックフライ

5.ランニングマシン

 

 

このメニューは、筋トレを重点的に行うものとなっています。

 

まず、アームカールについては、腕の筋肉を鍛えるための器具です。

 

 

 

次に、アブドミナルについては、腹筋を鍛えるための器具です。

 

 

 

次に、ラットプルダウンについては、腕や背筋を鍛えるための器具です。

 

 

 

次に、ペックフライについては、胸筋を鍛えるための器具です。

 

 

 

上記の筋トレメニューの最後は、ランニングマシンで有酸素運動をしましょう。

 

 

ダイエットをする上では、筋肉の強化も重要です。

 

ただし、全体のバランスとして考えた場合、一部分の筋肉だけ鍛えるのは適切とは言えませんね。

 

そのため、色々な部分の筋肉を鍛えることを目的とする上記のメニューは、効果的と言えるのではないでしょうか。

 

 

ダイエットメニュー②

1.スクワット

2.アブドミナル

3.ラットプルダウン

4.ランニングマシン

5.エアロバイク

 

 

①で紹介したメニュー以外の運動について参考動画を紹介します。

 

 

スクワットは下半身の筋肉強化メニューです。

 

 

 

エアロバイクも効率的に有酸素運動ができるマシンです。

 

 

このメニューでは、有酸素運動の項目を1つ増やしています。

 

基本的に、ダイエットを成功させるためには、脂肪を燃焼させていく必要があります。

 

そのため、ランニングマシンやエアロバイクなど、有酸素運動マシンでの運動を積極的に行っていくことで、高い脂肪燃焼効果を得られます。

 

 

また、ランニングマシンだけを長時間行うというのは意外と大変です。

 

だからこそ、長い時間続けやすいエアロバイクも取り入れたというわけです。

 

 

メニューの作成には時間をかけよう

 

ダイエットメニューについて、一度組んだら変えない!という考えでは駄目でしょう。

 

一度試してみた結果、自分に合わないと感じた場合はその都度見直していくと良いでしょう。

 

 

また、組んだメニューをパーソナルトレーナーに見てもらい、アドバイスを受けるというのもアリですね。

 

筋トレ重視がいいのか、減量重視がいいのかによって、メニューの内容も大きく異なってくるのです。

 

大切なことは、目的を明確化させることではないでしょうか。

 

 

 

ジムダイエットの注意点3つ!

gym-307770_960_720

 

ジム通いをすることでダイエットを成功させた人は数多くいます。

 

また、ジムに通うことのメリットは多いですよね。

 

そのため、これまでジムについてよく知らなかったという人は、これを機に関心を持ってみてくださいね!

 

 

ただし、実際に通うにあたり、注意点を踏まえておかなければなりません。

 

そうでないと、ダイエットが成功する確率も低くなってしまうのです。

 

そこで、ここではその注意点を何点か紹介しましょう。

 

 

準備運動とストレッチを取り入れよう

運動においては、まず準備運動が大事というのは常識ですよね。

 

そのため、ジムでトレーニングをする際にも、まず最初に準備運動を行うようにしましょう。

 

 

準備運動を行うことは、ウォーミングアップの意味もあります。

 

また、トレーニング後については、クールダウンが必要です。

 

そのため、ストレッチなどを行うようにしましょう。

 

 

水分補給は必須!

トレーニング中については、当然喉が渇きます。

 

水分を極力控えるという考え方の人もいるようですが、それは誤りです。

 

脱水症状を防ぐためにも、むしろ積極的に水分を補給していきましょう。

 

トレーニングをする中で、体内から多くの水分が抜けてしまうのです。

 

 

カロリー過多に注意しよう

ジムでのトレーニングが終わると、達成感を味わうことになると思います。

 

だからと言って、ご褒美と称してカロリーを多く摂取しすぎるのはNGです。

 

特に、糖質などを多く摂るというのは控えましょう。

 

 

もちろん、栄養の摂取は非常に大切ですが、バランスを考えなければならないのです。

 

カロリー摂取が必要以上であればあるほど、ダイエット成功までの道のりは遠くなりますね。

 

 

 

まとめ

 

gym-526995_960_720

 

これまで、ジムに通うことで得られるダイエット効果やメリット、さらには具体的な方法やメニューについても説明してきました。

 

ジムというのは、運動をするにあたって適した環境が整っています。

 

そのため、注意点を踏まえつつ、積極的にトレーニングに励むことをオススメします。

 

継続というポイントを意識して頑張りましょう!

 

LIFUNASトップページに戻る

記事に関連するキーワード

関連する記事①

hula-hoop-2032813_960_720

フラフープの効果&ダイエット方法と3つのコツ!消費カロリーも徹底紹介

フラフープは単なる子どもの遊びではなく、最近ではその高いダイエット効果が注目され取り組む人が増えています。  今回はフラフープのダ

man-1245658_960_720

ジョギングでダイエット!効果と消費カロリー・正しい方法まとめ

誰でも手軽にできるジョギングはダイエットや健康増進効果が期待でき、あらゆる年代の方におすすめです。  今回はジョギングの効果、消費

ウォーキングの効果が出る時間をシッカリと把握しよう

ランニングの効果!消費カロリー&適切な距離と頻度も徹底紹介!

ランニングと聞くと、長時間ひたすら走るイメージですが、実はコツやポイントを押さえれば短時間でダイエット効果が出ます。  今回はラン

sports-731506_640

有酸素運動で痩せない人必見!やりがちな5つの原因まとめ

ダイエットのために有酸素運動をしていてもなかなか痩せられず挫折してしまう人も多く、痩せない原因を突き止め正しい運動方法を知ることが重要です。

0ce0e9f26c5d7196100b782cc4278ed7_s

有酸素運動の効果を高める心拍数・時間まとめ!毎日運動の必要はなし

ダイエットに運動は必須で、特に有酸素運動は正しい方法で行えば非常に効果が高くおすすめです。  今回は有酸素運動と無酸素運動の特徴、

関連する記事②

hd3

ハンドグリップの効果と使い方&選び方!おすすめ商品12種類と注意点も徹底紹介

ハンドグリップというトレーニング器具は価格もサイズもお手頃な上に逞しい前腕を作ることに非常に役立ちます。  今回はハンドグリップの

tdl6wF0h

松本潤の筋肉が凄い!身長や体重・筋トレ・ダイエット方法まとめ【画像付き】

嵐の松本潤さんですが、筋肉が意外と凄いと度々話題になっています。  この記事では、松本潤さんの身長や体重などの基本情報、そして美し

cc7eab7eb96a5ab298edf1cc7139dd84

ディップスの効果とやり方!回数の目安や3つのコツも総まとめ

逞しい太い腕も男らしい胸も両方手に入れたい、という方におススメしたい筋トレ種目はディップスです。  今回はディップスで鍛えられる筋

banmachine

バーンマシンの使い方とメニュー!種類&腹筋への効果も解説【動画付き】

バーンマシンを使ったトレーニングは簡単そうに見えても、実は体を効率的に鍛えられるおススメの運動です。  今回はバーンマシンのトレー

https://smartlog.jp/72566

バックエクステンションのやり方と効果!3つのコツと注意点も徹底紹介

背中に効果的な筋トレの一つ「バックエクステンション」は正しいフォームで行うことが重要です。 今回はバックエクステンションで鍛えられる部位と筋

記事へのコメント

LIFUNASとは

LIFUNAS [リフナス]は「おしゃれ男子向けWEBマガジン」です。男性向けの筋トレ・ダイエット方法、そして美容・髪型・ファッション・恋愛・健康・マネー全般などの情報を配信しています。